藍謝堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藍謝堂(らんしゃどう)、または藍謝塾は、1871年(明治4年)に高島嘉右衛門が横浜伊勢山下と入船町に開校した私塾。通称は高島学校

概略[編集]

高島は、私財3万円を投じて語学を中心にした塾を開設。敷地は一万坪、学生1000人が収容できる大きな学校で、英語・フランス語・ドイツ語・漢学・算術を教える外国人と日本人の教師13人でスタートした[1]

高島の予定では懇意にしていた福澤諭吉を塾長として迎えようとしていたが、福沢は代わりに慶應義塾の教員である、海老名晋荘田平五郎小幡甚三郎浜尾新日原昌造らを教師として派遣し、同等の授業を組んで学生交流を開始した。同校が開校していた期間は短かったが、岡倉天心寺内正毅本野一郎宮部金吾星亨といった人物も学んでいる。1873年(明治6年)には学校設立の功により明治天皇から三組の銀杯を下賜される。

明治6年11月11日、神奈川県によって高島学校が同日付で高島の手を離れ、のちに川村敬三の『同文社』と合併して野毛山に新校舎を設立し「横浜市学校」と改め、市中共立『修文館』となったが翌年の明治7年に焼失した。この短い期間にも外国人教師サミュエル・ロビンス・ブラウン島田三郎井深梶之助植村正久といった人物が学んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 多田建次 『日本近代学校成立史の研究――廃藩置県前後における福沢諭吉をめぐる地方の教育動向』 玉川大学出版部、1988年2月20日。ISBN 978-4-472-07851-4