グリーンチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリーンチャンネル
GREEN CHANNEL
グリーンチャンネルHD
GREEN CHANNEL HD
ALL GREEN LIFE
基本情報
運営(番組供給)事業者 一般財団法人 グリーンチャンネル
放送(配信)開始 1995年1月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 公営競技
放送内容 競馬中継、競馬関連番組、農業情報番組
視聴可能世帯数 298,359名(2009年12月末有料視聴者数)
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 財団法人競馬・農林水産情報衛星通信機構→
一般財団法人 グリーンチャンネル
チャンネル番号 Ch.BS234(HD)
リモコンキーID (14)
物理チャンネル BS-19ch
放送開始 2011年10月1日
HD放送開始 2011年10月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.688(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 財団法人競馬・農林水産情報衛星通信機構
チャンネル番号 Ch.388
放送開始 1997年11月21日
放送終了 2013年12月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 財団法人競馬・農林水産情報衛星通信機構
チャンネル番号 Ch.830
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 790,770(HD)
eo光テレビ 693(HD)
J:COM 920(HD)
JCN 971(HD)
公式サイト
特記事項:
CSアナログ放送ではなくCSバーンスカイポート通信サービスで配信。
モバHO!は2009年3月31日をもって終了。
テンプレートを表示
グリーンチャンネル2
GREEN CHANNEL 2
グリーンチャンネル2HD
GREEN CHANNEL 2 HD
ALL GREEN LIFE
基本情報
運営(番組供給)事業者 一般財団法人 グリーンチャンネル
放送(配信)開始 2000年1月5日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 公営競技
放送内容 競馬中継、競馬関連番組、農業情報番組
視聴可能世帯数 298,359名(2009年12月末有料視聴者数)
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.689(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.389
放送開始 2000年1月5日
放送終了 2013年12月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 791,771(HD)
eo光テレビ 694(HD)
J:COM 921(HD)[1]
JCN 972(HD)
公式サイト
特記事項:
競馬開催日(基本土曜・日曜)のみ9:00-17:00放送。
BSは非放送
テンプレートを表示

グリーンチャンネル(GREEN CHANNEL)は、日本農業および競馬の専門チャンネルである。日本中央競馬会(JRA)の関連法人である一般財団法人 グリーンチャンネルが運営を担っている。

スカパー!においてはグリーンチャンネル自らが衛星基幹放送事業者として放送しており、スカパー!プレミアムサービスにおいては衛星一般放送事業者である株式会社スカパー・エンターテイメント(SPET)への番組供給により農林水産情報番組、競馬中継や競馬情報番組を送出しているほか、ケーブルテレビ等事業者へのチャンネル供給を行っている。略称はGCHあるいはGC

ウォーターマークは画面右上に表示されるが、スカパー!(BSデジタル)・スカパー!プレミアムサービスは16:9の右端。スカパー!SDはレターボックス黒帯上の右端にそれぞれ表示される。通常はチャンネルロゴのみ表示されるが競馬中継放送時はチャンネルロゴの横に「RACING」、パドックチャンネルでは「PADDOCK」という旨のマークも追加される。

沿革[編集]

1995年1月1日ケーブルテレビ通信衛星によるJRA電話投票会員向けの配信を開始(個人向けの試験配信開始は1994年10月1日)。1997年11月21日CSデジタル放送による放送を開始した。

2009年10月1日より「スカパー!HD」(現・スカパー!プレミアムサービス)でハイビジョン放送を開始した[2][3]。チャンネルの名称は、「グリーンチャンネルHD」と「グリーンチャンネル2HD」。当面スカパーHD、スカパー!プレミアムサービス光光パーフェクTV!を含む)、IP放送ケーブルテレビではケイ・キャットeo光テレビのみでハイビジョンを提供。その他のケーブルテレビは順次実施予定[4]。2011年1月4日からレターボックス方式で放送される[5]

2011年以降に開始する新しいBSデジタル放送において、HDTV1番組・16スロット分を認定することを総務省より発表した[6][7]

