中村玉緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら たまお
中村 玉緒
本名 奥村 玉緒(旧姓:林)
別名義 林 玉緒(旧芸名)
生年月日 1939年7月12日(77歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市左京区
国籍 日本の旗 日本
身長 156cm
血液型 O型
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台バラエティ
活動期間 1953年-
配偶者 勝新太郎(1961年–1997年、死別)
著名な家族

鴈龍(長男)
奥村真粧美(長女)
二代目中村鴈治郎(父)
四代目坂田藤十郎(兄)
四代目中村鴈治郎(甥)

三代目中村扇雀(甥)
事務所 長良プロダクション
公式サイト 長良プロダクション タレント 中村玉緒
主な作品
テレビドラマ
新・平家物語
あかんたれ
がしんたれ
いのちの現場から』シリーズ
おばはん刑事!流石姫子』シリーズ

映画
『景子と雪江』
銭形平次 捕物控』シリーズ
赤胴鈴之助』シリーズ
ぼんち
大菩薩峠
黒い十人の女

バラエティー番組
さんまのSUPERからくりTV

中村 玉緒なかむらたまお1939年(昭和14年)7月12日 - )は、戦後昭和から現在にかけて活躍中の女優タレント。本名(旧姓)及び旧芸名は林 玉緒(はやし たまお)、結婚後の本名は奥村 玉緒(おくむら たまお)。愛称はお母さん京都女子高等学校卒業。長良プロダクション所属。

来歴[編集]

京都府京都市左京区出身。父は大映映画の貴重な脇役でもあった歌舞伎俳優二代目中村鴈治郎。夫は俳優の勝新太郎、長男は俳優の鴈龍(奥村雄大)、長女は奥村真粧美。また兄は歌舞伎役者の四代目坂田藤十郎、その子に四代目中村鴈治郎三代目中村扇雀兄弟がいる。

1953年、本名の林玉緒で松竹『景子と雪江』に映画初出演。しかしその後、お呼びがかからなかった。どうしても女優になりたかった玉緒は、親戚で大映の重役も兼ねていた長谷川一夫に頼み込み、1954年に大映に入社することとなった。初年度の給料2万円は当時としては破格で、ハイヤーで撮影所通いという優遇だったが、主役は回ってこなかった。1960年代半ばまで幼馴染の市川雷蔵山本富士子若尾文子らスターの脇役として大映で活躍。当時の玉緒の声は甲高く可愛らしく、純情な娘役として多数の映画に出演した。

1970年代にはテレビドラマの脇役として活躍。不幸な母を演じさせたら右に出る者はいないと言わしめる程の痛々しく健気な母親役を得意とし、評価を得ていた。

1994年明石家さんま司会の『明石家多国籍軍』などでの強烈な天然ボケキャラクターでも人気を得る[1](以降、さんまが司会を務める番組の常連出演者になる)。この頃より長者番付にも名を連ね、主演ドラマや主演舞台もこなすようになった。

2011年からは京都名誉観光大使に就任。

エピソード[編集]

玉緒が夫の勝と知り合ったのは、大映時代。勝が熱烈に求愛し、玉緒もその気になったという。大映側もふたりの仲を認めざるを得なくなり、玉緒が撮影中に勝が迎えに来ると、「勝さんが来ているから…」と、早めに撮影を切り上げることもあったという。

勝には「生まれ変わってもあの人と一緒になりたい」というほど一途な想いを貫いている。勝の晩年には二人舞台『夫婦善哉』で共演した。バラエティ番組に出始めるようになったのも、喉頭癌に臥している勝を励ますためだった。その頃の勝は、もはや発声が困難な状況であり、病室のテレビで玉緒が出演するバラエティ番組を見るのが唯一の楽しみだったという。勝の葬式には晴れ晴れとした笑顔で弔問者を迎え、スポーツ新聞には「東京タワー葬」と書かれた。祭壇のセットに東京タワーが組まれるという異例の葬儀だったが、玉緒は勝を明るく見送った。

