高橋長太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 長太郎(たかはし ちょうたろう、1907年2月28日 - 1991年3月29日[1])は日本の経済学者一橋大学名誉教授。一橋大学経済研究所長や、専修大学学長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

1927年旧制東京商科大学(現一橋大学)予科修了。1930年同大学学士。1932年同大学研究科修了[2]哲学者山内得立教授に師事した[3]一橋大学経済研究所国民所得・再生産研究部門主任教授として倉林義正らと国民経済計算を行い[4][5]、1959年から小原敬士の後任として第6代一橋大学経済研究所長を務めた[6]。1960年論文「経済成長と分配の機構」で一橋大学経済学博士[7]。1963年一橋大学経済研究所長を退任し伊大知良太郎と代わる[6]。1970年一橋大学定年退職、一橋大学名誉教授、専修大学教授。1976年から1982年まで専修大学学長[2][8]

著書[編集]

  • 『所得分布の変動様式』岩波書店 1955年
  • 『基本金融・財政』(高橋壽常と共著)春秋社 1955年
  • 『国民所得』春秋社 1956年
  • 『やさしい経済学』(都留重人と共編)勁草書房 1957年
  • 『近代財政講座』(林栄夫と共編)春秋社 1957年
  • 『景気変動』(編)春秋社 1959年
  • 『近代経済学の学び方』(編)ダイヤモンド社 1961年
  • 『経済成長と所得分配』東洋経済新報社 1962年
  • 『わが国の社会福祉事業の問題点社会保障の財政問題』(山本信孝と共著)吉田社会福祉研究会 1973

脚注[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.350
  2. ^ a b 高橋 長太郎「一橋の哲学」如水会
  3. ^ 藤井義夫,馬場啓之助「一橋学問の伝統と反省 : 哲学」『一橋論叢』第34巻第4号、日本評論新社、1955年、 619-633頁、 doi:10.15057/4125
  4. ^ 倉林義正, 「1968SNA から1993SNA へ:ある回想」『産業連関』 16巻 3号 2008年 p.3-14, 環太平洋産業連関分析学会, doi:10.11107/papaios.16.3_3
  5. ^ 「過去に研究所に在籍した研究者」一橋大学経済研究所
  6. ^ a b 「歴代所長」
  7. ^ 高橋長太郎, 「経済成長と分配の機構」 博士論文 一橋大学, [報告番号不明] , 1960-03-30, NAID 500000450813
  8. ^ 「沿革と歴代リーダー」専修大学
学職
先代:
相馬勝夫
専修大学学長
第11代:1976年 - 1982年
次代:
小田切美文