BSデジタル音声放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BSデジタル音声放送BSデジタルおんせいほうそう)とは放送衛星を使用したデジタル方式のラジオ(デジタル音声放送)のことである。通称、BSデジタルラジオ。独立音声放送と、BSデジタルテレビジョン放送付随の超短波放送の2種がある。

概要[編集]

使用衛星はBSデジタル放送と同じBSAT-2aBSAT-2cを使用し、放送衛星システム(B-SAT)が免許人・受託放送事業者基幹放送局提供事業者として放送。

2000年平成12年)12月1日、放送開始。2007年(平成19年)11月14日に、事実上放送終了[1]放送大学の放送開始に伴い、2011年(平成23年)10月1日に放送再開[2]

放送終了[編集]

市場規模が小さかったことから採算が見込めず撤退を希望する企業が多かったことや、2005年(平成17年)7月に放送普及基本計画が見直され、BSデジタル音声放送・独立データ放送を縮小し、BSデジタルテレビジョン放送のチャンネル数を拡大する方針が決まったことから[3]、2005年(平成17年)以降放送終了が相次ぎ、2006年3月31日までにWINJを除く全社が撤退。2007年11月14日にはWINJも放送終了[4]。これによりBSデジタルラジオは一旦消滅することになった。なお一部のチャンネルは、地上デジタル音声放送(地上デジタルラジオ)・インターネットラジオとして継続された。BSデジタルラジオで使用していたスロット(周波数帯)の一部は再編され、2007年(平成19年)12月1日に開局した日本BS放送(BS11)とワールド・ハイビジョン・チャンネル(TwellV)のBSデジタルテレビ新規参入2社への割り当て分に転用された。

放送再開[編集]

BSデジタルラジオは一旦消滅したものの、放送大学学園放送大学)はCS(スカパー!)チャンネルの後継として、2011年(平成23年)10月に、BSデジタルテレビジョン放送のチャンネル開設と同時に超短波放送チャンネル(FMラジオのサイマル放送)の開設も計画され[5][6]2009年(平成21年)6月10日に委託放送事業者として認定された。これにより、WINJ廃局以来4年ぶりにBSデジタル音声放送が復活することになり、2011年(平成23年)9月27日より試験放送が開始された。

なおBSデジタルラジオの放送が行われていなかった期間に製造されたデジタルテレビの中には、BSデジタルラジオの受信機能がないものがある。また一部のケーブルテレビ局では設備の都合から、放送大学の再送信やBSデジタルラジオの再送信を行っていない場合がある。

歴史[編集]

  • 1999年平成11年)10月 - BSラジオ推進協議会設立(BSデジタルテレビジョン放送との兼営事業者10社・番組を供給する地上波ラジオ放送事業者5社で構成)。
  • 2000年(平成12年)12月1日 - BSデジタル音声放送開始。11時より各チャンネル放送開始。
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)11月30日 - BS BIRD放送終了。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 3月31日 - LFX488・BSラジオNIKKEI・BSQR489と、独立データ放送のMother Earth放送終了。
    • 11月1日 - WINJ放送休止(その後、休止期間を2度延長)。
  • 2007年(平成19年)11月14日 - 総務省によりWorld Independent Networks Japanの委託放送業務の認定が取り消され、WINJ廃局。これによりBSデジタル音声放送のチャンネルは一旦姿を消した。
  • 2011年(平成23年)
    • 10月1日 - 放送大学(放送大学学園)のBSデジタル音声放送開始[6]。これによりBSデジタル音声放送が復活(事実上の再開)。

チャンネル[編集]

300番台のチャンネルは独立音声放送、400番台のチャンネルは100番台のBSデジタルテレビジョン放送付随の超短波放送という位置づけがなされている。なお放送大学のBSラジオ放送はBSデジタルテレビジョン放送付随の超短波放送という位置づけとなっているが、テレビ放送が200番台のため、500番台が割り当てられている。

太字は現在放送されているチャンネル。チャンネル名の後の括弧内は親チャンネルであるBSデジタルテレビジョン放送の放送事業社、チャンネル編成社の順に並んでいる。

  • 300ch - BSC300 BSラジオNIKKEI マーケット・チャンネル(ビー・エス・コミュニケーションズ
  • 301ch - BSC301 BSラジオNIKKEI カルチャー・チャンネル(ビー・エス・コミュニケーションズ)
  • 316ch - BS MUSIC BIRD → BS BIRD Blooming 316(ミュージックバード
  • 317ch - BS BIRD BS CHINA → BS BIRD WORLD TOUR STATION 317(ミュージックバード)
  • 318ch - BS BIRD FLOWER WARE → BS BIRD B&M 318(ミュージックバード)
  • 319ch - BS BIRD Music Academy → BS BIRD OPERA MY SEAT(ミュージックバード)
  • 320ch - BS320JFN衛星放送
  • 321ch - BS321(JFN衛星放送)
  • 322ch - BS322(JFN衛星放送)
  • 323ch - BS323(JFN衛星放送)
  • 333ch - St.GIGA衛星デジタル音楽放送) → Club COSMO(ワイヤービー) → WINJ(World Independent Networks Japan)※静止画像無し
  • 444ch - BS日テレラジオ444 ヒーリングステーション(BS日本)※静止画像無し
  • 445ch - BS日テレラジオ445 衛星版ラジオ日本(BS日本 - アール・エフ・ラジオ日本)※静止画像無し
  • 455ch - BSA RADIO 455 ドラマ&朗読(BS朝日 - ジャパンエフエムネットワーク
  • 456ch - BSA RADIO 456 ミュージックチャンネル(BS朝日 - ジャパンエフエムネットワーク)
  • 461ch - BS-i RADIO 461 ニュース情報チャンネル(ジャパン・デジタル・コミュニケーションズ(BS-i) - 東京放送(現:TBSラジオ))
  • 462ch - BS academia → BS-i RADIO 462 Music anthology(ジャパンデジタルコミュニケーションズ - 東京放送)
  • 471ch - BSJ 471(BSジャパン
  • 472ch - BSJ 472 Mother Earth(BSジャパン)
  • 488ch - LFX488BSフジ - ニッポン放送
  • 489ch - BSQR489(BSフジ - 文化放送
  • 491ch - Wave1 Cinema Music Channel(WOWOW
  • 492ch - Wave2 Relaxing Music Channel(WOWOW)
  • 531ch - 放送大学ラジオ(放送大学学園)[6]※FMラジオ放送のサイマル放送で放送中の授業番組の題名と担当講師が表記された静止画像が付加される

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 最後まで残っていた唯一のチャンネルWorld Independent Networks Japan(WINJ)が、委託放送業務の認定取消し処分を受けた日。
  2. ^ 放送大学がBSデジタルラジオの本放送を開始した日。
  3. ^ (報道資料)放送普及基本計画の一部変更案に係る電波監理審議会の答申2005年平成17年)7月13日 総務省
  4. ^ メンテナンスと称して2006年11月1日から、すでに放送を休止していた。
  5. ^ 「平成23年以降に開始される予定の新たなBSデジタル放送等に係る委託放送業務認定申請受付結果(速報)」(別紙)申請者概要 (PDF) 2009年(平成21年)2月24日 総務省
  6. ^ a b c BSデジタル放送の開始及びCS放送終了のお知らせ 放送大学学園 放送部企画管理課総務係