480p

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

480pは、ディスプレイ、動画の解像度などで用いられる用語で有効垂直解像度480本かつ、順次走査の動画を指す略称である。画面アスペクト比は4:3もしくは16:9である。フレームレートは59.94がよく使われる。HDTV(HD)ではなくSDTV(SD)に分類される。704×480、720×480の解像度がよく使用される。放送局・業務用機材では720×486。非圧縮デジタル映像ではED-SDISMPTE 344M)540 Mbit/sである。

ピクセルアスペクト比1:1において640×480、つまりVGA、30万7200画素の動画となる。16:9ではピクセルアスペクト比が1:1とならず854×480、853×480が使用される。YouTubeでは854×480となっている。

伝送ケーブル[編集]

アナログ

Y・Pb/Cb・Pr/Cr端子と表記されている。コンポーネント映像信号の規格が480i(Y・Cb・Cr端子)と異なるためである。

デジタル

  • HDMIで伝送できる。

24p[編集]

  • 映画と同じフレームのため、DVDでよく使用される。

日本における放送[編集]

  • スター・チャンネル、HD放送スタートまで480p放送を行なっていた。これ以外は480pの放送はほとんど行われていない。

放送[編集]

ゲーム[編集]

ソフトによってアスペクトは異なるが、XBOX、ゲームキューブでは480p対応ソフトがほとんどである。

詳しくは英語版リスト参照(List_of_Nintendo_GameCube_games_with_480p_and_16:9_support

他の動画における解像度と比較[編集]

Common Video Resolutions 2.svg

関連項目[編集]

フルスペックで480p 16:9の解像度である。