ジャック・テュルゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャック・テュルゴー

ローヌ男爵アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴーAnne-Robert-Jacques Turgot, Baron de Laune, 1727年5月10日 - 1781年3月18日)は、フランスブルボン朝政治家であり、また重農主義経済学者である。彼の経済学の根底にはルソーモンテスキューと共通する自然法の発想を持つ18世紀の『啓蒙思想家』でもあり、「啓蒙主義経済学者」とも言われる[1]
テュルゴーの思想はアダム・スミスに強い影響を与えている[2]

経歴[編集]

ジャック・テュルゴーは1727年にパリで、由緒ある法服貴族でパリ市長(パリ市商人頭)も務めた裕福な商人の三男として生誕。幼い時から神学教育を受け、1749年にソルボンヌ神学部(パリ大学)に入ると神学のみならず経済・数学・言語・歴史・哲学/自然哲学(物理学)など広範囲にわたる学問の修得で頭角をあらわし、あくる1750年にはパリ大学内ソルボンヌ僧院長に選ばれる。[3] 1751年に父が死去すると僧籍から離れ、52年パリ高等法院検事総長補佐官の職を買い、国王政府の仕事を始める[4]。1750年代にはグラフィニー夫人のサロンに頻繁に出入りしていた。

1754年、商務監督官ヴァンサン・ド・グルネーの知遇を得、1755年、1756年のグルネーの国内視察旅行に同行した[5]。 また、当時グルネーが出版を計画していたチャイルド『「新商業講話」への注釈』についても、説明を受けたものとみられる[6]。グルネー没後、テュルゴーは追悼文『ヴァンサン・ド・グルネー頌』を書いている。

1760年スイスにヴォルテールを訪問し、この頃百科全書派フランソワ・ケネーアダム・スミスなどと親交を結ぶ[7]1761年リモージュ州の総徴税区長官(知事)となり1774年まで13年間その職に在った[4]

1766年には、『富に関する省察』を書き上げ、デュポン・ド・ヌムールに送った。デュポン・ド・ヌムールは、これを3年後の1769年に機関紙『市民日記』に掲載・紹介した。

1774年から1776年まで(ルイ16世統治初期)財務総監を務める。財務総監時代には、コンドルセを片腕として、ギルドの廃止や穀物の取引の自由化を行い、自由主義的改革を推進して財政再建を図るが、折しも、1775年に小麦が不作となったことから、「小麦粉戦争」と呼ばれる農民一揆が生じて自由化政策が批判され、さらには特権身分の反対(レントシーキング)を受けて、1776年5月に失脚した。その後は隠棲してパリで自分の好きな研究に勤しんだが、フランス革命の始まりを見ることなく1781年、痛風が元で死去した(53歳)[8]

邦訳[編集]

主著『富に関する省察』(1766年刊)は永田清の訳で1934年岩波文庫に収録された。

参考文献[編集]

<参考サイト>

  • 西洋経済古書収集 <テュルゴー>”. 稀書自慢 西洋経済古書収集©bookman (2014年7月9日). 2015年8月20日閲覧。
  • Gonçalo L. Fonseca、Leanne Ussher(山形浩生訳). “経済思想の歴史”. アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー(Anne-Robert-Jacques Turgot), 1727-1781. 2015年8月20日閲覧。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「啓蒙主義経済学者たち(The Enlightenment Economists)
  2. ^ ロベール=ジャックアンヌ・テュルゴー (Anne-Robert-Jacques Turgot), 1727-1781.
  3. ^ 1.西洋経済古書収集 <テュルゴー>を中心に 2.アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー(Anne-Robert-Jacques Turgot), 1727-1781. 3.(中川辰洋 2011, p. 126)を混合
  4. ^ a b 1.(西洋経済古書収集 <テュルゴー>)
    2.(アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー(Anne-Robert-Jacques Turgot), 1727-1781)
  5. ^ 『テュルゴー資本理論研究』(中川辰洋著、日本経済評論社、205-206頁)
  6. ^ 『テュルゴー資本理論研究』(中川辰洋著、日本経済評論社、206-207頁)
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『テュルゴー』 - コトバンク
  8. ^ (西洋経済古書収集 <テュルゴー>)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]