2011年10月1日スカパー!で直営による衛星基幹放送(BSデジタル放送)「BSグリーンチャンネル」として開局。スカパー!プレミアムサービスにおける「グリーンチャンネルHD」とのサイマル放送を行っている。これに伴い、2011年7月2日よりそれまで東西でチャンネルを分離していたレース中継を「グリーンチャンネル」「グリーンチャンネルHD」に集約し1つのチャンネルでその日全てのレースを放送することとなった。「グリーンチャンネル2」「グリーンチャンネル2HD」は「パドック専門チャンネル」として放送を行う。なお月曜日など、平日を利用した開催(祝日利用であらかじめ行う場合、あるいは週末が積雪や台風などのやむをえない事情で中止となった場合の振り替えなど)をする場合、グリーンチャンネル2(HD)での「パドック中継」を行わない場合がある(ch.501「パーフェクト チョイス プレミア2」と帯域を共用)[8]

2013年12月31日、スカパー!プレミアムサービスにて標準画質放送を終了し、ハイビジョン放送に完全移行したことにより直営の衛星一般放送事業を終了[9]

2014年1月6日、それまでの財団法人競馬・農林水産情報衛星通信機構(けいば・のうりんすいさんじょうほうえいせいつうしんきこう)から、チャンネル名に合わせて一般財団法人 グリーンチャンネルに名称を変更した。理事長は石井秀司。

2016年2月1日、J:COM局の一部地域を除いてグリーンチャンネル2の標準画質放送を終了し、2016年2月6日よりハイビジョン放送に移行した[10][11]

2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者が、同プラットフォームの全チャンネル一斉にスカパー・ブロードキャスティング(SPBC)からスカパー・エンターテイメント(SPET)に変更された。

視聴方法[編集]

CSデジタル放送(スカパー!プレミアムサービス)
直接受信する場合、1997年にCSデジタル(パーフェクTV!ディレクTV)で放送を開始するまではCSアナログ(スカイポートセンターまたはサテライト通信センター(CS BAAN))の受信機器に加えJRAの電話投票会員であることが加入の条件となっていた[12]
BSデジタル放送(スカパー!)
スカパー!におけるグリーンチャンネルHD相当の放送。グリーンチャンネル2HD(パドックチャンネル)の放送は行われない。
ケーブルテレビ
ケーブルテレビでは通常のベーシックチャンネルとは別に加入手続きが必要な特別チャンネルとして扱われる局、アグリネットのノースクランブル放送が行われていない局、また競馬実況中継で2チャンネル同時放送している局もある。なお、セットトップボックスの機器の都合で、BSの再配信が行われているケーブル局は少なく、殆どはCSから再配信されることが多い。
グリーンチャンネルモバイル
NTTドコモフィーチャーフォン2012年12月3日スマートフォン2013年2月4日からグリーンチャンネル及び、グリーンチャンネル2が会員制の有料サービスで視聴が可能になった。映像のバッファリングなどで、ライブ配信に比べて遅延が生じ、モバイル回線が不安定な場合は映像が停止する場合もある。また、一部番組に関しては、権利上の理由で配信できない。フィーチャーフォンのサービスは2018年6月30日をもって終了した[13]
グリーンチャンネルウェブ
SoftBankauのスマートフォン、パソコンやタブレット端末において、2014年3月5日からグリーンチャンネル及び、グリーンチャンネル2が会員制の有料サービスで視聴が可能になる。パソコン、タブレット端末、スマホで視聴可能な「マルチ会員」(1260円)、スマホのみで視聴可能な「スマホ会員」(500円)の選択会員制である。インターネット回線を利用した配信のため、グリーンチャンネルモバイル同様、ライブ配信に比べて遅延が生じる。また、一部番組に関しては、権利上の理由で配信できない。
映像配信サービス(IP放送光放送
スカパー!プレミアムサービス光auひかり(旧・ひかりone)、ひかりTV。かつては4th MEDIA、オンデマンドTV、OCN シアターでも配信していた。なお、auひかり、ひかりTVでは、不定期で行われるレーシングネットを含め無料放送の対象外となっている。