現在、バラエティ番組に出演するなどして視聴者からの人気を得ている玉緒だが、過去は勝と2人の子供のトラブルに悩まされることが多かった。1978年に勝があへん法違反容疑で書類送検され、1982年には長男と長女が大麻密売で揃って逮捕された(長男は2年後にも大麻取締法違反で逮捕されている)。1989年には映画『座頭市』の撮影で、長男が真剣を使い殺陣師を死亡させて業務上過失致死罪警察から事情聴取を受けている。翌1990年には勝がハワイから日本に大麻を持ち込もうとして逮捕され、この時出演が決まっていたビール会社のCMが中止となり、CM製作会社からは損害賠償を請求されている。家族4人の中で逮捕歴が一度も無いのは玉緒のみである。子供たちへの溺愛ぶりも有名で、長男と長女が揃って逮捕されたときには「罪は憎くても子供は憎めない」と語った。長男の初舞台では「息子の出番が少ない」と脚本を自ら書き直すほどの親バカぶりである。

家庭内での玉緒と長女は大変なおしゃべりで、豪放なイメージのある勝のほうが閉口していたといい、「世間は私たちが勝を我慢していたように思っていますが、本当は勝が私たちを我慢していました」という。

本職は女優だが、近年はバラエティ番組やテレビCMの出演も多い。1998年にはバンダイたまごっちシリーズのキャラクターにもなり、若い世代からも「玉緒っち」の愛称で人気を得た。

『たけし・さんまの100万人伝説』にゲスト出演したときに語った逸話。『いのちの現場からシリーズ』で共演している佐川満男しゃぶしゃぶ店に連れて行ってもらったが、その味が忘れられなかった。その後、またに同じしゃぶしゃぶ店に行きたくなった玉緒が「ねーねー佐川さん、今度しゃぶしまへんかー」と佐川を誘ったところ、佐川は「俺が人前で話しているときに、シャブって何だよ!」と困惑し憤慨したという。玉緒は「しゃぶしゃぶ」を縮めて「しゃぶ」と言ってみただけだったが、佐川はこれを覚醒剤隠語である「シャブ」と勘違いした模様。

2001年頃には「玉緒でどっかーん!」というパチンコも登場し、所属事務所の後輩で氷川きよしとデュエットソングを発表した。なおパチンコには、実生活でも相当通っていて、和田アキ子とはよく、パチンコする友人でもある。

2003年3月に岐阜県美濃加茂市にあるテーマパーク日本昭和村の名誉村長に起用される。

2005年8月に声帯ポリープの除去手術を受け、全快した。なお、勝と同様に喫煙者であったが、結婚する際の条件は「煙草をやめること」であったという。退院会見の際、「やめなかった罰が当たった」と話している。手術後に初めて禁煙に成功したと語った。

なお、酒好きの夫とは違い、お酒は飲まない。

大映の「二枚看板」として常に勝と比較されていた市川雷蔵とは、その前身が父と同じ歌舞伎役者であることから、父の楽屋に出入りしていた頃からの幼なじみで、深い親交があった。早世した雷蔵のことを、玉緒は現在でも兄の様に慕っていることで知られる。

2006年10月6日に放送された「芸能人常識チェック あなた、ヒトとしてどうなのよSP」で、野菜の名前を当てるクイズに挑戦。しかし、レタスを「きゅうりじゃなくてパセリ?」と答え、大爆笑をさらったことがある。

2006年秋に開催された「明石家さんまプロデュース」というコントライブに、女優として初めて演者として出演した(この時は山田花子もゲストで、それ以降レギュラーになった)。この時、玉緒はギャグが無いという事で、「マロニーちゃん(何十年も担当しているCM)」というギャグを連発した。そしてコントでも「中村玉緒物語」というコントを敢行。「デビュー編」「結婚式編」「勝新太郎臨終編」の3部構成でコントをした。また、次の公演にも出演する予定だったが、「体力的に無理」ということで参加していない。

2008年7月26日の『27時間テレビ』内の『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し、予選ペーパーテストで当番組名物のおバカタレント6人組(Pabo羞恥心)全員の点数を下回る3点を取り、ジミー大西とともに最下位になってしまったが、なぜかジミーと一緒に喜んでいた。なお、当番組の最下位の最高齢記録更新となった(それまでの記録は、坂田利夫の63歳)。

