進脩館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

進脩館(しんしゅうかん)は中津藩江戸時代に設立した藩校

創設[編集]

学校所在地は下毛郡中津片端町(中津市)。1796年(寛政8年)、藩主奥平昌高(まさたか) が学校を設立。進脩館と称し、教授に、倉成龍渚(りゅうちょ)・野本雪巌(せつがん) を任じた。職員には総裁役の家老用人各1名をはじめ30数名が携わっている。1812年(文化9年)、校舎を増築、1827年(文政10年)には寄宿舎を設置、1843年(天保14年)にはこれを増築して晩香(ばんこう)舎 と名付けた。上士の子弟は必ず入学することとし、その他の子弟は志願する者に許可した。のち、町人の子弟も入学させている。入学年齢は7、8歳。生徒数は200ないし300名。束脩謝儀(そくしゅうしゃぎ)(入学金謝礼)は入学のとき、藩札を若干納めさせた。学科には国学漢学洋学漢洋医学筆道算術兵学弓術馬術剣術槍術砲術抜合遊泳柔術の15科で、文武兼修とした[1]

小幡・福澤へ[編集]

家禄二百石取りの上士小幡家小幡篤次郎は、16歳で進脩館に入った。その後、福澤諭吉に見いだされ慶應義塾へ入塾。下士の出である福澤諭吉は二度目の洋行後、自分の片腕となる人物が欲しいと考え、中津へ赴いた。そこで小幡兄弟を見いだす。小幡篤次郎は福澤を補佐し、慶應義塾の運営及び教育にあたった。藩主・奥平昌邁も福澤諭吉に共鳴し、「中津市学校」を開設、小幡を校長に据え、慶應義塾へ入塾した。その後、閉鎖までにほぼ全ての中津藩士が慶應義塾に移籍している。進脩館と慶應義塾は資本関係などで直接のつながりがあるわけではないが、慶應義塾初期の体制を構築する一部であることは間違いないため、慶應義塾の源流のひとつと見做すケースもある。[2]

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大分歴史事典
  2. ^ ただし、慶應義塾の公式サイトなどではこの見方は紹介していない。

外部リンク[編集]