その他、モバHO!でも毎週中央競馬開催日(原則土曜日と日曜日。土曜7:00-月曜0:00まで)に限って放送が行われていた。ただし、受信出来るのは『中央競馬中継EAST』(東日本開催)のみ(関西での開催分は特別競走のみ、第3場での開催はメインレースのみ同時生中継。その他は録画中継)。それを補完する意味で日経ラジオ社で放送している『中央競馬実況中継』の西日本開催(第2放送)分がサービス受信できるようになっていた[14]。また荒天による開催中止やハッピーマンデーなどでの平日開催相当分の関東分の中継は、モバHO!チャンネルONEから放送していた。しかしモバHO!のサービスそのものが2009年3月31日を以って終了したため、これらの放送は3月29日をもって終了した。

開始・終了の映像[編集]

放送開始時刻は7:00。終了時間は日によって異なるが、概ね翌日の2:00-5:00の間である(月曜日と火曜日は2時、水曜日は2時30分、日曜日は5時=2018年7月以後。それ以前は4時に終了)。

ただし、電話投票の前日発売や夜間発売が行われていることもあり、それらの情報を繰り返し放送するため木曜深夜〜日曜未明にかけては終夜放送が行われている[15]。また、年数回放送機器メンテナンスを実施するために日中の放送を休止し、夜間にレーシングネットの番組のみを放送する場合や放送終了時刻が0:00に早まる場合もある。

  • 開始時 - ゼッケンを外した馬が眠っている所、月が右から左に傾いて馬も目を覚ます。そして空には蝶々や鳥が羽ばたき馬が一旦画面左に退いた後、「GREE'N CHANNEL」のロゴが入ったゼッケンをつけて画面右から再登場しその後ロゴを大写しする。
  • 終了時 - 「GREE'N CHANNEL」のロゴが入ったゼッケンをつけた馬が画面左に一旦退く。その後太陽が右から左に傾いて夜になり月が空に写り、薄暗くなった所で再び馬が画面右からゼッケンを外した状態で表れ馬面の寝顔のアップを大写しする。
上述の通り、通常の放送開始は7:00、終了は日により2:00-5:00であるが、EPGでは放送開始前30分に「カラーバー・GCロゴ」、終了後30分に「GC番宣・ロゴ・カラーバー」と表示されている。
実際には放送終了時刻にグリーンチャンネルの番組案内や放送局のお知らせ事項(60秒)→エンディング映像(30秒)を放送した後、カラーバー(中央に「GREEN CHANNEL」と表示)を流して一旦停波。その後、朝の6時30分から放送開始30秒前までカラーバーを流し、オープニング映像(30秒)を経てアグリネット枠の放送を行う。24時間放送となる木曜日から土曜日の深夜-翌朝にはこれらの映像は放送されていない。
また、曜日限定放送の「グリーンチャンネル2」でもこれらのOP/EDの告知画面は放送されていない。
過去に放送を終了する際には、ヴィヴァルディの四季より「春」をBGMに局名ロゴと「本日の番組配信は全て終了しました。おやすみなさい…」の静止画を45秒間放送した後、カラーバー(コアテック方式のスクランブル映像)を流して停波していた。

競馬関連[編集]

レース開催当日は2チャンネルに分割(2000年1月から実施)し、関東と関西それぞれのレースを、主場・第3場(裏)開催を問わず、パドックから本馬場入場・レースに至るまで完全生中継。

スカパー!プレミアムサービスでは688ch・689ch(HD)にて一般財団法人グリーンチャンネルが、それぞれスクランブル(有料・月額1260円=税込)放送。

非開催日には競走馬を題材にしたドキュメンタリー、世界各地の競馬最新情報、トレセン調教レポートなどその週の中央競馬に役立つ情報から地方・海外競馬に至るまで、競馬の総合発信基地として展開する。

ダートグレード競走は2012年3月までは地上波・場内放送のネット受け、2012年4月以降自社制作で放送する。

農産・馬事関連[編集]

