1080i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1080iは、ハイビジョン高精細度テレビジョン放送、2Kに含まれる映像規格の一つ。ディスプレイや動画の解像度などで用いられる。画面アスペクト比は16:9、有効垂直解像度1080本、かつインターレースの動画を指す略称で、1997年4月の国際電気通信連合 (ITU) 会合で決められた。正方形比率ピクセルにおいて1920×1080、 2.1メガピクセル(207万3600画素)の動画となる。フルハイビジョン、またはFHDとも呼ばれる。フレームレートは59.94がよく使われる(他に60P、50P、24P、30P、25P)[要出典]。放送においてはISDBDVBATSCで使われる。D端子ではD3。

比較[編集]

1080(シアン)、720(グリーン)、480(レッド)間の比較
各解像度規格との比較

旧ハイビジョン時代に使用された、1035iと1080iは規格が異なる。

  • 1035i/60 (ARIB STD-B4 1.0)
  • 1080i/59.94(Rec.ITU-R BT.709-3)
    1997年4 月のITU会合により1080iに統一された。コンピュータ処理のしやすさが理由。
  • 1080i(Rec.ITU-R BT.709-3 PartⅡ)[1]
    これによりハイビジョン試験放送で使用されたMUSE方式からISDBへの移行とともに1080iに変更された。

定義[編集]

名称[編集]

  • JEITAによる定義では720pとともにハイビジョンに含まれる[2]
  • 固定画素ディスプレイにおける画面解像度「FHD」である。

フルハイビジョン[編集]

特定の団体が決めたものではないが、以下のように分類される

  • 1440×1080ではなく1920×1080
    テレビ放送ISDBにおける分類
  • 720p(720×1280)ではなく1080i/p(1920×1080)
    ディスプレイ、テレビ受像機、カメラ、ビデオカメラによる分類。

対応機器・フォーマット[編集]

放送[編集]

ビデオカメラ[編集]

  • HDR-FX1が世界初の家庭用1080i撮影カメラで、DV1080i記録の3板式ビデオカメラである[3]

ディスプレイ[編集]

CRTコンピュータ、ハイビジョンブラウン管テレビにおける水平走査周波数は以下のとおりである[4]

  • 33.75kHz(1035i/60、1080i/59.94)

ゲーム機[編集]

伝送ケーブル[編集]

アナログ

  • D端子
  • コンポーネント端子
  • D-sub
    著作権保護技術における制限により、録画されたテレビ映像などが、2011年から480iに制限され、2014年からアナログ出力が廃止された。(Advanced Access Content Systemで録画されたもの)[5]

デジタル

ビデオフォーマット[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1125/60高精細度テレビジョン方式 スタジオ規格 標準規格 (PDF)”. 電波産業会. p. 6 (1987年8月). 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ 用語解説”. JEITA コンシューマ・プロダクツ部. 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ “民生用として世界初 1080i方式ハイビジョン記録が可能なHDV規格対応デジタルビデオカメラレコーダー 発売~ ハイビジョン映像の高画質が家庭用ビデオカメラへ ~” (プレスリリース), ソニー, (2004年9月7日), http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200409/09-0907/ 2015年6月7日閲覧。 
  4. ^ 3チップDLP方式プロジェクター PT-DZ8700(仕様書)” (2012年6月1日). 2015年6月7日閲覧。
  5. ^ “D端子接続における、アナログハイビジョン映像出力規制に関するお知らせ” (プレスリリース), パナソニック, (2011年1月28日), http://panasonic.jp/support/bd/info/d_terminal.html 2015年6月7日閲覧。