耕余塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耕余塾/耕余義塾(こうよじゅく)/(こうよぎじゅく)は、神奈川県高座郡羽鳥村(後の明治村。現在の藤沢市)に、明治時代にあった私塾

神奈川県屈指の中等教育機関であった。漢学英語数学理科西欧史、法制などを教え、寄宿制、小中学一貫教育の私学で、1887年(明治20年)に「耕余義塾」に改組されると共に、慶應義塾福沢諭吉の門下生を教員として迎え入れ、久保市三郎らが教鞭を振るい、慶應義塾にならって義塾と校名につけた[1]

耕余塾跡

歴史[編集]

  • 明治5年(1872年3月 - 羽鳥村の廃寺であった、徳昌院の庫裏を校舎として、名主の三觜八朗右衛門が、小笠原東陽を招いて郷学校読書院を開設する。
  • 明治5年(1872年)8月 - 学制により、読書院は羽鳥学校(現在の藤沢市立明治小学校)に改称され、生徒の多くはこちらに移ったが、小笠原東陽は、これとは別に読書院を私塾として存続させる。
  • 1878年(明治11年) - 入塾者が増加したため、新校舎を落成し、塾名を耕余塾に改め、変則中学となる。
  • 1887年(明治20年)8月 - 小笠原東陽が没し、松岡利紀(東陽の娘婿)が塾長となり、耕余義塾に改称する。
  • 1897年(明治30年)9月8日 - 大風で全学舎が倒壊する。
  • 1900年(明治33年)8月31日 - 再建できず、閉塾する。

文化財[編集]

  • 藤沢市指定史跡「耕余塾の跡」

主な塾生[編集]

所在地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]