PAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PALが採用された国(青色)

PAL: phase alternating line、位相反転線)とはカラーコンポジット映像信号の規格である。

開発した西ドイツ(当時)を中心にヨーロッパASEAN諸国の大部分、中東の大部分、アフリカの一部、ブラジルオーストラリアなどで採用されている。

特徴[編集]

PALはドイツヴァルター・ブルッフドイツ語版によって開発され、1967年に最初の放送が始まった。名が表す通り走査線毎に色信号の位相を反転しており、ある程度の位相エラーを自動的に補正して色を出すことが出来る。NTSCでは受信機の色合い補正を手動で行う必要があり、これが技術者がジョークとしてNTSCを never twice the same color(二度と同じ色は出ない)と言ったり、PALを perfect at last(ついに完全に)とか peace at last (ついに安らぎが)と言ったりする理由である。しかしながら位相エラーが大きいときには補正が利かなくなり、Hanover barsハノーファー・バーズ と呼ばれる縞模様を出して破綻する(現在はこれを補正する規格に変更されている)。

テレビ放送の歴史的経緯としてまず白黒放送が存在しその映像信号および放送波と後方互換および前方互換を持つような仕様のPAL、NTSCカラー等のカラー規格が制定された。白黒放送の段階で世界のテレビ放送は、日米を中心とする走査線525本毎秒60フィールドの規格と欧州を中心とする走査線625本毎秒50フィールドの規格に分かれていた。後に制定されたカラー放送規格では米国でNTSCが、欧州の大部分でPALが採用されたためPAL方式のカラー放送は走査線625本毎秒50フィールドが多数派であるがPALはカラー信号に関する規格であってPAL規格が走査線やフィールド数まで規定している訳ではない。例えば、白黒放送に米国方式を採用していた南米地域はカラー信号規格はPALを採用したので走査線525本毎秒60フィールドのPAL方式も存在する。

通常のPALは1フレームあたり625本の走査線で1秒当たり25フレームの信号で放送され、NTSC同様飛び越し走査による表示を行う。各フレームは2つのフィールドで構成され、各フィールドは1フレームの約半分の走査線で構成される(片方は偶数ラインで、もう片方は奇数ラインで構成される)。フィールドは伝送され連続して表示される。1秒あたり50フィールドで表示されることになる。この構造は、フリッカー防止と帯域幅節約との妥協案で生まれた。

PALには多くのバリエーションがある。PAL-MはNTSCとPALの混合とでも言える規格で走査線525本で60Hzとなり、ブラジルで使われている。PAL-NはPALを狭帯域で使う規格でアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイで使われている。PAL-Iはイギリスで使われている方式である。その他のPALを使うヨーロッパの国では、PAL-B/Gという規格が使われている。PAL60という規格は、NTSCのように1秒間に59.94フィールドを表示している。これは正式な放送規格としては存在しないが、NTSCで録画されたVTRやDVDをPALのTVで表示するために考案され広く利用されている。

PAL使用国・地域一覧[編集]

PAL B/GまたはPAL D/K[編集]

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

南アメリカ[編集]

アフリカ[編集]

オセアニア[編集]

PAL-I[編集]

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

  • 香港(中国特別行政区。旧英領)
  • マカオ(中国特別行政区。旧ポルトガル領)

アフリカ[編集]

PAL-M[編集]

南アメリカ[編集]

アジア[編集]

PAL-NまたはPAL-CN[編集]

南アメリカ[編集]

日本でも海外向けテレビ国際放送NHKワールドTVでは本国で採用されているNTSC方式に加えてPAL方式(日本の国際テレビ放送でも唯一)も採用している。

参考文献[編集]

PAL規格の定義は、1998年国際電気通信連合 (ITU) から Recommendation ITU-R BT.470-6, Conventional Television Systems.として出版されている。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]