SKIPシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SKIPシティ

SKIPシティ(すきっぷシティ)は、埼玉県川口市にある映像制作を目的とした施設。NHK川口ラジオ放送所跡地の産官学連携による再開発事業として、2003年2月1日にオープンした。SKIPSaitama Kawaguchi Intelligent Parkの略。

概要[編集]

現在、SKIPシティが置かれている場所には、日本放送協会(略称:NHK)ラジオ第一放送を送信するNHK川口ラジオ放送所が置かれていた。二本の鉄塔からなる施設であり、近隣の上青木小学校の校歌にも歌われている。NHK放送センターでは、老朽化したアンテナ施設の移転を計画した。現在、埼玉県久喜市にあるNHK菖蒲久喜ラジオ放送所である。NHK放送センターでは、老朽化した施設用地の売却も検討したが、広大な土地のため売却先が見つからず、NHKラジオ国際放送を送信する暫定送信所として再活用することにした。一部の区画は、国家事業として推進されてきた、放送衛星の運用が放送局主体の運用に変ったため、通信・放送機構の地上管制局として運用することになった。

折りしも、埼玉県及び埼玉県議会で、川口ラジオ放送所の跡地利用に関する検討が行われ、再開発計画として映像産業拠点を設置することが決まった。

事業主体として、埼玉県・NHKが出資する特定目的会社を設立し、提案を募ったところ、学校法人早稲田大学NTTコミュニケーションズの案を了承し、現在の施設建設に入った。第1期計画として、現在のA街区に相当する地区の建設が始まった(工事受注:竹中・清水のJV)。施設関連サービス運営担当として、ソニー株式会社が管理運営を行っている。

A1街区に関しては、埼玉県・川口市を主体にした施設建設が行われ、埼玉県・川口市の外郭団体が入居することになった。2000年に工事着工、2003年11月14日に全館開業。B街区・C街区に関しては、第2期計画として予定されていたが、現在計画は凍結されている。将来に関しては、不明であるが、特定目的会社の解散(2033年)までには、第2期事業が再開される予定。

現在、彩の国ビジュアルプラザ(埼玉県立映画博物館他の施設からなる)、NHKアーカイブス、埼玉県立産業技術総合センター川口支所、 埼玉県立生活科学センター(くらしプラザ)、早稲田大学川口芸術学校川口市立科学館などで構成される。その他にも、大小様々な映像制作会社がテナントを構えている。

毎年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭という映画製作者の登竜門ともなっている映画祭も行っている。

昨今では、A1・A2施設間の広場(プロムナード)に、家族連れや小中学生が集まり憩いの場となっている。 また、近くの県立川口高校、鳩ヶ谷高校、市立川口総合高校などのダンスチームの生徒が、ダンスの練習などをしていたり、バンドチームが練習などをしている。 映画ドラマの撮影などでも使われ、ロケを行っていた。

川口市の一部と草加市を管轄する川口税務署と川口市の一部と蕨市と戸田市を管轄する西川口税務署は、合同で確定申告の提出会場としてスキップ・シティを毎年利用している。

事業主体[編集]

行政地区(A1街区)[編集]

本館

7階建ての本館と3階建ての分館からなる施設。

  • 7階建ての本館の施設は、以下の機関が使用。
    • 埼玉県産業技術総合センター - 埼玉県立産業研究所(産官連携オフィス)
    • 埼玉県生活科学総合センター - 国民生活センターの埼玉県センター
    • 埼玉県中小企業振興公社 - 埼玉県内の中小企業等への融資や各種相談に応じる埼玉県の外郭団体
    • 財団法人川口市産業振興公社 - 川口市内の産業等へ融資や各種相談に応じる川口市の外郭団体
  • 3階建ての分館は、以下の施設が使用。

映像産業拠点(A2街区)[編集]

ソフト支援製作施設 - 映像ソフト制作のための支援施設[編集]