2009年9月22日放送の特番「カスペ! どこよりも超スゴい!ギネス世界記録公認!びっくり超人100連発」内の企画で、司会を担当した玉緒自らギネス登録にチャレンジした。出演者ら12人から1分間に87回のキスを手の甲に受け、「手にキスを受けた記録」として申請した。当該の項目申請がそれまでなかったため、収録現場に関係者が立ち会い、その後新たな項目として登録、晴れて記録保持者となった。

出演[編集]

映画[編集]

  • 景子と雪江(1953年)
  • 銭形平次 捕物控シリーズ
    • 幽霊大名(1954年、シリーズ7作) - たより 役
    • 人肌蜘蛛(1956年、シリーズ10作) - お千代 役
    • 八人の花嫁(1958年) - お六 役
    • 雪女の足跡(1958年、シリーズ15作) - お光 役
    • 美人蜘蛛(1960年、シリーズ16作) - もよ 役
    • 夜のえんま帳(1961年、シリーズ17作) - 染吉 役
  • 新・平家物語(1955年) - 平滋子
  • 復讐浄瑠璃坂・二部作(1955年) - 千春 役
  • お父さんはお人好し(1955年) - 五女静子 役
  • かんかん虫は唄う(1955年、大映) - 菊枝 役
  • やさしい狼犬部隊Three Stripes in the Sun)(1955年)共演 チャック・コナーズ(Chuck Connors)、ディック・ヨーク(Dick York))、日本ロケをしたアメリカ映画。
  • 月形半平太(1956年) - 歌菊 役
  • 白井権八(1956年) - お玉 役
  • 折鶴七変化(前編・後編)(1956年) - 喜美 役
  • あばれ鳶(1956年) - 半玉小信 役
  • 祇園の姉妹(1956年) - 美津丸 役
  • 新・平家物語 義仲をめぐる三人の女(1956年) - 公郷の姫 役
  • 花の兄弟(1956年) - 姪妙 役
  • 残菊物語(1956年、大映) - おつる 役
  • 源氏物語・浮舟(1957年、大映) - 侍従(浮舟の侍女) 役
  • 赤胴鈴之助(1957年) - しのぶ 役
    • 赤胴鈴之助(1957年、シリーズ第1作)
    • 月夜の怪人(1957年、シリーズ第2作)
    • 飛鳥流真空斬り(1957年、シリーズ第4作)
    • 新月塔の妖鬼(1957年、シリーズ第5作)
    • 一本足の魔人(1957年、シリーズ第6作)
    • 三つ目の鳥人(1958年、シリーズ第7作)
  • 南蛮寺の佝僂男(1957年) - 娘 さゆり 役
  • スタジオはてんやわんや(1957年)
  • 大阪物語(1957年) - 綾衣(扇屋の遊女) 役
  • 忍術若衆 天馬小太郎(1957年) - 藤姫 役
  • 空飛ぶ若武者(1957年) - 百合姫 役
  • 鬼火駕篭(1957年) - 琴江 役
  • 水戸黄門漫遊記(1958 三隅研次)(1958年) - お絹 役
  • 女狐風呂(1958年) - お雪(女中) 役
  • 花の遊侠伝(1958年) - おとし 役
  • 花太郎呪文(1958年) - お節 役
  • 伊賀の水月(1958年) - みち 役
  • 口笛を吹く渡り鳥(1958年) - みよ 役
  • 遊侠五人男(1958年) - お千枝 役
  • 濡れ髪剣法(1958年) - おみね 役
  • 江戸は青空(1958年) - おさん 役
  • 白蛇小町(1958年) - お菊 役
  • 流れ星十字打ち(1958年) - ふさ 役
  • 江戸っ子祭(1958年) - 妙(奥女中) 役
  • 忠臣蔵(1958年) - 腰元 みどり 役
  • 炎上(1958年、大映) - 五番町の女 役
  • 講道館に陽は上る(1959年) - お光 役
  • 鬼女系図(1959年) - 鬼堂琴江 役
  • 風来物語 仁侠篇(1959年) - お桂 役
  • 初春狸御殿(1959年) - 第四の姫 役
  • 天竜の鴉(1959年) - 早苗 役
  • お嬢吉三(1959年) - お美和 役
  • 関の弥太っぺ(1959年) - お小夜 役
  • 浮かれ三度笠(1959年) - 菊姫 役
  • 濡れ髪三度笠(1959年) - おさき 役
  • 月影兵庫 上段霞斬り(1959年) - 巡礼 娘妹 役
  • 千羽鶴秘帖(1959年) - みつ江 役
  • 次郎長富士(1959年) - お松 役
  • 町奉行日記 鉄火牡丹(1959年) - お玉 役
  • 鳴門の花嫁(1959年) - 琴江 役
  • 花の幡随院(1959年) - 本庄香奈重 役
  • 荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門(1959年) - お美輪 役
  • 蛇姫様(1959年) - おすが 役
  • よさこい三度笠(1960年) - おとめ 役
  • 千姫御殿(1960年) - おかつ 役
