ニューヨーク・ポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
New York Post
種別 日刊新聞
判型 タブロイド
所有者 ニューズ・コーポレーション
発行者 Paul Carlucci
編集者 Col Allan
設立 1801
言語 英語
本社所在地 ニューヨーク州ニューヨーク市アメリカ通り1211番(マンハッタン
発行数 525,004 Daily
343,361 Sunday[1]
ISSN 1090-3321
公式サイト nypost.com

ニューヨーク・ポスト (New York Post) は、アメリカ合衆国における歴史ある、一説によれば最古の新聞である。1933年からタブロイド紙になっている。

概要[編集]

1801年アレクサンダー・ハミルトンが創業。1976年からはルパート・マードック率いるニューズ・コーポレーションが所有する。マードックは買収した後、ロンドンのザ・サンで成功した扇情的な編集方針や見出しによって大成功を収めた。連邦のメディア所有規制のため、1988年には不動産王であったピーター・S・カリコウに売却した。その後経営が低迷し、1993年ほぼ支払不能状態に陥った後にマードックによって再買収されて以来、一貫して保守的な編集方針を採っている。それ以後この新聞は以前より増してセンセーショナルな見出しで人目を引き付け購読意欲をそそらせている。発行部数は1960年代後半には70万部だったのと比べ低迷しているが、依然としてニューヨークの主要な新聞である。

2004年7月6日にこの新聞は当時の民主党の大統領候補、ジョン・ケリーは副大統領候補をディック・ゲッパードに決定したという記事を載せたが、結局ケリーはジョン・エドワードを指名してこれは誤報となる。

2009年2月18日、警官に射殺された猿を見て別の警官が「景気対策を考える別の誰かを探さないと」と言っている風刺画を掲載したところ、黒人であるバラク・オバマ大統領を猿になぞらえていると解釈でき人種差別的であると批判される。

脚注[編集]

  1. ^ Circulation numbers for the 25 largest newspapers”. AssociatedPress. 2009年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]