放映権 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
放映権 > 放映権 (日本プロ野球)

本項では、日本プロ野球試合中継における放映権について記す。

概要[編集]

野球協約第44条(放送許可権)には「球団はそれぞれ年度連盟選手権試合のホーム・ゲームにつき、ラジオ放送およびテレビジョン放送(再生放送および放送網使用の放送を含む)、有線放送ならびにインターネット・携帯電話等を利用した自動公衆送信(いずれも、海外への、および、海外での放送および送信を含む)を自由に許可する権利をもつ。」と規定されている。 放映権の主体は、あくまで主催者 =「球団もしくはその親会社」側に存在する。 個別の各球団と各放送局間との契約関係は、各球団親会社となる企業が異なるため、各主催ゲームによって事情は大きく異なる。現在では、野球場の運営主体とテレビ局の間に放送契約が結ばれている例は存在しないが、過去には後楽園球場日本テレビとの間で独占契約が結ばれた例があった(後述)。

なお、各球団は自チームの保護地域を放送エリアとする放送局と契約するが、放送局側は同じネットワークに属する局同士で共同保有するような権利処理を行ってビジターゲームの裏送りや自主制作に対応できるようにしている(ただし、例外として他系列で放送する各球団(特に関東5球団)本拠地で開催するビジターの試合を、主管球団との放映権を持つテレビ局と個別に交渉したうえで放送する場合などのケースがある)。

セントラル・リーグ(セ・リーグ)[編集]

後述するパシフィック・リーグとは対照的に、放映権販売と中継放送に厳しい制約を設けている球団が多く、新聞・放送などのマスコミ関連企業との間で資本や経営面での関係が強い読売ジャイアンツ東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズの3球団は特にその姿勢が顕著である。そのため、セ・リーグ全球団の放映権を掌握している地上波民放テレビのネットワークは存在していない[1]。また、広島東洋カープマツダの創業家を中心とした経営陣が、地元新聞の中国新聞社や広島県内の地上波民間放送局との間で、一部のケーブルテレビ局にも共同出資するなど緊密な友好関係を築いているため、全国規模でのインターネット配信や衛星波(特に民放キー局系無料BS放送)での放送に制約がある。

一方、民放ラジオではニッポン放送文化放送(いずれも1977年までと1992年以降)がセ・パ全球団の放送権を保有しているが、パ・リーグの埼玉西武ライオンズは1985年以降文化放送に優先権がある。

太字の放送局は優先的に放映権を保有するなど、放映する機会の特に多い局である。

読売ジャイアンツ[編集]

東京ヤクルトスワローズ[編集]

  • 地上波 フジテレビ、NHK総合、サンテレビ(対阪神戦のみ)(過去に実績のあったテレビ朝日・テレビ東京は2019年は地上波中継を行っていない)※関東地方以外の乗り込みまたはオフチューブによる中継は系列に関係なく適宜放映権を開放している
  • BS BSフジBS朝日、NHK BS1、BSテレ東(年度により放送あり)
  • CS フジテレビ(フジテレビONE)、スカイ・A sports+(対阪神のオープン戦のみ。2019年現在は中継行っていない)
  • ラジオ ニッポン放送、文化放送(平日開催の対西武の交流戦以外は原則としてNRN系列局への裏送りのみ)、NHKラジオ第1(原則として対巨人戦を除く)

横浜DeNAベイスターズ[編集]

  • 地上波 テレビ神奈川TBSテレビ、NHK総合(日本テレビは1974年まで、テレビ朝日は1997年まで、テレビ東京は2001年まで、フジテレビは2005年まで中継。)※関東地方以外の乗り込みまたはオフチューブによる中継は系列に関係なく適宜放映権を開放している
  • BS BS-TBS、NHK BS1
  • CS TBSテレビ(TBSチャンネル2
  • ラジオ ニッポン放送、文化放送(平日開催の対西武の交流戦以外は原則として原則としてNRN系列局への裏送りのみ)、NHKラジオ第1、TBSラジオ(2018年以降は原則としてJRN系列局への裏送りのみ)

中日ドラゴンズ[編集]