平日は農林水産関連のニュース天気予報・情報、ドッグ(犬)関連の情報番組、中央畜産会JA各支所からの情報番組等で構成する。

2009年9月25日まで農林水産気象情報を除くすべての番組の冒頭の5分間は「GREEN CHANNELアグリネット」と画面右上で表示したが、9月28日より農林水産気象情報を含むすべての番組で「GREEN CHANNEL」と画面右上で表示。

2009年4月期の改編時には畜産関連番組や馬関連番組を更に強化したが、2009年8月期の改編時には農産・畜産関連番組を大幅削減した。その後更に減り続け長年放送されてきた農林水産気象情報は2011年2月27日をもって終了[16]、それ以降は主に馬事関連・畜産関連番組のみに縮小された。年数回、放送設備の保守点検作業のためアグリネットの一部時間帯を休止することがある。

かつては中央競馬が平日に開催する場合に限り、夜間に農産や馬事関連の番組を放送していたことがあった。

主な番組(競馬)[編集]

現在放送されている番組[編集]

中央競馬開催日[編集]

  • 中央競馬中継
中央競馬全レース中継(グリーンチャンネルHD、BSグリーンチャンネル)
中央競馬パドック中継(グリーンチャンネル2HD)
  • 今日のレースリプレイ

ダートグレード競走・地方競馬IPAT発売重賞開催日[編集]

2012年10月からIPAT(即PAT)で発売される日の地方競馬の重賞競走開催日も放送されている。

レギュラー番組[編集]

 (2019年4月末時点)

特別番組[編集]

トレセンまるごと情報局(2012年までのトレセンTIME)が放送休止の夏の期間に放送される特別番組。
後述の上半期重賞リプレーのほか、競馬場の達人サマーセレクション(同年度上半期放送分の傑作選)、海外競馬取材などの、競馬や馬事文化について紹介する番組を並べている。
  • 上半期重賞リプレイ
上半期に行われた重賞競走を3分割して放送。
  • GI全競走リプレイ(毎年年末に放送)
  • GI競走パトロールビデオ(毎年年末に放送)
  • 今年はどうなる中央競馬!
毎年年始に放送されるJRA理事長のインタビューと中央競馬における変更点を説明する番組

過去の番組[編集]

2015年まで年始に放送、社台ファーム代表吉田照哉コスモヴューファーム代表岡田繁幸の対談番組
  • iちゃんねる(2012年7月 - 2019年1月、冬季の岩手競馬休止期間は放送休止)

主な番組(農産・馬事系)[編集]

現在放送されている番組[編集]

過去の番組[編集]

  • 畜産関連番組
    • 畜産eye
    • 技あり!畜産道場
    • 畜産!特産!ごちそう産!!
    • 畜産経営セミナー
  • 馬事関連番組
    • お馬の百科(1970年制作)
    • サラブレッドのふるさと -イギリス-
    • 馬の発見伝!美を駈ける
    • HorseFlicksシリーズ(アメリカ:HorseTV制作)
  • 農業関連番組
    • やさしい菜園計画 - のあいはるかによる野菜作りや大西リポーターが体験農園「緑の散歩道」での野菜作りに挑戦
  • 馬うまライフ
    • 馬術ジャーナル(毎月第1・2週)
    • 乗馬マガジン(毎月第3・4・5週)
  • ドッグ(犬)関連番組
    • ドッグアワード ライフヘルス(原則として毎月第1金曜日のみ)
  • 地域紹介/旅番組
    • 日本朝市紀行 - 朝に行われる伝統行事の1つ「朝市」の現場に密着
    • 田園の休日~欧州編~ - ヨーロッパ各国のグリーンツーリズムを取り上げるドキュメンタリー
    • ふるさとの旅 - 日本各地の四季や風景を紹介
    • グリーンTV
    • アジア朝市紀行

主なレギュラー出演者[編集]

現在の主なレギュラー[編集]

(2019年10月時点)

男性[編集]

