スタジオドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタジオドラゴン株式会社
Studio Dragon Corporation
種類 株式会社
本社所在地 大韓民国の旗 大韓民国韓国ソウル特別市
設立 2016年5月3日 (4年前) (2016-05-03)
業種 情報・通信業
事業内容 テレビドラマ番組制作、マーケティング、配給
代表者 カン・チョルグ[1]
キム・ヨンギュ[1]
従業員数 226人(2020.8)[1]
主要株主 CJ ENM 58.18%[2]
NAVER 6.26%[3]
Netflix 4.99%[2]
主要子会社 文化倉庫[4]
ファエンダムピクチャーズ[5]
KPJ[6]
外部リンク STUDIO DRAGON
テンプレートを表示

Studio Dragon(スタジオドラゴン株式会社、: 스튜디오드래곤주식회사)は、韓国ドラマ制作会社である。CJ ENMのドラマ事業部門として設立され、同じCJ ENMを母体とするtvNのテレビドラマを多く制作している[4]

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』、『ミスター・サンシャイン』、『愛の不時着』など韓国の人気ドラマを手掛けてきた[2]

キャッチコピーは「WE CREATE NEW CULTURE (私たちは新しい文化を創造します)」である。

沿革[編集]

  • 2016年5月にCJグループの子会社であるCJ ENMのドラマ事業部門として設立される[4]
  • 2017年、韓国KOSDAQ市場に上場[7]
  • 2019年11月、CJ ENMと共にNetflixMOUを締結し、3社共同でコンテンツを制作・供給していくことを発表[4]

制作ドラマ[編集]

企画[編集]

子会社[編集]

  • 文化倉庫[4]
  • ファエンダムピクチャーズ[5]
  • KPJ[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “韓国ドラマ人気が止まらない!「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」などの制作社スタジオドラゴン、史上最高の業績を記録”. Kstyle. (2020年8月16日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2149293 2020年12月19日閲覧。 
  2. ^ a b c “『愛の不時着』だけじゃない!名作ずらりの韓国ドラマ界の巨龍「スタジオドラゴン」とは”. スポーツソウル. (2020年7月19日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=15378 2020年12月19日閲覧。 
  3. ^ “NAVER, 스튜디오드래곤주식회사(Studio Dragon Corporation) 주식 취득 결정”. 매일경제. (2020年10月26日). http://vip.mk.co.kr/news/view/21/22/236415.html 2020年12月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “実は『愛の不時着』だけじゃない。「アジアの龍」スタジオドラゴンとは?”. Yahoo!ニュース. (2020-07000-17). https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20200717-00188592/ 2020年12月19日閲覧。 
  5. ^ a b “CJ E&M 드라마 제작사 '스튜디오드래곤' IPO 본격화”. 서울경제. (2016年10月16日). https://www.sedaily.com/NewsView/1L2PU1MARM 2020年12月19日閲覧。 
  6. ^ a b “CJ E&M 자회사 ‘스튜디오드래곤’, 제작사 ‘KPJ' 인수”. Financial Review. (2016年9月22日). http://www.financialreview.co.kr/news/articleView.html?idxno=952 2020年12月19日閲覧。 
  7. ^ “【フジテレビ】フジテレビがアジアを代表する制作会社スタジオドラゴンと国際共同ドラマを制作。リメイク版『空から降る一億の星』が韓国で放送決定”. PR TIMES. (2020年10月1日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000806.000000084.html 2020年12月19日閲覧。 
  8. ^ 2PM ジュノ主演ドラマ「自白」スチール写真を公開…3人の関係とは?”. Kstyle (2019年3月18日). 2021年2月19日閲覧。
  9. ^ 放送終了「走る調査官」すべての真実を知ったイ・ヨウォンの選択とは”. Kstyle (2019年11月1日). 2021年2月19日閲覧。
  10. ^ ソ・ヒョンジン&ラ・ミラン、新ドラマ「ブラックドッグ」スチールカット初公開…新米教師 vs ベテラン教師!?”. Kstyle (2019年11月15日). 2021年2月19日閲覧。
  11. ^ チャン・ヒョク、新ドラマ「見た通りに話せ」出演決定…天才プロファイラー役でイメージチェンジ”. Kstyle (2019年11月4日). 2021年2月19日閲覧。
  12. ^ イ・ミンジョン&イ・サンヨプ出演、新ドラマ「一度行ってきました」スチールカットを公開…冷たい雰囲気”. Kstyle (2020年3月11日). 2021年2月19日閲覧。
  13. ^ ユ・スンホ&イ・セヨン主演、新ドラマ「メモリスト」キャラクターポスター公開…温度差のある2人のギャップ”. Kstyle (2020年2月20日). 2021年2月19日閲覧。
  14. ^ 「花様年華」イ・ボヨン、単独スチールカットを公開…圧倒的なオーラに注目”. Kstyle (2020年3月12日). 2021年2月19日閲覧。
  15. ^ チャン・ナラ出演、新ドラマ「オー・マイ・ベイビー」左手の薬指におしゃぶり?ユニークな予告ポスターを公開”. Kstyle (2020年3月31日). 2021年2月19日閲覧。
  16. ^ ハン・イェリ&キム・ジソクら出演、新ドラマ「家族です」予告ポスター公開…平凡な家族に隠された秘密とは?”. Kstyle (2020年4月17日). 2021年2月19日閲覧。
  17. ^ イ・ジュンギ&ムン・チェウォン主演、新ドラマ「悪の花」放送スタート日が確定…スペシャルポスターも公開”. Kstyle (2020年6月17日). 2021年2月19日閲覧。
  18. ^ パク・ボゴム&パク・ソダムら主演、新ドラマ「青春の記録」韓国で下半期放送か…PANエンターテインメントとスタジオドラゴンが共同制作”. Kstyle (2020年5月18日). 2021年2月19日閲覧。
  19. ^ 「九尾狐伝」イ・ドンウク&チョ・ボア、深刻な表情の意味とは?道端で対面する2人のスチールカット公開”. Kstyle (2020年9月21日). 2021年2月19日閲覧。
  20. ^ イ・ジヌク&イ・シヨン出演「Sweet Home」12月18日よりNetflixで公開…早くもストーリーに期待高まる”. Kstyle (2020年11月25日). 2021年2月19日閲覧。
  21. ^ パク・ボヨン&アン・ヒョソプ主演ドラマ「アビス」スチールカットを公開…初共演とは思えない!?抜群の相性”. Kstyle (2019年4月18日). 2021年2月19日閲覧。
  22. ^ オム・ジウォン&ソン・ドンイル&チョ・ミンス、新ドラマ「謗法」への出演が決定…3人の抜群の演技力に期待”. Kstyle (2019年8月6日). 2021年2月19日閲覧。
  23. ^ チョ・ドンヒョク、新ドラマ「ルーガル」スチールカット初公開…強力なパワーでアクションの新世界を予告”. Kstyle (2020年3月2日). 2021年2月19日閲覧。
  24. ^ コ・ス&ソヒ&ホ・ジュノら出演、新ドラマ「ミッシング」ハイライト映像を公開…強烈なインパクト”. Kstyle (2020年8月21日). 2021年2月19日閲覧。
  25. ^ miss A出身スジ&ナム・ジュヒョクら出演、新ドラマ「スタートアップ」個性輝くメインポスターを公開”. ライブドアニュース (2020年9月2日). 2021年2月19日閲覧。
  26. ^ 新ドラマ『女神降臨』の初放送を控え、“美しすぎる原作者”が期待「やはり最も愛情を…」|スポーツソウル日本版”. スポーツソウル (2020年12月2日). 2021年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]