岩政大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩政 大樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 イワ、ダイキ
カタカナ イワマサ ダイキ
ラテン文字 IWAMASA Daiki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-01-30) 1982年1月30日(35歳)
出身地 山口県大島郡周防大島町
身長 187cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 東京ユナイテッドFC
ポジション DF
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2013 鹿島アントラーズ 290 (35)
2014 BECテロサーサナ 37 (3)
2015-2016 ファジアーノ岡山 82 (10)
2017- 東京ユナイテッドFC
代表歴2
2003  日本 U-22
2008-2012 日本の旗 日本 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月11日現在。
2. 2013年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩政 大樹(いわまさ だいき、1982年1月30日 - )は、山口県大島郡周防大島町出身のサッカー選手。ポジションはDF(センターバック)。元日本代表選手

来歴[編集]

小学校2年生時にサッカーを始める[1]。 1997年に山口県立岩国高校理数科に進学。3年時に山口県選抜として第54回国民体育大会に出場[2]

2000年、東京学芸大学(教育学部・数学専修[2])に、一般受験で合格。両親が共に教員で、自身も大学入学時はプロサッカー選手ではなく教員を目指しており、在学中に中学校、高等学校の数学の教員免許を取得。この際、教育実習に赴いた高校で後に妻となる女性と知り合っている[3]。大学蹴球部では1年時に関東大学リーグ1部の新人王に輝き頭角を現した[2]。2年時には全日本大学選抜、3年時にはアテネオリンピック出場を目指すU-22日本代表に選出されるなど大学屈指のセンターバックとして名を馳せた[2]。2003年5月、FC東京に特別指定選手として加入[2]

2004年、大学を卒業し鹿島アントラーズに入団[1]ナビスコカップ予選リーグ・FC東京戦でプロデビューし、シーズン後半にはレギュラーに定着。2007年、5月19日の新潟戦から6月16日の広島戦にかけて、DFとしてはJタイとなる4試合連続得点を記録。12月にはJリーグアウォーズにて自身初のJリーグベストイレブンに選出された。2009年4月29日神戸戦にてJリーグ史上最速のリーグ戦クラブ通算1000得点を決める。

2008年、日本代表候補に初招集された。2009年9月、日本代表オランダ遠征メンバー(対オランダ戦、対ガーナ戦)に選出され日本代表に復帰する。ここでは出場機会がなかったものの、10月10日のキリンチャレンジカップスコットランド戦で代表デビュー。また、2010 FIFAワールドカップ日本代表にも選出された。

2013年は序盤こそ鹿島のレギュラーを確保し出場を続けていたが、J1第14節川崎戦では自身のオウンゴールを含め[4] 4失点を喫するなど精彩を欠き[5]、この試合を境に控えへと追いやられた[6]。同年限りで10年間に渡って在籍したクラブを退団[7]

2014年、タイ・プレミアリーグBECテロ・サーサナFCへ完全移籍[8]。10月27日に自身のブログにて退団を発表[9]

2015年、J2ファジアーノ岡山に完全移籍。初年度よりキャプテンに就任し、リーグ戦全42試合にフル出場を果たし、精神的支柱として活躍した。

2016年シーズン、チームは昇格プレーオフ決勝まで進出するも破れ昇格を逃した。同年12月8日に岡山を退団することが発表された[10]

2017年より東京ユナイテッドFCに選手兼コーチとして加入した[11]。同時に東京大学運動会ア式蹴球部コーチにも就任している。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 学芸大 5 - - -
2004 鹿島 15 J1 18 4 4 0 3 0 25 4
2005 31 4 6 2 3 0 40 6
2006 3 30 3 11 1 4 2 45 6
2007 33 6 10 0 5 0 48 6
2008 33 2 2 0 2 0 37 2
2009 33 4 2 0 2 0 37 4
2010 34 3 1 0 3 1 38 4
2011 28 6 1 0 1 0 30 6
2012 32 3 7 1 3 1 42 5
2013 18 0 5 0 1 0 24 0
タイ リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2014 サーサナ 5 プレミア 37 5 6 1 2 0 45 6
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 岡山 35 J2 42 4 - 1 0 43 4
2016 40 6 - 0 0 40 6
2017 東京U 18 関東1部 - -
通算 日本 J1 290 35 49 4 27 4 366 43
日本 J2 82 10 - 1 0 83 10
日本 関東1部 -
日本 - -
タイ プレミア 37 5 6 1 2 0 45 6
総通算 409 50 55 5 30 4 494 59
  • 2003年の特別指定選手としての出場は無し。

その他の公式戦

  • 2008年
  • 2009年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2010年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2011年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2016年
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2008 鹿島 3 8 2
2009 6 0
2010 7 0
2011 7 0
通算 AFC 28 2
その他の国際公式戦
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

鹿島アントラーズ
BECテロ・サーサナFC

代表[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 8試合0得点


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2008 0 0
2009 1 0
2010 3 0
2011 4 0
2012 0 0
通算 8 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c 東京学芸大学 岩政大樹選手 新加入内定のお知らせ”. 2003年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。 鹿島アントラーズ (2003年9月19日)
  2. ^ a b c d e f g h 岩政大樹選手(東京学芸大学)「特別指定選手」承認のお知らせ”. 2003年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。 FC東京 (2003年5月14日)
  3. ^ 鹿島DF岩政が2連覇達成後に結婚告白 2008年12月6日
  4. ^ 効率良くゴールを重ねた川崎Fが鹿島粉砕 goal.com (2013年7月6日)
  5. ^ 2013.7.6 J1第14節 川崎F×鹿島 寸評・採点・布陣 サッカーマガジン (2013年7月8日)
  6. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2013年12月7日)
  7. ^ 岩政選手の退団について 鹿島アントラーズ (2013年12月3日)
  8. ^ 岩政選手がBEC Tero Sasana F.C.に移籍 鹿島アントラーズオフィシャルサイト 2014年1月6日
  9. ^ BEC退団 岩政大樹オフィシャルブログ 2014年10月27日
  10. ^ 岩政大樹選手の契約について ファジアーノ岡山オフィシャルサイト 2016年12月8日
  11. ^ “岩政大樹選手新加入のお知らせ” (プレスリリース), 東京ユナイテッドFC, (2017年1月11日), http://tokyo-united-fc.jp/news/2579.html 2017年1月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]