アサヒシューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アサヒシューズ株式会社
ASAHI SHOES, LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 アサヒ靴、アサヒシューズ
本社所在地 日本の旗 日本
830-8629
福岡県久留米市洗町1番地
設立 1892年
業種 ゴム製品
法人番号 9290001048324
事業内容 ゴム履物・革靴の製造、販売
代表者 佐藤栄一郎(代表取締役社長)[1]
資本金 8億4千万円
売上高 116.65億円(2014年12月期)[1]
経常利益 4.83億円(2014年12月期)[1]
従業員数 740名(2013年12月末現在)
関係する人物 石橋徳次郎
石橋正二郎
外部リンク http://www.asahi-shoes.co.jp/
特記事項:1998年会社更生法適用申請、2017年更生手続終結。
テンプレートを表示

アサヒシューズ株式会社は、日本のメーカー。本社は福岡県久留米市[1]。世界最大のゴム・タイヤメーカーである「株式会社ブリヂストン」の源流でもある。

概要[編集]

ムーンスター(旧:月星化成)、アキレス等と並んで、ゴム靴メーカーとして知られている。国内では数少ないVP製法(直接加硫圧着式製法)の靴底製造を行える会社でもある。久留米市ではムーンスター、ブリヂストンとあわせて「ゴム三社」と呼ばれている。

1998年3月に経営破綻し、東京地方裁判所会社更生法適用を申請するが、東京地裁では倒産案件が膨大で迅速な受理が望めなかった。そのため久留米市に本社を再移転させ福岡地方裁判所に会社更生法適用を改めて申請。この年は株式会社創立80周年にあたるが、記念行事は取りやめを余儀なくされた。当時操業中だった製造子会社6社のうち、アサヒゴム加工及び西南旭の2社はその後生産を再開したが、北海道アサヒを含む4社は自己破産し清算に至った[2]。これらを含め、関連企業や取引先等の倒産は全国で52社に及んだ[3]。2001年に更生計画が認可され、再建にあたっては取引先の三井物産サンリオなど15社から出資等の支援が行われた[4]。また、かつて関連会社だったブリヂストンの久留米市内の工場からも人員受入れ等の形で協力が行われた[5]

2016年12月には弁済を終え、2017年3月、福岡地裁から会社更生手続の終結決定を受けた[6]

1988年6月のCI採用により日本ゴム株式会社から株式会社アサヒコーポレーションに改称するが、企業イメージを明確にするため、2017年4月にアサヒシューズ株式会社へと再改称した[7]

沿革[編集]

  • 1892年 - 石橋徳次郎が久留米市において仕立物業「志まや」を創業。足袋の製造を始める。
  • 1914年 - 商標として長年使われる、太陽(朝日)を背に波を打つマークが採用される。このマークは、アサヒビールの初代シンボルマーク(社章)と少し似ている。その後、アサヒビールは波の位置をシンボルマークの下側に変更した。
  • 1918年6月 - 法人に改組し日本足袋株式會社を設立。二代目石橋徳次郎が社長、その弟の正二郎が専務取締役にそれぞれ就任。
  • 1922年 - 貼り付け式足袋地下足袋)発売。
  • 1927年 - 九州医学専門学校設立にあたって、旭町に所有していた社宅用地の敷地の一部や校舎、設備等の寄贈を行う。
  • 1930年 - タイヤ部により純国産タイヤ第1号が生まれる。
  • 1931年 - タイヤ部門を分社化し「ブリッヂストンタイヤ株式會社(現・株式会社ブリヂストン)」設立。(純国内資本であるタイヤ製造業の嚆矢)
  • 1937年4月 - 日本ゴム株式会社に社名変更。
  • 1947年7月 - 本社を東京都港区へ移転。
  • 同年10月 - 輸出再開。
  • 同年 - 二代目石橋徳次郎保有の日本タイヤ(ブリッヂストンタイヤから1942年に社名変更)株式と石橋正二郎保有の日本ゴム株式を交換し、
両社間の資本・経営関係を分離[5]
財閥解体による株券差し押さえを免れる。
久留米商工会館屋上にゴム3社(日本ゴム、ブリヂストン、月星ゴム〈現ムーンスター〉)の回転式ネオン塔を設置。
  • 1970年4月 - 石橋進一、代表取締役を辞任し、取締役会長に就任。三代目石橋徳次郎、代表取締役に就任。
  • 1973年3月 - 北海道北陸地区への総ゴム靴、革靴供給のため北海道アサヒ株式会社設立。
  • 1977年6月 - ナイキブルーリボン社と提携。
  • 1980年 - この年から1996年までグッドデザイン賞を16年連続受賞。
  • 1988年 - 株式会社創立70周年。CI採用により株式会社アサヒコーポレーションに社名変更(社名変更日は創立記念日である6月6日)。
  • 1990年11月 - 取締役名誉会長の石橋進一死去。
  • 1994年5月 - 三代目石橋徳次郎、藍綬褒章を受章。
  • 1995年3月 - 三代目石橋徳次郎は代表取締役会長に就任。三枝恒夫、代表取締役社長に就任。
「夫婦共にアサヒコーポレーションの従業員である場合は、どちらか一方が二年間の休職」などの措置を実行する。その後、三代目石橋徳次郎が再び代表取締役社長就任。三枝恒夫は副社長となる。
  • 1998年3月 - 経営破綻。保全管理人が選出される。
  • 1999年12月 - 製品配送体制の効率化のため取引先への製品直接配送を開始。佐賀県鳥栖市に物流拠点「村田配送センター」を設置[8]
  • 2000年 - 新製品「快歩主義」シリーズを開発。
  • 2001年3月
    • 小ロットの製品受注に対応するため、刃型の不要な水圧式裁断設備を導入[9]
    • 更生計画が認可される[4]
  • 2003年 - 物流拠点を東京都と久留米市に集約。
  • 2006年 - 新製品「アサヒメディカルウォーク」シリーズを発売。
  • 2017年
    • 3月30日 - 会社更生手続の終結決定[6]
    • 4月1日 - アサヒシューズ株式会社に社名変更[7]

主な商品名[編集]

  など数多くのキャラクターのシューズも発売されていた。

なお、ポケットモンスターやハローキティのシューズの売れ行きによって、会社更生が助けられたとも報じられたことがある。

関連会社[編集]

部材・製品の加工・製造
同上
出荷製品等の配送・輸送

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 宗岡敬介(2015年3月31日). “アサヒコーポレーション:9期連続の減収 国内生産7割へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 1998年10月27日付西日本新聞掲載記事「アサヒ靴 子会社辛酸」
  3. ^ 1998年12月2日付朝日新聞西部本社版掲載記事「アサヒ靴の一年 2」
  4. ^ a b 2001年3月30日付西日本新聞夕刊
  5. ^ a b 1998年4月8日付朝日新聞西部本社版夕刊
  6. ^ a b “「アサヒシューズ」で再出発 更生手続き終結”. 読売新聞 (読売新聞西部本社). (2017年3月31日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20170331-OYS1T50002.html 2017年4月1日閲覧。 
  7. ^ a b 社名変更のお知らせ”. アサヒシューズ株式会社 (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。
  8. ^ 1999年12月9日付西日本新聞
  9. ^ 2001年3月15日付西日本新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]