慶應義塾大学SFC研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
正式名称 慶應義塾大学SFC研究所
英語名称 Keio Research Institute at SFC
略称 KRIS
組織形態 大学附置研究所
所在地 日本の旗 日本
252-0882
神奈川県藤沢市遠藤5322
所長 玉村雅敏
設立年月日 1996年7月1日
上位組織 慶應義塾大学
ウェブサイト https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/
テンプレートを表示

慶應義塾大学SFC研究所(えすえふしいけんきゅうじょ、英称:Keio Research Institute at SFC、略称:KRIS)は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科、総合政策学部環境情報学部の附属研究所であり、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC、神奈川県藤沢市)にある。

諸科学協調の立場から、国内外の様々な関連活動と双方向の連携をとりながら先端的研究を行っている。社会の発展に寄与することをその目的としており、産官学による研究を推進している。

研究分野[編集]

  • キャリア・リソース・ラボ
  • インターネット・リサーチ・ラボ
  • ジオ・インフォマティクス・ラボ
  • システムバイオロジー・ラボ
  • Auto-ID ラボ
  • ユビキタスコンピューティング&コミュニケーション・ラボ
  • プラットフォームデザイン・ラボ
  • ヘルスケア・インフォマティクス・リサーチ・ラボ
  • ケータイ・ラボ
  • インタラクションデザイン・ラボ
  • 地域協働・ラボ
  • オープン無線プラットフォーム・ラボ
  • アジア政策・ラボ
  • 見える化・ラボ
  • 次世代 Web応用技術・ラボ
  • アグリインフォマティックス・ラボ
  • 電子自治体開発研究・ラボ
  • 日本研究プラットフォーム・ラボ
  • インターネットと社会・ラボ
  • 湘南音楽音響・ラボ

World Wide Web Consortium アジア拠点[編集]

SFC研究所は、World Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体World Wide Web Consortium(3C)を、米国マサチューセッツ工科大学MITコンピュータ科学・人工知能研究所フランスERCIM中国北京航空航天大学とともに運営している。SFC研究所は、中国を除くアジア圏を担当している。環境情報学部教授で「日本のインターネットの父」と称されている村井純が中心になっている。

湘南みらい都市研究機構[編集]

2020年12月4日、SFC研究所は近隣5市町(藤沢市、鎌倉市茅ヶ崎市逗子市寒川町)と次世代の都市づくりを目指す研究コンソーシアム「湘南みらい都市研究機構」を設立した[1]。これにより、産学官や金融機関などと協力し、先端技術や知見を生かし地域の発展や人材育成などにつなげ、「湘南発のより豊かな未来都市づくり」を主導している[2]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]