専修学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田尻稲次郎 / 創立者の一人
目賀田種太郎 / 創立者の一人

専修学校(せんしゅうがっこう)は、1880年(明治13年)、相馬永胤らによって東京府に設立された私立法律経済学校。この項目では後身たる専門学校令準拠の専修大学についても扱う。

概要[編集]

アメリカ留学経験者を中心に設立された、従来の私塾的法律学校に代わる、日本初の本格的私立法律経済学校である。「法律科」(現在の法学部)では日本語英米法を講じ、いわゆる「五大法律学校」の一つに数えられた。また、日本で初めて独立した「経済科」(現在の経済学部)を設置した学校である。

沿革[編集]

明治時代初期、近代的裁判制度が発足して1876年には代言人(現在の弁護士)の資格試験制度が成立した。この前後から試験準備のための私塾的な法律学校が各地で開校したが、この時点では近代法の制定も進んでいない状態であり、これらの学校はきわめて低級な教育水準しか持たなかった。1880年、日本最初の近代法として刑法・治罪法が制定されるとともに「代言人規則」改正により資格試験が厳格化すると、ようやく本格的な法律学校が設立されるようになった。

大学南校を経てアメリカに留学し、ハーバード大学コロンビア大学エール大学などで法律や経済を学んでいた相馬永胤田尻稲次郎目賀田種太郎駒井重格は、1875年12月、ニューヨークで「日本法律会社」(日本法律クラブ)を結成、日本での法律学校設立を企画した。彼らは帰国後、法律事務所で勤務するかたわら、1879年12月に福沢諭吉の協力により慶應義塾内に「夜間法律科」を開設して法律学を講じた。1880年8月、慶應義塾夜間法律科を分離する形で独立するとともに、三汊塾や東京攻法館といった旧来の私塾と合同して「専修学校」を設立した。校名は「一科専修」を標榜したことに由来しており、「実用の知識と技芸」を併せもつ人材の育成を目的とした。

専修学校は英米法を講じる「法律科」及び「経済科」から成る。「経済科」は日本で初めての設置となる。当時の官立法学校である司法省法学校および東京大学法学部が外国語(英仏語)で講義を行ったのとは対照的に、外国語に習熟していない勤労青年のために日本語で講義を行ったことを特徴とした。

1886年には帝国大学(上記「東京大学」が改称)監督下の学校となり、1888年には文官試験への受験資格を付与する「特別認可学校」となるなど制度上の整備が進んだが、1893年には志願者激減のため法律科が廃止され、法学部が設置されるまでの間、理財科(経済科)に重心を移した。1903年11月には専門学校令準拠の高等教育機関(旧制専門学校)となり、1906年9月、大学部・専門部・高等予科を設置して将来の大学昇格を展望した組織改編を行った。1913年(大正2年)7月「専修大学」と改称し相馬が初代学長となったが、名実ともに大学令による制度上の大学に昇格したのは1922年5月27日のことである。

校地の変遷と継承[編集]

開校時の校地は東京府京橋区木挽町であったが、本校舎建設の遅延により同区南鍋町の仮校舎で開校式が挙行された。1885年には現在の神田神保町に移転し、この校地が専修大学の神田キャンパスとして継承されている。

関連文献[編集]

事典項目
単行書