  • 地上波 東海テレビ三重テレビ含む)、CBCテレビテレビ愛知(以上の4局はすべて中日新聞社系列)、サンテレビ(非中日系ながら阪神戦は特例で放送)[2]NHK名古屋放送局
  • BS(BS-TBS、BSフジは対巨人戦のみ) J SPORTSNHK BS1BS-TBS(CBCテレビ・TBSテレビ制作著作)、BSフジ(東海テレビ制作著作)、BSテレ東(テレビ東京・テレビ愛知・テレビ大阪のいずれかの制作著作。年度により放送あり)
  • CS(TBSチャンネル1、フジテレビONE・TWOは対巨人戦のみ) J SPORTSTBSチャンネル1(2014年から、2011年までは横浜のホームゲーム中継と重ならない場合はTBSニュースバードで放送)、フジテレビONE・TWO(ヤクルトのホームゲーム中継と重なる場合のみ、西武のホームゲームとも重なる場合はフジテレビNEXTで放送)
  • ラジオ CBCラジオ東海ラジオ、NHKラジオ第1
    • CBCラジオ、東海ラジオともに中日新聞社資本の会社である。

阪神タイガース[編集]

  • 地上波 サンテレビ朝日放送テレビ毎日放送関西テレビテレビ大阪読売テレビNHK大阪放送局
  • BS NHK BS1BS朝日(対巨人戦が地上波全国放送からのリレー中継放送時は朝日放送テレビ制作著作、対巨人戦や巨人戦以外の試合を地上波関西ローカルまたはBS単独放送時はBS朝日制作著作・朝日放送テレビ制作協力)、BS-TBS(対巨人戦は毎日放送制作著作、BS単独放送時はTBSテレビ・Tigers-ai制作著作[3])、BS日テレ(読売テレビ制作著作)、BSフジ(関西テレビ制作著作。年度により放送あり)、BSテレ東(年度により放送あり)
  • CS(フジテレビONE・TWO、日テレジータス、テレ朝チャンネル2は対巨人戦のみ) スカイAGAORA、フジテレビONE・TWO、日テレジータス、テレ朝チャンネル2(Tigers-ai制作)
  • ラジオ 朝日放送ラジオ(ABC)毎日放送、NHKラジオ第1

広島東洋カープ[編集]

  • 地上波 NHK広島放送局中国放送広島テレビ広島ホームテレビテレビ新広島、※テレビ東京および同系列局や、ビジター側の独立放送局(主にサンテレビ)にも放映権を開放している。
  • BS(NHK BS1以外は対巨人戦のみ)J SPORTSNHK BS1BS-TBS(TBSテレビ制作著作・中国放送制作協力)[4]、BS日テレ(広島テレビ・日本テレビ制作著作)[5]、BS朝日(テレビ朝日・BS朝日制作著作)[6]、BSフジ(テレビ新広島制作著作)[7]BSスカパー!
※巨人戦以外の試合での地上波と無料BSとのサイマル放送または無料BSの同系列キー局による別制作放送や、地元民放とNHK BS1との並列放送はは球団方針としてこれまで原則として行っていなかったが、例外として、2002年の対横浜の開幕戦はTBSテレビ(関東ローカル)とBS-i(現:BS-TBS)が中国放送と実況・解説を別制作したものを放送した他、2018年のクライマックスシリーズでは中国放送(広島県ローカル)とNHK BS1での並列放送が行われた(CS放送はTBSチャンネル2が地上波同時放送で中継)。また1970年代まではNHKや複数の民放キー局または地元民放で並列放送が行われた例もあった。
  • CS(J SPORTS以外は対巨人戦・日本シリーズのみ)J SPORTSTBSチャンネル1、日テレジータス、テレ朝チャンネル2、フジテレビONE・TWO
  • ケーブルテレビ局(2軍戦のみ) ちゅピCOMひろしま(同系のちゅピCOMおのみちちゅピCOMふれあいとその他広島県外を含む一部地域のケーブルテレビ局でも放送) ※自社の技術陣で独自番組として製作。中国新聞社が著作権を保有。
  • ラジオ 中国放送、NHKラジオ第1

パシフィック・リーグ(パ・リーグ)[編集]

セントラル・リーグとは対照的に、すべての球団で放映権販売と中継放送の制約が緩い傾向にある。2008年からCS放送ケーブルテレビIP放送を含む)については、日本ハム以外の5チームの放映権をソフトバンク関連会社・GTエンターテインメントが保有し、各CSテレビ局に販売することになった(インターネット動画配信については日本ハムを含む参加6チーム全てを同社が保有する)。

北海道日本ハムファイターズ[編集]

東北楽天ゴールデンイーグルス[編集]

埼玉西武ライオンズ[編集]

