Mnet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mnet
Mnet.png
開局日1993年
所有者CJグループ
(CJ ENM Corp.)
映像方式1080i (HDTV)
スローガンGlobal Music Network, Mnet 2020年6月-
大韓民国
本社ソウル特別市麻浦区上岩山路66 CJ E&Mセンター8階
旧称Music Network (1993-1995)
ウェブサイトMnet.interest.me
Mnet
各種表記
ハングル 엠넷
発音 エムネット
英語 Mnet
テンプレートを表示

Mnet(エムネット、엠넷)は、大韓民国CJ ENMが運営する、韓国のケーブルテレビ、および日本スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光(Ch.658)、スカパー!(東経110度CS放送)(Ch.318)で放送されている韓国系音楽専門チャンネルである。キャッチコピーは「Global Music Network, Mnet」。

チャンネル詳細[編集]

韓国[編集]

  • 演奏所・本社はソウル特別市麻浦区のCJ ENMセンター内。Mnetはチャンネル名称で、CJ ENMが運営会社の正式名称である。
  • 1995年にミュージックネットワークで開局。2002年に、今のMnetに名称を変更した。音楽番組に限らず芸能番組、エンターテイメント番組を制作する。ケーブルテレビ、インターネット「Mnet.com」、または衛星DMB「MyMnet」で視聴可能(すべて生放送)。衛星放送のSkylifeではケーブルテレビ市場に注力するため、2005年以降一時視聴不可能となっていたが、2009年5月に放送を再開した。加入者数は2006年時点で1000万人(ケーブルテレビパックセット視聴者数も含む)。1997年インターネット上で生で視聴可能になった。VODサービスも始めている。
  • 1999年に第1回音楽祭(現行のMnet Asian Music Awards)を開催。2002年にMnet Music Video Festivalに改名。2006年にKMTVがグループ化したことによりMnet KM Music Festival(MKMF)に改名。2009年には対象地域をアジアに拡大しMnet Asian Music Awards(MAMA)の名称となった。

日本[編集]

  • 2000年6月2日[1]、株式会社エム・ネット・ジャパンにより[1]、スカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス)の737chで開局。しかし経営不振により、2002年1月7日をもって放送終了となる[2]
  • 2006年3月、CJ Media Japan株式会社により同792chで新たに開局。2007年からは一部ケーブルテレビでも視聴できるようになっている。
  • 2009年10月1日、スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)(Ch.658)でハイビジョン放送開始。
  • 2014年5月31日、スカパー!プレミアムサービスの標準画質放送(Ch.792)を終了した。
  • 2014年12月1日、韓流エンタメ動画配信サービスMnet Smart(エムネットスマート)を開始 (日本初)、Mnet SmartではMnet JapanMnet Korea、VOD、無料クリップをサービスしている。利用料金プランは1,200円(税抜)のベーシック、2,300円(税抜)のプレミアムプランがある。プランの詳細はこちら
  • 2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
  • 2018年10月1日、スカパー!でもCh.318にて放送を開始(衛星基幹放送事業者はフジテレビ系列のサテライト・サービス)。
  • 現在社名変更により、CJ ENM Japan株式会社となっており、事務所は東京都港区西新橋にある。
  • また、スカパー!や一部のIP系TVやケーブルテレビ局ではハイビジョン画質にて放送しており、韓国Mnetが制作した音楽・バラエティ番組はもちろん、tvNなど、それ以外の韓国における姉妹チャンネルが制作したドラマ・バラエティなど、エンターテイメント全般を放送している。CJ ENMが運営していない他の韓国チャンネルの番組もあるが、tvNが開局する前に積極的に放送しただけで、現在ではCJ ENMのテレビドラマ制作部門であるスタジオドラゴン製作番組[3]がほとんどである。ただ、トゥーニバースが自主的に制作した番組に関しては、CJ ENMの他チャンネルに比べて圧倒的に少ない[4]。番組編成としては、『tvN Asia』と内容がほぼ近い。また、番組によっては日韓同時生放送もある。視聴料はHDで月額:2,300円(税込2,530円)。

主な番組[編集]

スローガン[編集]

スローガン ハングル
1995年–1999年 South Korea music channel m.net 한국의 음악채널 m.net
2000年–2001年 Channel in my mind m.net 내 마음속의 채널 m.net
2001年–2003年 Korean music channel m.net 한국인의 음악채널 m.net
2003年–2004年, 2007年–2008年 Enjoy It! m.net 즐겨봐! m.net
2005年1月–2005年7月 m.net 10th anniversary, full m.net! m.net 10년, 완전엠넷!
2005年7月–2007 Hello, my name is Mnet!
2008年–2010年 Beyond music
2010年–2011年 All about 20's
2011年–2013年, 2013年 – 2016年12月

(Still in use; main slogan)

Music makes one
2013年 4月–2013年10月7日 Jump! Mnet juMp! 엠넷
2014年 1月 – 2016年 12月 KPop makes one
2017年 1月 – 2019年 1月 Move me, move the world, moveMnet
2018年 6月 – 2019年 1月 Mnet makes new K-pop star & trends
2019年 1月 – 2020年 1月 We Are K-POP
2020年 1月 – 2020年 6月 Music Network, Mnet!
2020年 5月 – 2020年 6月 #good_distance #착한 거리두기
2020年 6月 – Global Music Network, Mnet
2020年 6月 – 2020年 10月 #healthy_distance #건강한 거리두기

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b m.net紹介(旧公式サイト、インターネットアーカイブ
  2. ^ エム・ネットを愛して頂いた視聴者のみなさまへ(旧公式サイト掲示板、2002年1月9日、インターネット・アーカイブ)
  3. ^ 黄金の私の人生英語版朝鮮語版』など、日本初放送が当局ではないスタジオドラゴン制作番組もある。これは、KBS2週末連続ドラマの枠そのものの日本初放送権を『KBSワールド』が有しているためである。
  4. ^ 雷に打たれた文具店』、『キム・グラとMCグリの親子ショー』など。当局でも放送された『私の手にキッズTV』などのようにトゥー二バースでも放送されたtvN製作番組もある。

外部リンク[編集]