WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WOWOWプラス
映画・ドラマ・スポーツ・音楽
基本情報
略称(愛称) WOWOWプラス
運営(番組供給)事業者 株式会社WOWOWプラス
旧チャンネル名 シネフィル・イマジカ(1996年10月1日 - 2003年9月30日
洋画★シネフィル・イマジカ(2003年10月1日 - 2012年2月29日
イマジカBS(2012年3月1日 - 2013年12月31日
イマジカBS・映画(2014年1月1日 - 2017年9月30日
シネフィルWOWOW(2017年10月1日 - 2020年11月30日
放送(配信)開始 1996年10月1日
HD放送(配信)開始 2009年4月1日
放送内容 映画、ドラマ、スポーツ、音楽
視聴可能世帯数 529万2046世帯(2019年12月末時点)[1]
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 シーエス映画放送株式会社 → 株式会社IMAGICAティーヴィ → 株式会社WOWOWプラス
チャンネル番号 Ch.BS252(HD)
リモコンキーID (20)
物理チャンネル BS-21
放送開始 2002年7月1日
HD放送開始 2012年3月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.630(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社IMAGICA → 株式会社IMAGICAティーヴィ
チャンネル番号 Ch.260
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 ワンダーウェーブ株式会社
チャンネル番号 Ch.251
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 251(HD)
eo光テレビ 830(HD)
J:COM 451(HD)
公式サイト
特記事項:
2012年3月1日、衛星基幹放送は東経110度CS放送(放送事業者はシーエス映画放送株式会社、物理チャンネルはND6ch)から移行。
テンプレートを表示

WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽(ワウワウプラス えいが・ドラマ・スポーツ・おんがく)は、株式会社WOWOWプラスが運営する映画・ドラマ・スポーツ・音楽専門チャンネル。

概要[編集]

  • スカパー!プレミアムサービススカパー!(BSデジタル放送)ケーブルテレビひかりTV等で視聴可能。主に海外の映画とドラマを中心に放送している。
  • 2012年3月、スカパー!e2(現・スカパー!)での放送を東経110度デジタル放送からBSデジタル放送に移行したことに伴い、「洋画★シネフィル・イマジカ」から「イマジカBS」にチャンネル名を変更。同時に、海外ドラマの放送も開始した。
  • 映画本編はノーカット、ノーCMでの放送。日本語吹き替え作品に限り文字多重放送による字幕放送を実施(BSデジタル放送は開局時。スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)は2012年5月より)。
  • 2017年4月3日からはWOWOWグループのチャンネルとなっているが、元来イマジカグループのチャンネルであったこと、WOWOW3波が2019年10月24日までスカパー!(BSデジタル放送)に属していなかった[2]こと、ケーブルテレビではそれぞれ別ルートを辿る[3]こと、そもそも運営・放送事業者が別法人[4]であること等の事情が重なり、WOWOW3波とのセット販売は行われていない。

沿革[編集]

  • 1996年
    • 5月 - イマジカおよびテレビマンユニオンにより株式会社シネフィル(「シネフィル・イマジカ」時代は番組制作を担当)設立。
    • 10月 - パーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス(標準画質))にて「シネフィル・イマジカ」開局(衛星一般放送事業者はイマジカ)。
  • 1997年12月 - ディレクTVにて放送開始(2000年9月放送終了)。
  • 2002年7月 - スカイパーフェクTV!2(のちのスカパー!e2、現・スカパー!)放送開始(衛星基幹放送事業者はシーエス映画放送
  • 2003年10月 - チャンネル名を「洋画★シネフィル・イマジカ」に変更
  • 2006年4月 - スカイパーフェクTV!での放送を電気通信役務利用放送に移行。
  • 2009年
    • 4月 - ひかりTVでハイビジョン放送(チャンネル名は「洋画★シネフィル・イマジカHD」)開始。
    • 10月 - スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)で「洋画★シネフィル・イマジカHD」放送開始。
  • 2010年10月 - 総務省からBSデジタル放送の認定を受ける(BS-21ch、16スロット)。
  • 2012年3月 - スカパー!e2での放送をBSデジタル放送に移行し、ハイビジョン放送を開始。また、スカパー!HD・SDを含め全てのチャンネル名称を「イマジカBS」に変更。
  • 2013年6月30日 - スカパー!プレミアムサービス光の標準画質放送が終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。
  • 2014年1月1日 - チャンネル名称を「イマジカBS・映画」に変更。
  • 2016年12月1日 - スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。
  • 2017年
    • 4月3日 - IMAGICAティーヴィがWOWOWの子会社となる[5]
    • 7月6日 - WOWOWが2017年10月1日よりIMAGICAティーヴィの社名を「WOWOWプラス」に変更すると共に「イマジカBS・映画」のチャンネル名称を「シネフィルWOWOW」に変更すると発表[6][7]
    • 10月1日 - IMAGICAティーヴィの社名を「WOWOWプラス」に変更すると共に「イマジカBS・映画」のチャンネル名称を「シネフィルWOWOW」に変更。
  • 2020年12月1日 - チャンネル名称を「WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽」に変更。
  • 2021年4月13日 - 割り当てスロットが12スロット[8]に縮減。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ シネフィルWOWOW - 衛星テレビ広告協議会
  2. ^ このため、同日まではスカパー!加入者がWOWOWの視聴を希望する場合は”衛星放送事業者としての”WOWOWに別途加入する必要があったが、翌25日よりスカパー!サービスでの販売(チャンネル契約)が開始されたことでスカパー!上でWOWOWの契約を行うことが可能となった。なお、スカパー!プレミアムサービスには当初より属している。
  3. ^ WOWOW3波はBS再放送、WOWOWプラスはCATV配信サービス(日本デジタル配信ジャパンケーブルキャスト等)。
  4. ^ 当然、日本民間放送連盟の会員地位も別(両方とも正会員ではあるが、WOWOWプラスは準会員からの昇格)。
  5. ^ “WOWOWがアクトビラとIMAGICA TVを子会社化。映像配信やコンテンツ制作強化”. AV Watch. (2017年2月27日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1046223.html 2017年7月6日閲覧。 
  6. ^ 子会社の社名変更およびチャンネル名の変更について”. WOWOW (2017年7月6日). 2017年7月6日閲覧。
  7. ^ “イマジカBS・映画が10月から「シネフィルWOWOWチャンネル」に変更”. AV Watch. (2017年7月6日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1069096.html 2017年7月6日閲覧。 
  8. ^ WOWOW本社の3波(24スロット×3ch=72スロット)の6分の1。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]