  • 浅野靖典:『競馬ワンダラー』シリーズ
  • 伊藤政昭:中央競馬全レース中継(日曜午後)、ケイバどーも!
  • 大川浩史:先週の結果分析、トラックマンTV
  • 大澤幹朗:中央競馬全レース中継(土曜午前)
  • 小木茂光:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ(支配人)
  • 草野仁:草野仁のGate J.プラス
  • 栗山求:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ
  • 小堺翔太:中央競馬全レース中継(日曜午前)、アタック!地方競馬 他
  • 合田直弘:ALL IN LINE!~世界の競馬~、Go Racing!2019
  • 斎藤修:グリーンチャンネル地方競馬中継
  • 三遊亭五九楽:トラックマンTV
  • 須田鷹雄:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ
  • 辻三蔵:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ、グリーンチャンネル地方競馬中継
  • 津田照之:先週の結果分析、トラックマンTV、日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ、中央競馬全レース中継・パドック解説
  • 久光匡治:ケイバどーも!
  • 乗峯栄一:ケイバどーも!
  • 林健(ギャロップ):トレセンまるごと情報局
  • 舩山陽司:Go Racing!2019 
  • 古谷剛彦:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ、グリーンチャンネル地方競馬中継、馬産地通信
  • 棟広良隆:日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ
  • 村本浩平:馬産地通信
  • 山本直也:先週の結果分析
  • 吉原完:中央競馬全レース中継(土曜午後)
  • 梅中悠介:中央競馬パドック中継・日曜午前

女性[編集]

過去の主なレギュラー[編集]

男性[編集]

  • お兄ちゃん(ビタミンS):トレセンまるごと情報局
  • 坂田博昭:中央競馬全レース中継
  • 関野浩之:中央競馬全レース中継
  • 松尾康司:iちゃんねる
  • 松岡俊道:中央競馬全レース中継
  • 横川典視:iちゃんねる

女性[編集]

無料放送の実施[編集]

当チャンネルは、有料(スクランブル)放送である。しかし、月~金曜の一定の時間帯や、下記の場合に特別に無料(ノースクランブル)放送を行うことがあり、後者については公式HP等で告知される。ただし、グリーンチャンネルweb、グリーンチャンネルモバイル、ひかりTV、auひかり、一部のケーブルテレビでは無料放送は行われない。(2019年10月末時点。なお当項目は現時点での実施状況を記載したものであり、 今後の無料放送実施を確約するものではない。 )

  • 常時無料放送の時間帯
    月~木曜  7:00 – 16:00
    金曜    7:00 – 11:00
  • 特定の番組が無料放送
    JRAが馬券発売対象とする海外レース中継番組
    JRAブリーズアップセールなどセリ市の中継
    ・Go Racing!2019 (海外競馬展望番組) - 初回放送分のみ

その他、特別に無料放送を行うのは以下の場合である

  • 一定期間の全時間帯で無料放送
    ・ドバイWeek(週初から週末のドバイワールドカップデー中継番組終了までの約1週間)
    凱旋門賞Week(週初から週末の凱旋門賞中継番組終了までの約1週間。2019年は実施されず[18]。)
    ・スカパー!10日間無料放送期間(不定期、近年は10日間無料放送自体が実施されていない。)
  • 中央競馬中継、もしくは中央競馬中継に加え連続する前後時間帯の一部番組が無料放送
    ・土曜、日曜以外の中央競馬開催日(天候の影響等による代替開催の場合を含む)
    ・中央競馬中継の放送時間枠内でJRAが馬券発売対象とする海外レースを放送する場合(中央競馬中継の放送枠内を過ぎて海外レースの中継が続く場合も含む)[19][20]
    27時間テレビ等によるフジテレビ系列競馬中継の休止日や時間短縮放送日(2019年は適用されず。[21]

 過去には、BS234chのみに限り2011年10月1日-10日までの10日間連続と2012年3月1日-11日までの11日間連続、2012年9月1日-17日にケーブルテレビ限定のノースクランブル放送キャンペーン[22]など不定期に無料放送が行われることがあった。[23][24]

キャッチフレーズ[編集]

  • もっとHOTに、もっとCHICに(2005年)
  • SWITCH ON(2006-2009年)
  • ALL GREEN LIFE(2010年-)

その他[編集]