  • 地上波 テレ玉テレビ朝日、TBSテレビ、NHK総合(過去に中継実績があるテレビ東京・フジテレビは2019年は中継は行っていない)
  • BS NHK BS1、BS朝日(対巨人戦・クライマックスシリーズおよび地上波同時または録画放送時はテレビ朝日・BS朝日制作著作、それ以外はBS朝日・埼玉西武ライオンズ制作著作)、BS-TBS(TBSテレビ・埼玉西武ライオンズ制作著作)、BSテレ東(テレビ東京・BSテレ東制作著作)、BS12トゥエルビ(球団制作)
  • CS フジテレビTWO(球団制作)[9]
  • ラジオ 文化放送(週末の試合は原則としてNRN系列局への裏送りのみ)、NACK5、ニッポン放送(対巨人の交流戦以外は原則として平日NRN・週末JRN系列局への裏送りのみ)、NHKラジオ第1

千葉ロッテマリーンズ[編集]

  • 地上波 チバテレ、NHK総合、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ(チバテレ・NHK総合以外は過去に中継実績があるが、2019年は中継は行っていない。過去には日本テレビも中継した年度があった)
  • BS NHK BS1、BS12トゥエルビ(球団制作)、BS朝日(テレビ朝日・BS朝日制作著作)[10]、BS-TBS(TBSテレビ・千葉ロッテマリーンズ制作著作・2012年 - 2018年)、BS日テレ(球団制作・2018年のみ)(BSテレ東・BSフジは過去に地上波リレー中継を含めて中継実績があるが、2019年は中継を行っていない)
  • CS 日テレNEWS24(球団制作)・日テレジータス(主にオープン戦・対巨人戦・東京ドーム開催試合。原則球団制作。対巨人戦は日本テレビ制作)
  • インターネット放送 GyaO
  • ラジオ 文化放送、ニッポン放送(文化放送は平日の対西武戦を除いて、ニッポン放送は対巨人の交流戦を除いて原則としてNRN・JRN系列局への裏送りのみ)、NHKラジオ第1、NHKFM(千葉県ローカルのみ)、RFラジオ日本(2019年は中継を行っていない)

オリックス・バファローズ[編集]

  • 地上波 関西テレビ、朝日放送テレビ、NHK大阪放送局、読売テレビ(年度により深夜の録画放送あり)(過去に中継実績のある毎日放送は2019年は中継は行っていないが、ビジター地元局向けの技術協力のみ実施)
    • サンテレビは2015年でリーグ戦の放送から撤退し、以降は年度により交流戦の対阪神戦のみ放送
    • テレビ大阪は自社放送から撤退後、テレビ東京(関東ローカルで放送した年度あり)やビジター地元局制作中継への協力のみ実施。
  • BS BS12トゥエルビJ SPORTS(以上球団制作)、NHK BS1、BS朝日(対阪神戦が地上波関西ローカル放送時はBS朝日制作著作・朝日放送テレビ制作協力、対阪神戦以外の試合をBS単独放送時はBS朝日・朝日放送テレビ制作著作)、BS-TBS(TBSテレビ・オリックス・バファローズ制作著作)、BSフジ(関西テレビ制作著作、対阪神戦のみ地上波同時放送、それ以外は地上波録画中継時に裏送りで生放送)、BSテレ東(テレビ東京・BSテレ東制作。年度により放送の有無あり)
  • CS J SPORTS
  • ラジオ NHKラジオ第1、毎日放送、朝日放送ラジオ(毎日放送・朝日放送ラジオは対阪神戦以外は原則としてJRN・NRN系列局への裏送りのみ)

福岡ソフトバンクホークス[編集]

  • 地上波 NHK福岡放送局九州朝日放送福岡放送RKB毎日放送TVQ九州放送テレビ西日本TOKYO MX(日本シリーズなどの地上波全国中継は在京キー局主導制作)
  • BS FOX SPORTS(FOXスポーツ&エンターテイメント球団制作※)、NHK BS1、BS朝日(テレビ朝日主導制作による対巨人戦や巨人戦以外の試合を地上波福岡県ローカル放送時はテレビ朝日・BS朝日制作著作・九州朝日放送制作協力、BS単独放送時はBS朝日・九州朝日放送制作著作)、BS-TBS(TBSテレビ・福岡ソフトバンクホークス制作著作、RKB毎日放送制作協力)、BSテレ東(地上波同時放送時はTVQ九州放送・テレビ東京〈交流戦の対阪神戦はテレビ大阪も〉・BSテレ東制作著作。BS単独放送時はテレビ東京・BSテレ東制作著作)、BSフジ(テレビ西日本制作著作)[8]、BS日テレ(福岡放送制作著作、日本テレビおよびビジター地元局〈対広島戦での広島テレビなど〉制作協力)、BS12トゥエルビ(球団制作。2013年シーズン及び2018年シーズンから)
  • CS FOX SPORTS(FOXスポーツ&エンターテイメント、FOXチャンネルなど※)
  • ラジオ RKB毎日放送九州朝日放送、NHKラジオ第1
  • ※:FOXスポーツ&エンターテイメントは2020年3月31日24時で放送終了する。(ディズニーとFOXとの経営統合のため)放送終了に伴い、FOXスポーツ&エンターテイメントでの福岡ソフトバンクホークスの関連番組も2020年1月末で終了する。放送終了後はスカパーJSATが直接放映権を獲得し、キャンプ中継はBSスカパー!が放送するが、公式戦を放送するチャンネルは未定。