  • 風来物語 あばれ飛車(1960年) - お桂 役
  • 源太郎船(1960年) - お浜 役
  • 二人の武蔵(1960年) - 悠乃 役
  • 月の出の血闘(1960年) - お安 役
  • 切られ与三郎(1960年) - かつら 役
  • 侠客春雨傘(1960年) - お鶴(薄雲) 役
  • 続次郎長富士(1960年) - 猩々のお亀 役
  • 元禄女大名(1960年) - 琴姫 役
  • ぼんち(1960年、大映) - 弘子 役
  • 不知火検校(1960年、大映) - 浪江 役
  • 大江山酒天童子(1960年) - こつま 役
  • 大菩薩峠(1960年、大映) - お浜 役 ※ブルーリボン助演女優賞受賞
  • 好色一代男(1961年) - お町 役
  • 鯉名の銀平(1961年) - お市 役
  • おけさ唄えば(1961年) - お君 役
  • 小太刀を使う女(1961年) - おたか 役
  • 小次郎燕返し(1961年) - 梢 役
  • 女のつり橋(1961年) - 絹江 役
  • 大菩薩峠 完結篇(1961年) - お銀 役
  • 舞妓の休日(1961年) - 美津子 役
  • 釈迦(1961年) - オータミー 役
  • すっとび仁義(1961年) - 八重 役
  • 新源氏物語(1961年) - 朧月夜
  • かげろう侍(1961年) - お珠 役
  • 女の勲章(1961年) - 大木富枝 役
  • 悪名(1961年) - お絹 役
  • 続悪名(1961年) - お絹 役
  • 人間の條件 完結編(1961年) - 避難民少女 役 ※ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、イタリア批評家賞受賞作品
  • 黒い十人の女(1961年) - 四村塩 役
  • 情熱の詩人啄木(1962年) - 節子(妻) 役
  • 化身(1962年) - 文弥 役
  • 女と三悪人(1962年) - お光 役
  • 秦・始皇帝(1962年) - 蘭英 役
  • 中山七里(1962年) - おしま 役
  • 新悪名(1962年) - お絹 役
  • 裁かれる越前守(1962年) - お燕 役
  • 眠狂四郎殺法帖(1963年) - 千佐 役
  • 越前竹人形(1963年) - お光 役
  • 現代インチキ物語 ど狸(1964年) - 千代子 役
  • 大工太平記(1965年) - 太田お文 役
  • 城取り(1965年) - お千 役
  • 眠狂四郎炎情剣(1965年) - 檜垣ぬい 役
  • 新鞍馬天狗(1965年) - おとよ 役
  • ド根性大将(1966年) - お吉 役
  • 雪の喪章(1967年) - せい 役
  • 燃えつきた地図(1968年) - 男(探偵)の妻 役
  • 喜劇初詣列車(1968年) - 上田幸江 役
  • 横紙破りの前科者(1968年) - 小づる 役
  • いかさま博奕(1968年) - おりん 役
  • 妾二十一人 ど助平一代(1969年) - 赤沢あさ 役
  • 商魂一代 天下の暴れん坊(1970年) - 岩崎喜勢 役
  • たぬき坊主(1970年) - 田坂圭子 役
  • 日本侠客伝 昇り龍(1970年) - マン 役
  • サマー・ソルジャー(1972年) - 清水夫人 役
  • 辻が花(1972年) - 小原静子 役
  • 王将(1973年) - 坂田小春 役
  • あゝ決戦航空隊(1974年) - 淑恵 役
  • 金環蝕(1975年) - 荻乃 役
  • 岸壁の母(1976年) - 端野いせ 役
  • トラック野郎・突撃一番星(1978年) - 月田絹枝 役
  • 悪魔が来りて笛を吹く(1979年) - 千代 役
  • 衝動殺人 息子よ(1979年) - 北村洋子 役
  • 甦れ魔女(1980年) - 三木イネ 役
  • 裸の大将放浪記 山下清物語(1981年) - 母・ふじ 役
  • 炎のごとく(1981年) - 女房・お栄 役
  • 山下少年物語(1985年) - 「ぶらり」の里子 役
  • 犬死にせしもの(1986年) - 童左の母 役
  • 独身アパートどくだみ荘(1988年) - 堀千代 役
  • 激走トラッカー伝説(1991年) - 加代の母親 役
  • 橋のない川(1992年、東宝) - 畑中ぬい 役 ※第5回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞受賞
  • 女ざかり(1994年) - 静子 役
  • ホーホケキョ となりの山田くん(1999年) - 眼鏡の女 役
  • 犬神家の一族(2006年) - 柏屋の女房 役
  • 椿三十郎(2007年) - 睦田夫人 役
  • 忍たま乱太郎(2011年) - 山本シナ(老) 役 ※と2人1役
  • 瀬戸内海賊物語(2014年、松竹)- 村上絹子 役
  • ポプラの秋(2015年) - 大家のおばあさん 役[2]

