若き日の誇り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若き日の誇り(わかきひのほこり)とは法政大学の代表的な応援歌の一つである。作詞は法政大学応援団、作曲は岡本雅雄。制定年は1932年(昭和7年)といわれる。

概要[編集]

伝統的な法政大学の応援歌。在校生の間でも『法政大学校歌』に次ぐ知名度を誇っていると言っても過言ではない。 主に東京六大学の応援時に演奏されるほか、演奏時には応援席の観客らが声を合わせて歌う。

法大の得点時にスクラムを組んで歌うのは、普通『法政大学校歌』であるが、稀にこの歌を歌うこともある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]