H.265

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

High Efficiency Video Coding (HEVC)は、ITU-Tと、ISOIECMPEG-Hプロジェクトが共同で設計したビデオ圧縮規格である[1]。正式名称は、ITU-Tでは「H.265: High efficiency video coding」(通称H.265)、ISO・IECでは「ISO/IEC 23008-2: Information technology ― High efficiency coding and media delivery in heterogeneous environments ― Part 2: High efficiency video coding」(通称HEVCMPEG-H Part2MPEG-4 Part15)。両者の略称を併記した「H.265/HEVC」という表記も広く用いられている[2]

概要[編集]

広く使用されているAdvanced Video Coding(AVC、H.264、またはMPEG-4 Part10)の後継として設計されている。AVCと比較して、HEVCは、同レベルのビデオ品質で25%から50%のデータ圧縮率の向上、または同ビットレートでのビデオ品質の大幅な向上を実現する。8K UHDを含む8192×4320までの解像度をサポートしており、主に8ビットAVCとは異なり、HEVCのより忠実度の高いMain10プロファイルは、ほぼすべてのサポートするハードウェアに組み込まれている。HEVCは、IETF(Internet Engineering Task Force)のビデオ標準作業部会NetVCによる標準化に向けて、ロイヤリティフリーのAV1符号化フォーマットと競合している[3]

AVCが4×4と8×8のブロックサイズの整数離散コサイン変換(DCT)を使用するのに対し、HEVCは4×4と32×32の間でブロックサイズを変化させた整数DCTとDST変換を使用している。High Efficiency Image File Format(HEIF)は、HEVCをベースにしている[4]。2019年現在、HEVCは動画開発者の43%が使用しており、AVCに次いで2番目に広く使用されている動画符号化フォーマットである[5]

対応ソフトウェア[編集]

主要なOSであるWindows、macOS、Android、iOSの各最新版でデフォルトでサポートされている。スーパーハイビジョン (8K, 4320p) など高解像度な映像だけでなく携帯端末向けの映像配信での利用も想定している。

ウェブブラウザ[編集]

  • Internet Explorer 11 および Microsoft Edge のうち EdgeHTML を使用している物。マイクロソフトが Windows 10 向けに配布している拡張機能をインストールし、かつ、ハードウェアが H.265 に対応していることが必要。
  • Safari 11。macOS High SierraiOS 11では標準機能として対応している。

エンコーダー[編集]

  • x265英語版FFmpeg 2.2以降[6]などから呼び出せる。
  • Kvazaar。FFmpeg 2.8以降[6]などから呼び出せる。

デコーダーやプレーヤー[編集]

  • FFmpeg 2.1[6]VLCメディアプレーヤーmpvなど内部でFFmpeg(libavcodec)を利用している動画ツールやプレーヤーなどもデコードに対応する。
  • Microsoft Windows 10は拡張機能で対応しているが、無償の『デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能』[7]と有償の『HEVCビデオ拡張機能』[8]を Microsoft Store で配布している。Windows 10 に標準添付されている『映画 & テレビ』アプリなどでも再生できるようになる。

利用サービス[編集]

  • Channel 4K
  • ケーブル4K
  • dアニメストアNTTドコモ) - スマートフォン・PC向けの動画配信サービス。H.265/HEVC形式による配信は2014年5月15日[9]より一部作品で始まり、順次対応作品が拡大されている。ただしH.265/HEVC形式で視聴できるのはドコモより販売されているH.265/HEVCのデコーダを搭載した一部のスマートフォンに限られている。また、快適な動画視聴を実現するための効率的な解像度設定・ビットレート設定などについての情報をまとめたコンテンツプロバイダー向けのドキュメントを公開している[10]
  • Netflix
  • Amazonビデオ - 2015年モデル以降のFire TVおよびFire TV Stickに対応。
  • Ultra HD Blu-ray

特許[編集]

規格に含まれる特許は、下記のパテントプールと企業がそれぞれ権利行使をしていて、特許を利用する際は、権利行使している複数の団体毎に特許使用料が必要となる[11]H.264の様に単一のパテントプールによって取り纏められてはいない。また特許を持つが未だ権利行使を行っていない企業が多数ある[11]

MPEG LAのパテントプールに参加している特許権者[編集]

40の企業や大学が権利者となっている[11]

など

HEVCアドバンスのパテントプールに参加している特許権者[編集]

23の企業や大学が権利者となっている[11]キャノン三菱電機日本電信電話NTTドコモなど。

Velos Media のパテントプールに参加している特許権者[編集]

下記6社が権利者となっている[11]

  • ブラックベリー
  • エリクソン
  • パナソニック
  • クアルコム
  • シャープ
  • ソニー

参考文献[編集]

  • 村上篤道(編)、浅井光太郎(編)、関口俊一(編):『高効率映像符号化技術 HEVC/H.265とその応用』、オーム社、ISBN 978-42742132982013年2月26日発売)
  • 大久保榮(監修):『H.265/HEVC教科書』、インプレスジャパン、ISBN 978-4844334682(2013年10月18日発売)

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]