舞台[編集]

  • 勝新太郎特別公演・夫婦善哉東男京女(1996年5月、新歌舞伎座)
  • 新・おんなたちの同窓会(1996年9月、名鉄ホール)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(1999年11月、中日劇場)座長公演
  • 夫婦うどん(2000年7月、名鉄ホール)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2000年10月、新橋演舞場)座長公演、第55回文化庁芸術祭参加
  • 女の居場所(2001年8月、明治座)座長公演
  • 女の居場所(2001年10月、全国公演)座長公演
  • 浪花女奮闘記「まかしときなはれ」(2002年4月、新歌舞伎座)座長公演
  • 浪花弁天ものがたり(2002年6月、新橋演舞場)座長公演
  • 夢の淡雪 浪花弁天ものがたり(2002年10月、中日劇場)座長公演
  • 浪花弁天ものがたり(2003年3月、松竹座)座長公演
  • 夫婦漫才一代記「年上の女」(2004年4月、新歌舞伎座)座長公演
  • 夫婦善哉(2004年11月、明治座)座長公演
  • 博多座リニューアル記念公演(2016年、博多座)『梅と桜と木瓜の花』- さくら 役 [3]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • いのちの響(2002年、TBS)
  • ラストデイズ「勝新太郎×オダギリジョー」(2014年5月1日、NHK)

音楽番組[編集]

テレビCM[編集]

受賞歴[編集]

1960年
1963年
1967年
  • 第4回ギャラクシー賞 - 『おもろい夫婦』(フジテレビ)、『雨のひまわり』『オーイ・わーい・チチチ』(日本テレビ)[5]
1992年
1998年
  • 第36回ゴールデン・アロー賞 放送賞[4]
2000年
2007年

参考文献[編集]

  • 週刊文春 2003年8月14日・21日夏の特大号『芸能人に学ぶ いい子育て 悪い子育て』(文藝春秋)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MBSドクホン第1号(2004年4月号)中村玉緒へのインタビューより。
  2. ^ 本田望結、初主演映画で海外映画祭に初参加!”. シネマトゥデイ (2015年6月24日). 2015年6月24日閲覧。
  3. ^ “武田鉄矢、29年ぶりハンガーヌンチャク復活に「封印解いて振ってみた」”. ステージナタリー. (2016年7月4日). http://natalie.mu/stage/news/193247 2016年7月5日閲覧。 
  4. ^ a b GOLDEN ALLOW AWARDS 受賞者一覧”. 日本雑誌協会. 2014年11月13日閲覧。
  5. ^ 第4回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]