BSAT-2c

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BSAT-2c
所属 放送衛星システム
主製造業者 オービタル・サイエンシズ
国際標識番号 2003-028A
カタログ番号 27830
状態 運用終了
目的 衛星放送
設計寿命 10年以上
打上げ場所 ギアナ宇宙センター
打上げ機 アリアン5
打上げ日時 2003年6月12日
10時38分15秒 (JST)
運用終了日 2013年8月1日[1]
物理的特長
質量 約750kg(軌道上初期)
姿勢制御方式 三軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 静止軌道

BSAT-2cとは、かつて放送衛星システムが所有していたBSデジタル用の放送衛星である。メーカはオービタル・サイエンシズSTARバスを使用。2003年6月12日アリアン5ロケットにより打ち上げられた。

予備衛星となるべく2001年7月13日にアリアン5ロケットにより打ち上げられたBSAT-2bがロケットのトラブルが原因で打ち上げに失敗したため、代わりの予備衛星として調達された。

2004年4月から、トラブルが相次いだBSAT-2aに代わりBSデジタル放送の送信に使用されていたが、2008年9月に中継器に一過性のトラブルが生じたため、役割をBSAT-3aに譲り予備衛星となり、2013年8月1日には老朽化と燃料枯渇により運用終了、軌道外投棄(デオービット)された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b BSAT-2cの軌道外投棄について 2013.08.01”. 株式会社 放送衛星システム. 2014年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]