永田清 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永田 清(ながた きよし、1903年明治36年)1月27日 - 昭和32年(1957年11月3日)は、日本の経済学者、のち実業家

慶應義塾大学教授、東京帝国大学講師、日本ゴム株式会社社長、日本放送協会(NHK)会長。勲二等瑞宝章

経歴[編集]

1903年1月27日福岡県久留米市山川町に生まれる[1]

福岡県立中学明善校(現福岡県立明善高等学校)卒業。大正10年(1921年慶應義塾大学経済学部予科に入学し、増井幸雄の下で学び、昭和2年(1927年)卒業[1]。1935年慶應義塾大学助教授、1939年東京帝国大学講師[1]。昭和6年(1931年)から2年間欧米に留学し、ジャック・テュルゴーのフランス財政思想を学びヴェルナー・ゾンバルトの講義を聴講[1]。帰国後は財政学を担当し[1]、国益・社会福祉・時局といった財政の思想を講じた。

戦後、大学を退職して昭和23年(1948年日本ゴム社長、福岡製紙社長、日新製糖社長、昭和31年1956年)に日本放送協会(NHK)会長に就任した[1]

著書[編集]

  • 国家財政の知識 非凡閣 1934 (万有知識文庫)
  • 財政学概説 上巻 巌松堂書店 1935
  • 現代財政学の理論 既成体系の批判と反省 岩波書店 1937
  • 戦争経済の潮流 日本評論社 1940
  • 財政学 入門経済学 第5 ダイヤモンド社 1940
  • 財政学の展開 日本評論社 1942
  • 平和の経済的帰結 好学社 1947
  • 新庄博共著)金融 実教出版 1953
  • 仏蘭西経済学説論集 日本評論新社 1959

共編[編集]

  • 社会科学新辞典 中山伊知郎,三木清共編 河出書房 1941
  • 時代と学問 編 慶応出版社 1943
  • 現代日本への考察 慶友社 1951
  • 商取引決済の実態 有斐閣 1954

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
その他の役職
先代:
古垣鐵郎
第6代:1949年 - 1956年
日本放送協会会長
第7代:1956年 - 1957年
次代:
野村秀雄
第8代:1958年 - 1960年