576p

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般的なビデオ解像度(HDTVと比較したPAL)

576pは、ビデオディスプレイの解像度の省略名。Pはプログレッシブスキャンを表す。非インターレースの576は、垂直解像度が576ピクセルを表し、通常は関係の態様に応じて、水平解像度が768または1024になる。VHSからデジタルに変換する際のデフォルトの品質として576p品質が決定された。576pは、PALビデオの標準画質映像と見なされる。フレームレートは、文字の後に明示的に指定できる[1]

解像度ピクセル[編集]

16:9 576p = 1024x576

4:3 576p = 768x576

3:2 576p = 864x576

ラインスキャン[編集]

i:インターレーススキャン576i p:プログレッシブスキャン576pPALまたはSECAMのみ

576p25[編集]

576p25のフレームレートは毎秒25フレームであるため、576iと同じ帯域幅を使用し、同じ量のピクセルデータを伝送する。そのため、576p25は標準解像度と見なされる。アナログPALまたはSECAMシステムで使用でき、固有のフレームに対応する両方のインターレースフィールドを備えた576i信号として転送できる。PALplus英語版は、「映画」モードの信号旗を介してそれをサポートする。また、主要なデジタルテレビ形式であるATSCDVBの両方、およびDVDで転送することもできる。

576p50[編集]

時間分解能が2倍になると、インターレースフレームと同じように画像が拡大縮小されるかどうかに関係なく、576p50は拡張解像度テレビEDTV )と見なされる。オーストラリアなどの一部の国では、576p解像度標準は技術的に高解像度と見なされ、スペシャル・ブロードキャスティング・サービス(SBS TV)で使用されていた(16:9フォーマットのアスペクト比は1.468)が、最終的には720pに置き換えられた。

- 定義デジタル・サブチャネル英語版; SBSは後で1080iを使用するように変更された。セブン・ネットワークは当初、高解像度サブチャネルに576pを使用していましたが、現在は代わりに1080iを使用している。

フレームを2倍にする機能がないディスプレイデバイスの場合(ちらつきを避けるために)、ブロードキャストでフレームが2倍になる(25フレームソースから)。ワイドスクリーン16:9マテリアルでは、拡大縮小されていない1024幅ではなく、720ピクセルに収まるように縮小された幅のみ使用される。SMPTE 344Mは、BT.601の2倍のデータレートで576p50標準を定義し、16 x576の水平ブランキングピクセルを備えた704×576のアクティブピクセルを使用する。

関連項目[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AfterDawn.com. “576p - AfterDawn: Glossary of technology terms & acronyms”. 2021年6月24日閲覧。