NHK BS8K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHK BS8K
いこう、別世界へ。
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本放送協会
放送(配信)開始 2018年12月1日
HD放送(配信)開始 2018年12月1日
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 Ch.8K 102
リモコンキーID 2
物理チャンネル BS-14ch
放送開始 2018年12月1日
HD放送開始 2018年12月1日
公式サイト

NHK BS8Kは、2018年平成30年)12月1日から日本放送協会(NHK)が放送を開始した、日本向け放送衛星による衛星基幹放送(BS放送)チャンネルのひとつである。世界初の 8K UHDTV によるテレビチャンネルである[1]

概要[編集]

2016年8月1日、BS17チャンネルで試験放送が開始されたNHKスーパーハイビジョン試験放送は、同年12月1日以降はA-PABの4K8Kスーパーハイビジョン試験放送と交互編成で放送された。2018年7月23日にA-PABによる試験放送を終了し[2]、2018年(平成30年)12月1日からNHK単独のチャンネル(BS-14ch / 120スロット、そのトランスポンダ丸々1本)として放送を開始した。リモコンキーIDはかつてのNHK BS2と同じ「2」。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]