  • 彩の国ビジュアルプラザ - 埼玉県における映像産業のインキュベーションを目的に設立された施設。
    • 映像ミュージアム - 映画制作の歴史から映像製作に関する様々な資料を集めた展示館。
    • 映像ホール - 映像展示を行う施設(Dシネマ映画祭などのイベントが行われる施設。学校などでの卒業製作展示も可能な施設である。学校利用の場合には、無料となる場合があるのでお問い合わせいただきたい)。
    • HDスタジオ - フル・ハイビジョン映像等を製作するためのスタジオ(一般利用者も体験利用可能)。
    • インキュベート施設 - 映像関連ベンチャー企業の育成を行うための施設(具体的には、低家賃で製作事務所などを貸し出し、事業が軌道に乗るまで施設利用などの面で優遇を行う施設)。

映像データベース - 様々な映像関連資料を蓄積したデータベースセンター[編集]

  • NHKアーカイブス - NHKが保有する映像資料は各放送局毎に製作され、浜松放送支局で管理されていた。この映像資料の置き場が手狭になったことと、映像資料の一元管理を目指して設置されたアーカイブス(書庫の意味)。
    • 公開ライブラリー - NHKアーカイブスに保管された映像資料のうち、デジタル化が終了したものから順に各端末ごとに視聴が可能な映像閲覧施設(ここの場合には、埼玉県の保有する映像資料も閲覧が可能)

人材育成施設 - 映像製作者養成施設[編集]

  • 早稲田大学川口芸術学校 - 学校法人早稲田大学が設置する早稲田大学芸術学校空間映像科の姉妹校にあたる専門学校。2015年に閉学。
  • インキュベートオフィス・プレインキュベーション施設(ビジュアルプラザ7~9階)- 株式会社スキップシティが運営するインキュベーション施設として、起業支援や映像制作支援をおこなっている。

情報発信支援施設-製作した映像などを、IP通信を活用して発信する施設[編集]

商業施設[編集]

  • 商業施設 - SKIPマート(コンビニ)、ラーメン店、居酒屋(つぼ八)等が入居。

スキップシティ-特定目的会社[編集]

  • 事務所 - 映像産業拠点全体を維持運営するための事務所。

B街区[編集]

  • 空き地

C街区[編集]

  • 空き地

川口市消防局の主催で、広域防災訓練などに活用されている。現在、老朽化が進む川口市役所の移転先の候補地として挙げられている。

D街区[編集]

  • 放送衛星の地上運用局

事業特徴 [編集]

本プロジェクトは埼玉県及びNHKが実施したコンペによって選ばれた企業体を主体として運営が行われ、30年間の時限付きプロジェクトとして推進されている。株式会社スキップシティによる運営は、2033年に終了し、その後は各テナント毎に自立することになっている。

交通[編集]

川18:川口駅東口 - 総合高校 - 鳩ヶ谷駅 - 鳩ヶ谷公団住宅
川19:川口駅東口 - 総合高校 - 戸塚安行駅
川20:川口駅東口 - 総合高校 - 東川口駅南口
川23:川口駅東口 - 総合高校 - 新井宿駅
西川08:西川口駅東口 - イオンモール川口前川 - 総合高校 - 西川口駅東口
総合高校下車徒歩2分
西川09:西川口駅東口~SKIPシティ循環・・SKIPシティSKIPシティ西下車(朝・夕のみ運行)
川口02:川口市立医療センター - 蕨駅東口 - SKIPシティ西 - 川口市立医療センター
SKIPシティ東SKIPシティ西下車
  • 埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅より徒歩20分

放送関係[編集]

D街区には株式会社放送衛星システム日本放送協会、民放各社の出資による放送衛星運用会社)の地上運用局が設置されている。なお、このパラボラアンテナは、電波望遠鏡ではなく、静止軌道上にある放送衛星の地上管制を行う施設である。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度49分40.5秒 東経139度43分14.9秒