東京六大学合唱連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京六大学合唱連盟(とうきょうろくだいがくがっしょうれんめい)とは、東京を所在地とした6つの大学男声合唱団で構成される連盟。連盟内での通称は「六連(ろくれん)」だが、混声合唱の「東京六大学混声合唱連盟」と区別するために「男声六連」「男六(だんろく)」と呼ばれることもある。また、関西六大学合唱連盟(男声合唱)と区別するために「東京六連」と呼ばれることも多い。

加盟団体[編集]

※五十音順

略歴[編集]

1951年5月に、NHKラジオにて東京六大学野球連盟の校歌・応援歌を放送するために、各校の合唱団が競演したことがきっかけとなり結成。同年11月12日に、明治大学講堂にて結成式が行われた。結成式では各大学の合唱団が歌を披露し、最後には六大学合同による合唱を秋山日出夫の指揮にて行った。なお、1930年頃に同じ六大学の合唱団によって合唱連盟が結成されたが、演奏会は行われなかったという。

翌年の6月9日に第1回合同演奏会(当時は「定期演奏会」という名前ではない)を日比谷公会堂にて開催。以後、毎年1回のペースで演奏会がゴールデンウィーク期間中に行われており、2011年5月には第60回定期演奏会が開催された。ここで初演された男声合唱作品は数多い。指揮者では石丸寛若杉弘秋山和慶小林研一郎松下耕らが舞台にのぼっている。

各団体のOB合唱団による「東京六大学OB合唱連盟」も設立されており、1999年から演奏会が行われている。

初演作品[編集]

合同演奏で初演されたもののみを記す。

参考文献[編集]

  • 法政大学アリオンコール70年史編纂委員会編『法政大学アリオンコール70年史』法政大学アリオンコールOB会、1998年

外部リンク[編集]