ブロードキャスト・サテライト・ディズニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社
Broadcast Satellite Disney Co., Ltd.
Toranomon Hills.JPG
ブロードキャスト・サテライト・ディズニーが
入居している虎ノ門ヒルズ森タワー
種類 株式会社
略称 BSディズニー
本社所在地 日本の旗 日本
105-6355
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー[1]
北緯35度40分0.47秒 東経139度44分57.87秒 / 北緯35.6667972度 東経139.7494083度 / 35.6667972; 139.7494083座標: 北緯35度40分0.47秒 東経139度44分57.87秒 / 北緯35.6667972度 東経139.7494083度 / 35.6667972; 139.7494083
設立 2009年4月
業種 情報・通信業
事業内容 放送法による衛星基幹放送事業
代表者 代表取締役社長 小林信一
資本金 10,000,000円[2]
決算期 9月30日[2]
主要株主 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 100%
外部リンク https://dlife.disney.co.jp/corporate.html
テンプレートを表示

ブロードキャスト・サテライト・ディズニー株式会社は、ウォルト・ディズニー・カンパニーの日本法人・ウォルト・ディズニー・ジャパン傘下の衛星基幹放送事業者である。

概要[編集]

総務大臣諮問機関の電波監理審議会2011年以降に割り当てが行われる特別衛星放送(BSデジタル放送。現・衛星基幹放送)で同社のHDTVSDTV各1番組の委託放送業務を認定するよう総務大臣へ答申、2010年10月19日、総務大臣より認定書が交付された。

沿革[編集]

放送チャンネル[編集]

  • 太字HDTV
  • それ以外は16:9のSDTV

現在[編集]

BSデジタル放送
  • Ch.BS256 ディズニー・チャンネル ディズニー映画・アニメ(番組供給事業者:ウォルト・ディズニー・ジャパン) - BS-7ch、6スロット
    有料放送。プラットフォームはスカパー!(旧・スカパー!e2)。2012年3月1日、ウォルト・ディズニー・ジャパンが2004年よりTBS系列のC-TBSへ行なっていたスカパー!に係る本チャンネルの供給先を、子会社である当社へ変更する事によって開始。
  • Ch.BS258 Dlife直営放送) - BS-23ch、16スロット
    無料放送。プラットフォーム非依存で放送を行う。2012年3月17日 18:00(JST)開局。

過去[編集]

東経110度CS放送
  • Ch.339 ディズニージュニア お子さま向けディズニー番組(番組供給事業者:ウォルト・ディズニー・ジャパン) - CS1-ND8ch、6スロット → CS1-ND2ch 12スロット
    有料放送。プラットホームはスカパー!(旧・スカパー!e2)。未就学児童とその保護者を主な対象にしたキッズチャンネル。2012年10月1日15:00(JST)に開局した。
    時期不明ながらテレビ朝日系列のシーエス・ワンテンに基幹放送事業を譲渡し、同チャンネル(2018年8月28日よりハイビジョン放送)にて放送中。

脚注[編集]

  1. ^ 企業情報”. Dlife/ディーライフ公式. 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 第9期決算公告、2018年(平成30年)3月5日付「官報」(号外第44号)91頁。
  3. ^ 特別衛星放送に係る委託放送業務の認定申請受付結果(別紙)
  4. ^ 2009年3月にも特別衛星放送に係る委託放送業務の認定申請を行ったが、申請は拒否されている[1]
  5. ^ 東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定(別紙1)

外部リンク[編集]