SDTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SDTV(Standard definition television、標準解像度テレビ)とは現在のデジタルテレビ放送解像度に対して、主にアナログカラーテレビ放送で使用された解像度に近いものを指す。

概説[編集]

日本では基本的に480i/pのみが使用される[1]。デジタル放送(ISDB、DVB、ATSC)の開始以降、HDTVと区別するために用いられるようになった。

解像度を大きく分類する場合にも使用され、低い方から順に、LDTV - SDTV - HDTV - UHDTVとなる。

基本的にMPEG-2H.264で圧縮されて使用されることが多い。非圧縮のデジタルシリアルコンポーネント映像とは解像度が一部異なり、非圧縮のほうが高画質である。

SDTVはNTSCアナログテレビ放送より、約330本から500本へ水平解像度が大幅に向上しているが、SDTVは基本的に圧縮されて使用されるため、ビットレートによっては画質が上とは限らない。

日本、アメリカ、韓国、台湾、ブラジルではNTSCなどの走査線525本のテレビ方式だったため、480i/pをよく使用している。一方、ヨーロッパ、中国、ロシアではPALSECAMの走査線625本のテレビ方式だったため、576i/pをよく使用している。

名称 最大画素数(横:縦) アスペクト比(横:縦) インターレス(フィールド) 順次走査(フレーム)
480i 720×480 16:9/4:3 60 -
480p 720×480 16:9/4:3 - 60
576i 720×576 16:9/4:3 50 -
576p 720×576 16:9/4:3 - 50

これより低い解像度、ワンセグなどはSDTVは含まれない。日本では480pで4:3の放送はない。DVDで使われる解像度もほぼ同じである。

アメリカ[編集]

順次走査の480pや576pはSDTVでもありEDTVでもあるが、日本ではデジタルにおいてはEDTVはあまり使われず、SDTVに分類される。しかし、アメリカでは全米家電協会が480p/576pはSDTVに含まずにEDTVとしている[2]

解像度 アスペクト比(横:縦) 名称
480i/576i 16:9/4:3 SDTV
480p/576p 16:9/4:3 EDTV
720p/1080i/1080p 16:9 HDTV

マルチ編成[編集]

ISDB-Tでは、HDTV放送を行わない場合、SDTVで3チャンネルまでの放送が行なえる。またエンコード技術の進歩により、セグメントの少ない地上波でもHDTVとSDTVの2チャンネルの放送が行われており、スポーツ中継の延長などで使われている。

脚注[編集]

  1. ^ スター・チャンネルBSが480p放送を行っていた時期があった
  2. ^ 米CEAがDTVの定義を拡張、EDTVを追加 2000-09-01