スカサカ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカサカ!
24時間サッカー専門チャンネル
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
旧チャンネル名 スカチャン!ハイビジョン
(2005年 - 2008年8月31日)
スカチャンHD800
(2008年9月1日 - 2011年9月30日)
スカチャン0
(2011年10月1日 - 2017年1月31日)
放送(配信)開始 2015年4月1日
HD放送(配信)開始 2015年4月1日
放送(配信)終了 2020年2月29日
ジャンル スポーツ
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.800(HD)
放送開始 2017年2月1日
HD放送開始 2017年2月1日
放送終了 2020年2月29日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.580
放送開始 2015年4月1日
その他(再送信・配信)
その他 NOTTV
テンプレートを表示

スカサカ!は、スカパーJSATが提供していたサッカー専門チャンネルである。スカパー!スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光で放送していた。

かつては、モバキャスNOTTV)でも「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」の名称で放送していた。

2020年3月1日から、サッカーのみならず、プロ野球福岡ソフトバンクホークス戦、B.LEAGUE・格闘技・プロレス・エンターテイメント番組などを編成することになり、チャンネル名をスポーツライブ+(スポーツライブ プラス)に改名しリニューアルされた[1]

概要[編集]

2014年(平成26年)4月9日、総務省よりスカパー・エンターテイメント(SPET)が申請していた移動受信用地上基幹放送テレビジョン放送1番組(申請時は「スカパー!モバイルTV」の仮称)の業務が認定された[2]

2015年(平成27年)3月17日、スカパーJSATはモバキャスにより「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」を4月1日に開局するとともに、スカパー!プレミアムサービスで放送されている「スカチャン6」(Ch.586)を「スカサカ!」にチャンネル名を変更し、サイマル放送を行うことを発表した[3]

2016年(平成28年)6月30日正午に、モバキャスの「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」は終了した。

2016年(平成28年)12月1日に、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者スカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更された。

2017年(平成29年)2月1日から、旧・「スカチャン6」から「スカチャン0」に移動・チャンネル名変更し、スカパー!(東経110度CS放送)でも放送を開始した。これは、前年までの10年間にわたり保有していたJリーグの映像媒体での有料配信(メディア優先権)が、イギリスの映像コンテンツ会社・パフォーム・グループが提供する「DAZN」にシフトされたため。スカパーJSATはそこからのサブライセンスの形で Jリーグ中継実現を模索したが、交渉成立に至らなかったため、スカパー!でのJリーグ中継は打ち切られることになった。

スカパーJSATでは新生「スカサカ!」について、「日本で配信・放送される大事な試合の、いわば『ホーム』となるチャンネル」を目指してリニューアルするとし、これまでのJリーグ中継などのノウハウを活かし、国内外のサッカーの中継・ハイライト・解説・討論といったサッカー番組のコンテンツを活かした、サッカーの魅力を余すところなく紹介するチャンネルを目指すとしていた[4]

2020年3月をもって「FOXスポーツ&エンターテイメント」の放送終了が決まり、同局が前年まで保有していたプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの主催試合の放送権を、2020年以降分はスカパー!が獲得[5]。主催試合中継をスカサカ!で放送することになったことから、加えて数年前からB.LEAGUE中継を当チャンネルで放送していた事情もあり、チャンネル名変更に踏み切った[1]。同時にJ:COMなど、一部のケーブルテレビ局でも配信を開始することが各社から発表された[6]

契約[編集]

スカパー!・スカパー!プレミアムサービスでは、スカサカ!単独では契約不可。「スカチャン」同様、サッカー関連セットに契約する必要があり、「スカパー!サッカーセット」の契約で視聴できる。契約したジャンルのみ視聴可能。

尚、2017年2月までは「Jリーグセット」、「欧州&Jリーグセットプレミアム」などに契約種別が細分化されていたが現在は「スカパー!サッカーセット」に統一された。

モバキャスでは、当チャンネルのみ視聴可能な「スカサカ!シングル契約」と、NOTTVの全8チャンネルが視聴可能な「NOTTVパック」の2種類があった。なお、「NOTTVパック」に対応しない機種では視聴できなかった。

放送されていた番組[編集]

試合中継[編集]

JリーグUEFAチャンピオンズリーグUEFAヨーロッパリーグの中継は行なわれていなかった。

オリジナル番組[編集]

  • スカサカ!ライブ(MC 岩政大樹安藤幸代
  • Jリーグ ラボ(MC 野々村芳和
  • 平畠会議(MC 平畠啓史
  • 〜日本人を応援せよ!!〜 Football Time Line(MC JOY
  • 平ちゃんの「ほな行こか。」(MC 平畠啓史)
  • Jのミライ
  • 大学サッカー応援番組「レゾンデートル」
  • サッカーおやじ会(MC 八塚浩

脚注[編集]

  1. ^ a b 3月1日(日)より新チャンネル「スポーツライブ+(プラス)」開局”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月24日作成). 2020年1月25日閲覧。
  2. ^ V-High帯を使用して行う移動受信用地上基幹放送の業務の認定 総務省報道資料 平成25年12月10日(国立国会図書館のアーカイブ:2014年5月7日収集)
  3. ^ スカパー!のサッカーコンテンツが NOTTVサービスでも楽しめる V-High放送「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」4月1日開局 (PDF)”. スカパーJSAT、スカパー・エンターテイメント (2015年3月17日). 2015年5月14日閲覧。
  4. ^ スカパーからの大切なお知らせ
  5. ^ 2020年シーズン 福岡ソフトバンクホークス 主催全試合 スカパー! が放送権を獲得‼”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月21日作成). 2020年1月23日閲覧。
  6. ^ J:COM TV に新チャンネルが登場!「スポーツライブ+(プラス)」3月1日(日)から放送開始”. 株式会社ジュピターテレコム(2020年1月28日作成). 2020年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]