岡田繁幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 繁幸(おかだ しげゆき、1950年3月19日 - )は日本の実業家。クラブ法人株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン前代表取締役社長、有限会社コスモヴューファーム社長。北海道静内町(現・新ひだか町)出身。

来歴[編集]

実家は牧場を経営。日本大学獣医学部中退後、アメリカへ渡り[1]現地の牧場で馬産の修行を積んだ。クレイボーンファームでの修行中、仔馬時代のラフィアンの才能をいち早く見抜いたというエピソードから、その名を会社名に使用している。

2006年3月にサラブレッドクラブ・ラフィアンの代表を退いたことに伴い、個人としての馬主資格を再取得。ホッカイドウ競馬所属のインパーフェクトなどを所有し、コスモバルクで果たせなかったクラシック制覇を目指している。

2011年5月より、『BSイレブン競馬中継』の土曜日レギュラースタジオ解説者となる[2]

人物[編集]

自身が設立したラフィアンターフマンクラブ(サラブレッドクラブ・ラフィアン)は一口馬主のシステムで競走馬を所有しており、それらの馬には牡馬には「マイネル」、牝馬には「マイネ」の冠名がつけられる。そのためマスコミや競馬ファンの間では「マイネル軍団の総帥」と呼ばれている。

以前より、東京優駿制覇が最大目標と公言している。1986年に自身の所有馬グランパズドリームが東京優駿において2着となって以後、毎年のようにビッグレッドファーム関係の馬を出走させ、2004年にはコスモバルクコスモサンビーム・マイネルデュプレ・マイネルマクロス・マイネルブルックと5頭の関係馬を出走させたが、2016年現在まで制覇するに至っていない。 生産馬、セリ落札馬を合わせて数千頭を競馬場に送り込んできたが、3歳クラシックレースは未勝利。

親族[編集]

妻の岡田美佐子(おかだ みさこ)は有限会社ラフィアンターフマンクラブの元代表、有限会社コスモス代表、有限会社ビッグレッドファーム代表である。以前は個人馬主として登録されており、勝負服の柄は赤、緑格子、赤袖、冠名は「コスモ」を使用していた(当初、繁幸がクラブ法人の代表を務めており、個人馬主になれなかったための措置)。馬主名義は2006年に有限会社ビッグレッドファームへと法人化された。

繁幸の後継としてサラブレッドクラブ・ラフィアンの代表を務めている岡田紘和は長男[3]岡田スタッド代表の岡田牧雄は実弟[4]

おもな所有馬[編集]

岡田繁幸名義[編集]

岡田美佐子名義[編集]

美佐子の所有馬に関しても、繁幸が「オーナー代行」としてマスコミに対応する(例[5])。*印はのちに有限会社ビッグレッドファーム名義となった馬。

脚注[編集]

  1. ^ 馬と生きる日々 岡田 繁幸さん”. 馬文化ひだか. 日高振興局 (2004年). 2012年2月9日閲覧。
  2. ^ 岡田繁幸さんの出演”. 競馬中継担当プロデューサーの独り言 (2011年5月1日). 2011年5月14日閲覧。
  3. ^ 岡田代表、ゴール前で絶叫!生産馬で初GI” (日本語). ウマニティ (2009年5月4日). 2012年2月9日閲覧。
  4. ^ 瀬戸慎一郎. “【最強ヒストリー】アドマイヤムーン チャンピオンの意地とプライド(2)” (日本語). 競馬最強の法則. ベストセラーズ. 2012年2月9日閲覧。
  5. ^ 日経賞6着もバルクは北海道所属のまま次走へ” (日本語). TOPICS 2005. 地方競馬全国協会 (2005年3月28日). 2012年2月9日閲覧。