  • ケーブルテレビでの配信は株式会社スーパーネットワーク2007年12月末まで委託していた。
  • 2005年末をもっていくつかの人気番組、特に海外競馬や地方競馬について取り上げてきた番組を打ち切ったが、海外競馬情報に関しては『RIDE ON 22』の中で新しい枠を設けて対応した。また地方競馬情報については『中央競馬中継』の中で取り上げていたが、2007年末に『RIDE ON 22』が放送終了となった。それに伴い2008年からの海外競馬や地方競馬の情報は『鈴木淑子のレーシングワールド』で取り上げた。2009年からは『地方競馬最前線』として地方競馬情報番組が復活した。2010年からは海外競馬情報を単独番組とし放送する。

脚注[編集]

  1. ^ J:COM熊本を除く。
  2. ^ スカパー!HD 2008年10月開局
  3. ^ グリーンチャンネル - いよいよ2009年10月からハイビジョン放送開始決定
  4. ^ 優駿2009年8月号
  5. ^ レターボックス方式導入についてのお知らせ(2010.12.20) (PDF)
  6. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定(別紙1)
  7. ^ なお、BS11においても2011年1月5日から午後日中の時間を利用した『BSイレブン競馬中継』の放送を開始した。進行パートは別製作であるが、映像はグリーンチャンネルと同じものである。
  8. ^ 2013年9月30日に「パーフェクト・チョイス」が全て放送終了した。
  9. ^ スカパー!プレミアムサービス光は、2013年6月30日をもって標準画質放送を終了した。
  10. ^ お知らせ 株式会社ジュピターテレコム J:COM 2016年2月1日「パチンコ★パチスロTV!」、「グリーンチャンネル2」のハイビジョン放送開始について
  11. ^ J:COM局一覧 グリーンチャンネル公式サイト
  12. ^ 『優駿』1994年10月号、p.30
  13. ^ グリーンチャンネルモバイル・フィーチャーフォンサービスの終了について
  14. ^ 但しグリーンchの実況音声はラジオNIKKEIの音声をそのまま使用していた都合上、メイン競走、および一部の特別競走は第1・2とも同時中継していたので、実況の音声のみ「グリーンチャンネル」(ch081)と「ラジオNIKKEI第2放送」(ch391)で共有していたことになる。
  15. ^ 2010年から電話投票の日曜分前日発売が通年化されたが、それ以前からも放送自体は冬季も終夜体制であった。また予め3日間開催が組まれる場合(2011年までは原則として敬老の日がある9月中旬の3連休。年度によっては成人の日がある1月上旬の3連休もであったが、2012年(この年は1月9日・成人の日、9月17日・敬老の日、10月8日体育の日12月24日天皇誕生日の振り替え休日の4回)以後は月曜と祝日が重なった場合の月曜開催が増えている)は日曜日深夜=月曜未明も終夜放送となる場合がある。
  16. ^ 『農林水産気象情報』終了のお知らせ(グリーンチャンネル:2011年2月2日
  17. ^ 過去に2場開催時の「レースリプレイ」枠内でリプレイに続いて放送されていた。競走成績・払戻金を静止画で放送。現在はその形式は廃止され、環境映像が流れるようになった。
  18. ^ 凱旋門賞中継番組を含む10月6日(日)3:30~7日(月)6:00が無料となった。
  19. ^ 2019年4月28日は香港チャンピオンズデーで当項に該当し、翌29日は中央競馬の月曜開催で前項に該当した。これらに伴い、28日9:00~29日17:00の間が無料となった。
  20. ^ 2019年5月5日(日)の7:00~8:30でケンタッキーダービーの中継番組があり、中央競馬中継放送枠とは重複しなかったが、5日7:00~6日6:30の間が無料放送となった。スカパーでは毎月の第1日曜を「スカパー!無料の日」とし、無料放送を実施するチャンネルがあるが、通常、当チャンネルは対象とならない為、この日は特例といえる。
  21. ^ 11月3日および11月10日が該当したが、いずれも無料放送は行われず。
  22. ^ 一部局のみ。
  23. ^ 特に、南関東を中心としたダートグレード競走は2012年4月からの自社制作に移行するまでは無料放送だった。
  24. ^ 過去に無料放送日が実施されたのは毎月20日だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]