21世紀フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
21世紀フォックス
Twenty-First Century Fox, Inc.
21st Century Fox logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: FOX
NASDAQ: FOXA
ナスダック100指数S&P 500に含まれる)
略称 21st Century Fox (商号
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
設立 2013年6月28日
業種 情報通信業
事業内容 エンターテイメント関連事業(映画テレビ
代表者 ルパート・マードック会長CEO
チェース・キャリー(社長CCO
主要子会社 フォックス・エンターテイメント・グループ(20世紀フォックスフォックス放送など)
外部リンク http://www.21cf.com/
テンプレートを表示

21世紀フォックス(にじゅういっせいきフォックス、: Twenty-First Century Fox, Inc.、21st Century Fox)は、アメリカニューヨークに拠点を置くエンターテインメント企業。

2013年6月28日ニューズ・コーポレーションの分社化により誕生し、映画会社20世紀フォックスなどのエンターテインメント企業を傘下に収めている。また、ニューズ・コーポレーションから引き続いて、ルパート・マードック会長最高経営責任者(CEO)を務める。

概要[編集]

2013年4月、当時のニューズ・コーポレーションは自社からエンターテインメント部門を切り離し、新会社「21世紀フォックス」(これ以前にはフォックスグループと呼ばれていた)を設立すると発表[1][2]、翌月の取締役会による株式分割の承認を経て、同年6月28日には映画会社・映画スタジオの20世紀フォックスやアメリカの放送ネットワークであるフォックス放送などのエンターテイメント関連企業(一部除く)を傘下に収めて誕生した。なお、当社の傘下企業を除く出版事業などは、分社化後に新しく誕生したニューズ・コーポレーションNews Corp)が受け持つ。

また、NASDAQ株取引は会社設立の3日後にあたる7月1日より開始している[3][4][5]。2013年12月現在、アメリカ合衆国における株式市場ではナスダック100指数及びS&P 500に含まれており[6][7]、またオーストラリア証券取引所の上場銘柄で構成されるS&P/ASX 50にも含まれている[8]

主な傘下企業・所有資産[編集]

映画・テレビ関連[編集]

映画
テレビ
フォックスネットワークグループ
スカイ&スター(衛星放送

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 新会社「21世紀フォックス」が誕生!「20世紀フォックス」は存続(シネマトゥデイ 2013年4月17日)
  2. ^ 米ニューズ、TV・映画部門名「21世紀フォックス」に(日経新聞 2013年4月17日)
  3. ^ ニューズ・コーポレーション分社化が完了、21世紀フォックスが誕生(映画.com 2013年7月3日)
  4. ^ 「21世紀フォックス」株取引開始、一時2.6%高(ロイターニュース 2013年7月2日)
  5. ^ 米ニューズ:事業分割前の最終年度は黒字転換(Bloomberg 2013年9月23日更新)
  6. ^ FlashQuotes For NASDAQ-100(NASDAQ.com)
  7. ^ iシェアーズ・コア S&P 500 ETF (IVV)(iシェアーズ)
  8. ^ S&P ASX 50(ASX)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]