NHK-BS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NHK-BSとは、日本放送協会(NHK)によって運営されているテレビ放送を主にした日本国内向け放送衛星による衛星放送(BS放送)チャンネルの総称である。デジタル放送の論理チャンネル枠は、テレビ放送が「10x」、データ放送が「70x」。リモコンキーIDは「1」「2」「3」(順に101・102・103ch)が割り当てられている[1]

2011年平成23年)3月31日までは、以下の3波体勢で放送されていた。

2011年(平成23年)4月1日から2018年(平成30年)11月30日までは以下の2波体勢で放送されていた。

  • NHK BS1(新BS1) - 「NHK衛星第1」の名称変更。デジタル101・102ch[3]。新NHK-BSの代表サービス。
  • NHK BSプレミアム(BSP) - 「NHK衛星第2」及び「NHKデジタル衛星ハイビジョン」を統合しリニューアル。デジタル103・104ch[3]
    • データ放送 - 700ch・701ch・707ch。

2018年(平成30年)12月1日以降は上記2波に加え、以下の新4K8K衛星放送2波を追加した4波体勢で放送されている。

2021年(令和3年)1月13日、2021年度から3か年の経営計画が発表され、2023年度を目途にBS1・BSプレミアムの2波を1波へ整理・削減する方向で検討を進めている[4]

なお、全般的な放送概要については日本における衛星放送の項目を参照のこと。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ BS11及びTwellVの開局前は、「11」に700ch、「12」に701chが登録されている機種もあった。
  2. ^ 2007年(平成19年)9月30日まではアナログBS-9chでも放送されていた。アナログBS-9chは、BShi放送開始以前はハイビジョン実用化試験放送に割り当てられていた。
  3. ^ a b 2011年(平成23年)7月24日まで、新BS1はアナログBS-7ch、BSPはアナログBS-11chでも放送されていた。
  4. ^ NHK、BSは2023年度/ラジオは2025年度にチャンネル数削減へ”. phileweb (2021年1月14日). 2021年1月17日閲覧。

関連項目[編集]