ムーンスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 ムーンスター
MoonStar Company
Moonstar kurume hd.jpg
ムーンスター久留米本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
830-8622
福岡県久留米市白山町60番地
設立 1931年
(創業1873年10月20日)
業種 ゴム製品
法人番号 7290001049191
事業内容 スニーカー・紳士靴・婦人靴・スポーツ用品の製造・販売
代表者 猪山渡(代表取締役社長)
資本金 13億円
売上高 395億円(2017年6月期)
従業員数 865人(2017年6月期)
決算期 6月
主要子会社 株式会社テクノ月星
株式会社ツインスター
青島月星鞋業有限公司
関係する人物 倉田雲平(初代)
外部リンク http://www.moonstar.co.jp/
特記事項:2006年7月1日、月星化成株式会社から商号変更。
テンプレートを表示

株式会社ムーンスターは、福岡県久留米市に本社・工場を置く日本シューズ製造業者。

久留米市内では、アサヒシューズ(旧・アサヒコーポレーション)・ブリヂストンと並んで「ゴム三社」と称される。

歴史[編集]

1873年、創業者・倉田雲平が久留米にて「つちやたび店」の屋号で座敷たびの製造を開始。

日本で初めてミシンを足袋製造に導入した[月星歴史館 1]他、1922年にゴム底地下足袋の商品化、1958年南極観測隊ブーツの製造など、創業当時から新しい試みに積極的に取り組む社風である。

1928年、世界的に明瞭で親しみやすい「月」と「星」を運動靴のマークに採用。海外輸出強化が狙い。中近東・一部中国向けには「コウモリ印」を採用した。[1][2]

1962年、「月星ゴム株式会社」として社名に採用。

2006年には、さらなる海外展開とムーンスターブランド価値向上を目的に、現社名「株式会社ムーンスター」に変更した。創業140周年を契機に、「ムーンスター」ブランド構築に本格的に着手。業界初の「製品保証制度」への取組みや久留米工場を活かしたユースゾーンへの新商品開発など、すべての世代に愛されるブランドを目指す。 2014年、10年後の姿を見据えた成長戦略、中長期経営ビジョン「MSビジョン150」を発表。「消費者との接点の拡大」「海外市場の拡大」「大人・シニア市場の拡大」を戦略の柱としている。

2015年7月新ブランドスローガン「Time with pride.~ひたむきに、歩み続ける。」が制定された。

http://www.moonstar.co.jp/time_with_pride/

社訓[編集]

  • 走る者はつまずきやすく、つま立つ者は倒れやすい。堅実なる一歩ずつを進めよ。進めたる足は堅く踏みしめよ。[3]

経営理念[編集]

  • すべての人々の「笑顔」と「しあわせ」のために[3]

行動規範[編集]

  • 常に、人々と共に在り、人々の生活に寄り添います。
  • 一足一足を大切にする伝統を引継ぎます。
  • 新しい品質(まごころ)と新しい技術(こだわり)を提供します。[3]

主な取扱商品[編集]

  • MOONSTARブランド
    • (ベビー/キッズ/ジュニア)キャロット、スーパースター
    • (メンズ)メイドインクルメ、ワールドマーチ
    • (ウィメンズ)スポルス、イブ
    • (その他)カジュアルシューズ、ビジネスシューズ、ウィンター商品、学校用品、介護用品、長靴など

事業所[編集]

本社・工場
福岡県久留米市白山町60番地
物流センター
福岡県久留米市三潴町草場386番地
東京本社・東京支店
東京都中央区八丁堀二丁目12番7号 ユニデン八丁堀ビル4階
大阪支店
大阪府吹田市江坂町1丁目8番2号
札幌支店
北海道札幌市白石区中央1条3丁目1番23号
仙台支店
宮城県仙台市若林区卸町2丁目5−6
埼玉支店
埼玉県さいたま市北区本郷町960番地
名古屋支店
愛知県名古屋市西区南堀越2丁目4−58
広島支店
広島県広島市中区十日市町2丁目1−9

脚注[編集]

  1. ^ 昭和の路 I
  2. ^ 読売新聞 2015年7月21日 朝刊11面広告
  3. ^ a b c 会社概要

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://www.moonstar.co.jp/corporate/history/rekisi/meiji/m27.htm

外部リンク[編集]