スカパー・ブロードキャスティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社スカパー・ブロードキャスティング
SKY Perfect Broadcasting Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SPBC
本社所在地 107-0052
東京都港区赤坂一丁目14-14
設立 1996年4月3日
業種 情報・通信業
法人番号 6010401072318
事業内容 衛星放送・ケーブルテレビ向け放送番組の供給
代表者 代表取締役社長 米澤稔
(2014年6月20日)
資本金 25億円(2016年3月)
売上高 644億85百万円(2016年3月)
営業利益 15億59百万円(2016年3月)
純利益 10億51百万円(2016年3月)
純資産 43億27百万円(2012年3月)
総資産 101億88百万円(2012年3月)
決算期 3月31日
主要株主 スカパーJSATホールディングス 100%
外部リンク http://www.sptvbroadcast.com/
特記事項:設立時の商号は株式会社ペイ・パー・ビュー・ジャパン
2008年7月 現商号に変更。
テンプレートを表示

株式会社スカパー・ブロードキャスティング(SKY Perfect Broadcasting Corporation、SPBC)は、スカパーJSATグループの番組供給事業者。

スカパー!プレミアムサービスにて、ペイ・パー・ビュー(PPV)チャンネルのスカチャン、およびパーフェクト チョイス(2008年9月以降成人向け放送に特化。2013年9月30日に放送終了)、格闘技専門チャンネルFIGHTING TV サムライなどを運営している。

また、スカパー!プレミアムサービスにて2008年10月放送を開始したハイビジョンチャンネルは、番組供給事業者からの番組供給を受け、SPBCが運営主体となって2016年11月まで衛星一般放送を行ってきた。[1]

沿革[編集]

  • 1996年
    • 4月3日 - 株式会社ペイ・パー・ビュー・ジャパン設立。設立時の株主は日本デジタル放送サービス(のちにスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー)を経て、現・スカパーJSAT)とその母体となった伊藤忠商事、日商岩井(現双日、IT部門は合併前にアイ・ティー・エックス(ITX)に分社化)、三井物産住友商事
    • 10月1日 - パーフェクト チョイス 本放送開始。
  • 1998年 - 日本デジタル放送サービスとジェイ・スカイ・ビーの合併に伴い、日本デジタル放送サービスが保有する株式を他の4社に譲渡。
  • 2000年
    • 3月 - 日本デジタル放送サービスが株式の20%を再取得。
    • 9月 - JSAT(現・スカパーJSAT)が株式の20%を取得。
  • 2005年3月 - スカパーがITX、三井物産、住友商事から株式を取得、子会社化(65%)。
  • 2007年
    • 2月 - 株式会社サムライティービーより格闘技専門チャンネル・FIGHTING TV サムライの運営を受託。
    • 9月 - スカパーが伊藤忠商事、JSATから株式を取得、完全子会社化。
  • 2008年
    • 7月 - 商号を株式会社スカパー・ブロードキャスティング(SPBC)に変更。
    • 9月1日 - パーフェクト チョイスのうち、Ch.120を「南関東地方競馬チャンネル」、Ch.160 - 186を「スカチャン」にそれぞれチャンネル名を変更。
    • 10月1日 - スカパー!HD放送開始。サムライティービーを合併のうえ、吸収分割により、スカパーJSATの親会社であるスカパーJSATホールディングスの直接の子会社となる。
  • 2010年
    • 4月1日 - e-天気.netを運営する株式会社eTENと合併、SPBCが存続会社となり、気象情報サービス事業を含むこととなる。
  • 2014年
    • 5月31日 - スカパー!プレミアムサービス(標準画質)における全チャンネルの放送を終了。
  • 2016年

放送チャンネル[編集]

スカパー!プレミアムサービス[編集]

ハイビジョン放送のMPEG-4 AVC/H.264放送チャンネルすべての一般放送事業を受け持っていたが、前述のとおり、2016年12月1日にスカパー・エンターテイメントに変更された。

以下にSPBC直営のチャンネルを挙げる。

スカパー!プレミアムサービス(標準画質)[編集]

スカパー!プレミアムサービス(標準画質)に於いては、以下のMPEG-2放送チャンネルの一般放送事業を受け持っていた。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]