ディスカバリーチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディスカバリーチャンネル
2019 Discovery logo.svg
開局日1985年6月17日
所有者ワーナー・ブラザース・ディスカバリー・ネットワークスワーナー・ブラザース・ディスカバリー
映像方式480iSDTV
1080iHDTV
スローガンThe world is ours
世界
言語英語
本社シルバースプリング(メリーランド州)
ウェブサイトOfficial Website

ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)は、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが運営するアメリカの衛星テレビおよびケーブルテレビネットワークチャンネル。

ディスカバリー・コミュニケーションズ[編集]

ディスカバリー・コミュニケーションズ1984年にジョン・ヘンドリックスによってアメリカ合衆国で設立された[1]

1985年6月17日放送開始。2017年現在、45言語で220カ国以上の国々で放送されており、全世界で58のチャンネルブランドを展開[1]。世界最大のドキュメンタリーチャンネルである。

科学テクノロジー歴史バイク建築ミリタリー人体パニック災害超常現象事件事故冒険・挑戦の10ジャンルを網羅している。

2009年4月より新ロゴに変更。

ディスカバリー・ジャパン[編集]

ディスカバリー・ジャパン株式会社
Discovery Japan,Inc
2019 Discovery logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワーN館11F
設立 1997年8月12日
業種 情報・通信業
事業内容 ケーブルテレビ局、及びデジタル衛星放送向け番組供給事業
代表者 代表取締役社長 ジェイ・トリニダッド
資本金 25億4482万509円(2003年4月現在)
従業員数 25名(2007年8月現在)
主要株主 ワーナー・ブラザース・ディスカバリー・ネットワークス・アジア社 80%
JCOM株式会社 20%
外部リンク https://www.discoveryjapan.jp/
テンプレートを表示
ディスカバリーチャンネル
Discovery Channel
基本情報
運営(番組供給)事業者 ワーナー・ブラザース・ディスカバリー ジャパン
放送(配信)開始 1997年10月1日
HD放送(配信)開始 2008年10月1日
ジャンル ドキュメンタリー
放送内容 自然、科学などのドキュメンタリー
視聴可能世帯数 6,695,566世帯(2010年6月現在)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社サテライト・サービス
チャンネル番号 Ch.340(SD16:9)
物理チャンネル ND6
放送開始 2002年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.676(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 ジュピターサテライト放送株式会社
チャンネル番号 Ch.321
放送開始 1997年10月1日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 スーパーデジタル放送株式会社
チャンネル番号 Ch.520
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV Ch820
eo光テレビ 873(HD)
J:COM 652(HD)
公式サイト
テンプレートを表示
ディスカバリーHD
Discovery HD
基本情報
運営(番組供給)事業者 ディスカバリー・ジャパン株式会社
放送(配信)開始 2005年12月14日
HD放送(配信)開始 2005年12月14日
放送(配信)終了 2008年9月30日
ジャンル ドキュメンタリー
放送内容 自然、科学などのドキュメンタリー
視聴可能世帯数 113万世帯(2007年11月現在)
その他(再送信・配信)
J:COM 266(HD)※当時
特記事項:
2008年10月1日より同一チャンネル番号で「ディスカバリーチャンネル」HD放送開始。
テンプレートを表示

日本では1987年三菱商事を通じてケーブルテレビ局や衛星放送への番組供給を開始。

1997年ジュピター・プログラミング・ネットワーク住友商事TCIの合弁。現・JCOM メディア事業部門)との合弁会社「ディスカバリー・ジャパン株式会社」を設立、同年10月に旧・スカパー!でディスカバリーチャンネルの放送を開始。

現在、ケーブルテレビ局やスカパー!プレミアムサービス衛星一般放送事業者は標準画質放送はジュピターサテライト放送、ハイビジョン放送はスカパー・エンターテイメント)、スカパー!(東経110度CS放送)(衛星基幹放送事業者はフジテレビ系列のサテライト・サービス)で放送されている。また、2012年9月29日より、スカパー!にて16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始した。

無料BS放送でも一部放送されており、BS朝日では2000年12月の開局より「ベスト オブ ディスカバリー」を放送していたが、2007年5月放送を終了した。その後2010年4月より2017年9月までBSフジで『ディスカバリーチャンネル・セレクション』、2018年4月からはBS11にて『ディスカバリーチャンネル傑作選 未知の映像博物館』(2019年10月から『ディスカバリー傑作選』に改題) として放送されている。

また、BSスカパー!スカチャン5でも『ディスカバリーチャンネル アワー』として一部放送されているモバHO!「モバイル.n」で一部の番組が視聴可能であったが、こちらも2008年9月末で放送を終了している。

インターネットテレビ局であるAbemaTVでは、2016年3月からDocumentaryチャンネル、同チャンネルの終了後2018年3月からはAbema GOLDチャンネルにて一部の番組が放送されていた。2019年5月には単独チャンネルとして「QUEST by Discovery」を開設し、以後の番組配信は同チャンネルに移行している。

2022年2月11日から、日本オリジナル番組『クリエイターとその愉快な仲間たち』が開始した。

ディスカバリーチャンネル(HD放送)[編集]

