朝吹英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝吹英二

朝吹 英二(あさぶき えいじ、嘉永2年2月18日1849年3月12日) - 大正7年(1918年1月31日)は、日本実業家王子製紙取締役会長[1]。幼名は萬吉、鐵之助[2]。族籍は大分県平民[1][3]。短期だが三井財閥のトップである三井合名会社理事長を勤めたこともある。

三越社長、帝国生命保険社長を務めた朝吹常吉は息子。フランス文学者朝吹三吉翻訳家朝吹登水子は孫であり(ともに常吉の子)、フランス文学者、詩人朝吹亮二は曾孫。弟・野依範治の曾孫が2001年ノーベル化学賞を受賞した野依良治である。中上川彦次郎は義兄にあたる[4]。2011年度、第144回芥川賞受賞者の作家朝吹真理子は玄孫である[4]

生涯[編集]

豊前国下毛郡宮園村(現在の大分県中津市耶馬溪町大字宮園)の大庄屋・朝吹泰蔵の次男として生まれた[5]。朝吹家は寛永年間に苗字帯刀を許可され、兄・謙三まで15代続く大庄屋であった[2]

日田の咸宜園や中津の渡邊塾・白石塾に学ぶ。尊皇攘夷思想に染まり、維新後の1870年明治3年)、開明派の福澤諭吉暗殺を企てるが、転向し福澤とその甥中上川彦次郎の庇護を受け、彦次郎の妹・澄(スミ)と結婚する。慶應義塾に入学し、1872年、同出版局の創設に際してその主任に就任した[2]。慶應義塾卒業[1][3][6]

1878年(明治11年)、三菱商会に入社。1880年(明治13年)、貿易商会に入って取締役となる。

荘田平五郎に招かれて郵船会社に入ったが、間もなく去り、横浜で一大貿易商会を開き、生糸輸出業に従ったが、たちまち大失敗して、損害数百万円の巨額に達した[7]。大に奮闘して、負債のすべてを償却した[7]大隈重信に近い政商となり、義兄・彦次郎の三井財閥に転じて三井呉服店理事となり[5]1892年(明治25年)に鐘ヶ淵紡績専務、1894年(明治27年)に三井工業部専務理事に就任。

1901年(明治34年)、中上川が死去すると、益田孝により中上川の工業化路線は一旦は止まったが、それでも1902年(明治35年)に三井合名専務理事に就任し、王子製紙会社では役員を務めて会長となり、また、芝浦製作所堺セルロイドなど王子と共に業績不振とされたこれら企業の建て直しを担当することとなった[8]。このように三井系諸会社の重職を歴任し、「三井の四天王」の一人と言われた。

中上川の後任の最有力候補であり、かつ慶應閥の筆頭とも目されていた朝吹だったが、上述のように、後見の中上川の死去にともない、益田が三井財閥の実権の座を握ることとなり、1907年(明治40年)には、益田が引退に際して團琢磨を推挙したため、退任を余儀なくされることとなった。1912年1月、三井家を勇退する[7]1918年(大正7年)、病のため芝高輪の自宅にて死去[5]。享年70。

人物[編集]

日本の実業界に於いて「一種得易からざる老偉人」として知られた[7]。三井家四天王の一人として、中上川彦次郎益田孝等と併称された[7]。10歳のときの疱瘡が原因で顔にアバタがあり醜男と言われたが、人柄がよかったことから女性にもよくもて艶聞も多かった[9]。また、頭もよく、川田小一郎大隈綾子らに可愛がられたという[9]

骨董を愛好する。柴庵(さいあん)と称し、目利きとしても知られた[2]

江戸時代において悪人とされていた石田三成の顕彰事業にも熱心で、歴史学者渡辺世祐に委嘱して『稿本石田三成』を書かせ、その墳墓発掘にも力を尽くした。

2015年3月12日、耶馬溪町の宮園集落にある朝吹英二翁頌徳碑前で「第3回朝吹英二翁生誕祭」が執り行われた際には、式典の中で地元下郷小学校6年生による「朝吹英二翁への手紙」の朗読が行われた。発表後には、朝吹英二の曾孫の朝吹英和から下郷小学校6年生に自身が英二について書いた本「蝉時雨」が贈られた。[10]

家族・親族[編集]

朝吹家

東京市京橋区木挽町[1][3]、大分県下毛郡下郷村[7]

大分の朝吹家は、母屋雑座敷合わせて大小29室に及ぶ大邸宅であった[2]。生家跡は、英二の血縁である清島家が運営する保育所になったが、保育園閉園後は宮園集落に寄附され、現在は宮園公園と宮園公民館になっている[2]
  • 父・泰蔵(大分県平民)[3]
  • 兄・謙三[2]
  • 養甥・亀三(辛島鶴蔵の弟、兄・謙三の養子)[1][3]
1871年 -
  • 長女・フク(長野県、名取和作の妻)[1][3]
1883年 -
  • 妻・スミ(中上川彦次郎の妹)[2]
  • 長男・常吉[3]
1877年 - 1955年
  • 孫・英一(木琴奏者、作曲家)、正二三吉(フランス文学者)、登水子(小説家、翻訳家)など
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第3版』あ103頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 耶馬溪 - 福澤先生と環境保全・朝吹英二生家跡三田評論(2009年5月)、2015年12月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第4版』あ60頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2015年12月26日閲覧。
  4. ^ a b 朝吹英二:業績知って 顕彰会が紙芝居でアピール 毎日(毎日新聞)、2011年9月15日
  5. ^ a b c 故男爵森村市左衛門君日本工業倶楽部会員追悼録, 1925
  6. ^ 『慶応義塾総覧 大正3年』149頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 『大分県人士録』48-51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2015年12月26日閲覧。
  8. ^ 『慶應の人脈力』(国貞文隆朝日新書、2010年6月30日) P214
  9. ^ a b 『まかり通る電力の鬼・松永安左エ門』小島直記、東洋経済新報社, 2003
  10. ^ 第3回朝吹英二翁生誕祭が執り行われました(大分県中津市公式観光サイト)、2015年3月12日
  11. ^ 中上川 彦次郎とはコトバンク。2015年12月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903-1911年。
  • 『大分県人士録』大分県人士録発行所、1914年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]