山内得立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 得立(やまうち とくりゅう、1890年6月12日 - 1982年9月19日)は、日本哲学者文化功労者京都大学名誉教授、元京都学芸大学学長

人物[編集]

奈良県生まれ。旧姓中川。京都帝国大学西田幾多郎に師事した後、ドイツフライブルク大学に留学しエトムント・フッサールに師事。留学中に左右田喜一郎の推薦により東京商科大学(後の一橋大学)助教授に就任。後に京都大学教授等を歴任。蔵書や自筆ノートは山内文庫として一橋大学附属図書館に収められている。

著書『旅する人- 芭蕉にふれて』では、人間の特性としてホモ・サピエンス(知る人)、ホモ・ファーベル(作る人)、ホモ・ヴィアトゥール(する人)を提唱した[1]

弟子や教え子に馬場啓之助太田可夫高橋長太郎藤井義夫坂田太郎[2][3]小島慶三[1]国分敬治山田晶梅原猛がいる。

長女の美穂子(1935年生まれ。京都大学文学部卒、同大学院修了)は塩野谷祐一(経済学者、文化功労者、一橋大学名誉教授)の妻。

経歴[編集]

受賞等[編集]

著書[編集]

  • 現象学叙説 岩波書店 1929
  • 存在の現象形態 岩波書店 1930
  • 体系と展相 弘文堂 1937
  • 社会的実践 長坂利郎 1937
  • 人間のポリス的形成 弘文堂 1939(教養文庫)
  • ノモスから運命へ 長坂利郎 1939
  • ギリシアの哲学 上中 弘文堂 1944-47。下記が続編。
  • 西洋文化の三原理 生活社 1946
  • 実存の哲学 全国書房 1948
  • 存在論史 角川書店 1949(哲学選書)
  • 生成・創造・形成 三つの林檎 弘文堂 1950
  • 実存と人生の書 創芸社 1952
  • 実存と所有 岩波書店 1953
  • 新しい道徳の問題点 理想社 1958
  • ギリシアの哲学 第3・4・5 弘文堂 1960
  • 旅する人 理想社 1963(人生論ブックス)
  • 実存と人生 理想社 1965(人生論ブックス)
  • 実存の哲学 理想社 1965(哲学全書)
  • 意味の形而上学 岩波書店 1967
  • ロゴスレンマ 岩波書店 1974
  • 随眠 遺墨集 一燈園燈影舎 1983
  • 旅する人- 芭蕉にふれて 燈影撰書11・燈影舎 1987
  • 随眠の哲学 岩波書店 1993
    • 新版「京都哲学撰書 第22巻」燈影舎 2002。解説:梅原猛

翻訳[編集]

  • 認識の対象 ハインリッヒ・リッケルト 中川得立訳 岩波書店 1916年、のち岩波文庫

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小島慶三『江戸の産業ルネッサンス』(中公新書、1989年)「はじめに」より。
  2. ^ 一橋学問の伝統と反省 : 哲学
  3. ^ 「一橋スピリットの継承」如水会々報』(2019年10月20日閲覧)