独立リーグ[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

女子プロ野球[編集]

  • 地上波 朝日放送(ABC)、NHK大阪放送局
  • ラジオ KBS京都ラジオ、ラジオ関西、NACK5

その他[編集]

日本シリーズ[編集]

日本シリーズは主催する日本野球機構(NPB)が放映権を保有しており、コミッショナー事務局が管理している。テレビ中継の放映権は、出場球団が主催試合のテレビ中継を多く放送する実績を持つ放送局を推薦し、「何らかの形で試合終了まで放送する」「全国をカバーできる」などの基準を満たした放送局に販売される。

クライマックスシリーズ[編集]

各年度ごとに異なる。個別記事を参照。

オールスターゲーム[編集]

フレッシュオールスターゲーム[編集]

  • 地上波 テレビ東京、サンテレビ
  • BS BS-TBS
  • CS スカイ・A sports+

ファーム日本選手権[編集]

  • 地上波 テレビ東京
  • BS J SPORTS
  • CS スカイ・A sports+

日米野球[編集]

  • 地上波 日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ東京(1986年のみ)
  • BS BS日テレ、BS朝日、BS-TBS

日韓プロ野球スーパーゲーム[編集]

  • 地上波 NHK、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、サンテレビ(1995年)
  • BS NHK BS1

アジアシリーズ[編集]

  • 地上波 日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ
  • BS J SPORTS(日本以外の国同士の試合でも、全て自局制作で中継。日本開催の海外配信分はJ SPORTSの映像をベースにしている)

日韓クラブチャンピオンシップ[編集]

  • 地上波 テレビ東京
  • CS J SPORTS

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

  • 地上波 テレビ朝日、TBSテレビ、日本テレビ(2006年のみ)
  • BS J SPORTS

WBSCプレミア12[編集]

  • 地上波 テレビ朝日、TBSテレビ
  • BS J SPORTS

アジア プロ野球チャンピオンシップ[編集]

  • 地上波 テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ

セントラル・リーグ東西対抗戦[編集]

  • 地上波 TBSテレビ、フジテレビ
  • BS NHK BS1

パシフィック・リーグ東西対抗戦[編集]

  • 地上波 テレビ静岡(1988年~2006年)、テレビ朝日(1981年~1982年)
  • CS フジテレビONE

出身地別東西対抗戦[編集]

  • 地上波 テレビ朝日(1999年)、日本テレビ(2002年)

12球団東西対抗戦[編集]

  • 地上波 テレビ東京(2004年)

ドラフト会議[編集]

  • 地上波 TBSテレビ(2009年〜)、フジテレビ(2007年)、テレビ朝日(1989年〜2000年)、テレビ東京(1978年〜1988年・2006年)、千葉テレビ(1977年〜1988年)
  • CS スカイ・A sports+
  • ラジオ ニッポン放送

NPB AWARDS[編集]

  • BS J SPORTS、BS-TBS
  • CS スカイ・A sports+

12球団合同トライアウト[編集]

・CS フジテレビONE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本テレビ・テレビ東京は過去に全球団の主催試合を中継した実績があるが、6球団同時に放映権を確保した年度はない。
  2. ^ 過去には三重テレビから阪神が関与しない試合を含めてをネット受けした実績がある。
  3. ^ 2016年の対中日戦をTBSテレビがTigers-aiの映像を利用して制作。
  4. ^ 年度によりTBSテレビ・中国放送制作著作の場合あり。
  5. ^ 年度により日本テレビは制作協力扱い。
  6. ^ 年度により広島ホームテレビも制作著作または制作協力でクレジットされていた。
  7. ^ スコア表示・テーマソングを衛星波向けでフジテレビ仕様に付け替えるなどフジテレビも若干関与しているが、ノンクレジット扱い。
  8. ^ a b 2013年から2015年にフジテレビが地上波関東ローカル向けに別制作した試合は、フジテレビ制作著作分がリレー中継で放送された。
  9. ^ 2015年まではテレ朝チャンネル2で放送。
  10. ^ 過去には球団制作中継を放送した実績がある。

関連項目[編集]