慶明戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慶明戦
初開催 1910年(野球)
1923年(ラグビー)
1927年(ボクシング)
1934年(レスリング)
1935年(アメリカンフットボール)
チーム 慶應義塾大学
明治大学

慶明戦(けいめいせん)または明慶戦(めいけいせん)は、慶應義塾大学明治大学の間で行われるスポーツ分野での対校戦である。

野球[編集]

野球東京六大学野球連盟における慶應明治の試合を指す。

明大野球部が1910年に誕生したとき、これをサポートしたのは慶應OB佐竹官二であった。佐竹の縁で慶應野球部がたびたびコーチに訪れ、1914年に早慶明(慶應側の呼称は慶早明)[1]リーグ結成。

ラグビー[編集]

ラグビー慶明戦

ラグビー関東大学ラグビー対抗戦グループにおける慶應明治の試合を指す、毎年11月の第1日曜日もしくは11月3日秩父宮ラグビー場にて開催される(早明戦早慶戦と異なり、他カードと同日、同会場で組まれる)。また、3月に行われる「全早慶明三大学対抗戦」においても、現役・OB混成チームによる「全慶應対全明治」の試合が行われる。

通算成績は(対抗戦)明治の49勝34敗3分、(大学選手権)明治の5勝1敗1分。

早慶戦と比べると知名度や集客力は欠けるが、毎年競った激しい試合となることが多い。またテレビ中継は地上波ではTVKテレビ(録画が中心)のみ。

1985年度の大学選手権では決勝で対戦した。激しい雨の中、12-12の引き分けとなり両校優勝となった。

ボクシング[編集]

ボクシング慶明戦(日本初の大学対抗ボクシング試合)[2]1927年6月25日に青山会館で行われ、5 - 5で引き分けた[3]

アメリカンフットボール[編集]

初のアメリカンフットボール慶明戦は1935年10月29日に芝公園競技場で行われ、明32 - 0慶で明治が勝利した[4]

文化[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮武三郎ほか 『六大学野球部物語』 ベースボール・マガジン社、1956年、64頁
  2. ^ 慶應義塾 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、284頁
  3. ^ 『東京朝日新聞』 1927年6月26日
  4. ^ 『東京朝日新聞』 1935年10月30日

外部リンク[編集]