2005年12月、J:COMなど一部ケーブルテレビ局で「ディスカバリーHD」として放送開始。

全番組がHDTV(1080i)で制作された番組で編成され、SDTVからのアップコンバートは行っていない。また、一部の番組を除きドルビーデジタル5.1chサラウンド音声で放送されていた。

また、ディスカバリーチャンネル以外のディスカバリー・コミュニケーションズで制作された番組も放送されていた。

2008年10月1日より「ディスカバリーチャンネル ハイビジョン」にチャンネル名を変更、ディスカバリーチャンネルのサイマル放送となった。

2012年9月29日より「ディスカバリーチャンネル」に再改称。

2016年12月1日よりスカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、スカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。

GCN Japan[編集]

2019年6月、ヨーロッパで提供されている世界最大級のサイクリングチャンネル「グローバルサイクリングネットワーク」を日本で開始した[2]

2020年より、前年まではDAZNで配信していたジロ・デ・イタリアを始めとするRCSスポルト社主催レースの配信権を獲得[3]

2020年8月より視聴アプリ「GCNレースパス」を開始、2021年2月より「GCN+」に改称。

Dplay ディスカバリーチャンネル インターネットストリーミング放送[編集]

2019年9月9日より、ヨーロッパ7カ国でサービス提供している無料オンデマンドインターネットストリーミング放送「Dplay」を日本で開始した[4]。視聴は各種PCブラウザ上での再生のほか、iOSやAndroidアプリによる視聴も可能。チャンネルコンテンツはディスカバリーチャンネル、アニマルプラネット、ID(Investigation Discovery)、QUEST by Discoveryほか日本オリジナル番組や、ジャンル別にクルマ・バイク、宇宙、軍事、サバイバル、ペット、ライフスタイルなどのカテゴリー別に区分がされ検索が可能となっている。視聴にはユーザー登録が必要となる。2020年3月16日まではCM挿入の無料放送を行い、同年3月17日から定額制による有料動画配信を開始した[5]

2020年12月2日にアメリカ・ディスカバリー社が新しい動画配信サービス「Discovery+」を2021年1月から世界25カ国(日本を含む)で順次展開することを受けて、Dplayのサービスを2021年1月4日で終了した[6][7]

GOLFTV[編集]

2019年1月にゴルフPGAツアーのライブ配信やオンデマンドサービスである「GOLFTV」を日本を含む世界各国でサービス開始。同年10月20日まで、日本国内では英語のみの配信であったが、10月21日から一部コンテンツに限り、日本語でも配信するようになった[8]。2021年10月8日開幕のスタンレーレディスゴルフトーナメントから日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が主催するツアートーナメントについても配信[注 1]している[9][10]。ただし、日本ゴルフ協会(JGA)主催の日本女子オープン選手権全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)共催のTOTOジャパンクラシックは配信を行わない[10]

DVD[編集]

日本では角川書店と提携してカテゴリー別のシリーズ物として販売を行っていた。現在でも番組によってはDVDが作られているが販売会社は番組ごとに違う。

その他[編集]

日本国内での放送では、本国で最初と最後のCM(スポット)部分は、放送されない。ただし、2011年6月12日22時から放送された「世界から見た東日本大震災」では、全CM部分がカットされている。

主な番組[編集]

サバイバル

宇宙

車・バイク

アドベンチャー

サイエンス

テクノロジー

犯罪・ミステリー

フード&トラベル

ミリタリー

自転車チーム[編集]

2005年より2007年まで、UCIプロツアーに参戦する自転車ロードレースチームのメインスポンサーとしても活動していた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年10月から2022年2月までは独占配信。同年3月以降はDAZNとの共同配信。

出典[編集]

  1. ^ a b プレスリリース”. イード. 2020年3月2日閲覧。
  2. ^ GCN Japanの立ち上げに伴い、グローバルサイクリングネットワーク(GCN)がアジアに進出”. PR TIMES (2019年6月28日). 2022年3月5日閲覧。
  3. ^ Race Pass Schedule – Japan
  4. ^ ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットが無料で見放題--「Dplay」日本上陸”. 2019年11月1日閲覧。
  5. ^ 米ディスカバリーが定額配信 ノンフィクション番組ネット参入”. 共同通信(2020年3月17日作成). 2020年3月17日閲覧。
  6. ^ ディスカバリーの動画配信「Dplay」、2021年1月4日サービス終了”. AV Watch (2020年12月3日). 2020年12月6日閲覧。
  7. ^ ディスカバリーの動画配信、21年1月に終了”. 日本経済新聞 (2020年12月4日). 2020年12月6日閲覧。
  8. ^ ~世界トップレベルのゴルフがここに集結~ ゴルフ専門動画配信サービス「GOLFTV」の日本語版が本格的に始動”. ディスカバリー・ジャパン株式会社・PR TIMES(2019年10月8日作成). 2020年3月17日閲覧。
  9. ^ 今季国内女子ツアーをGOLFTVが一括ネット配信へ JLPGAが発表”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2021年10月6日). 2021年11月4日閲覧。
  10. ^ a b DAZN、国内女子ゴルフツアー36試合の予選&決勝Rをライブ配信”. 日刊スポーツ (2022年3月4日). 2022年5月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]