村井純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村井純
Jun Murai on Jan 16, 2020.jpg
生誕 (1955-03-29) 1955年3月29日(66歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
研究分野 計算機科学
研究機関 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学サイバー文明研究センター
出身校 慶應義塾大学
博士課程
指導教員
高橋秀俊
渋谷政昭
斎藤信男
他の指導教員 相磯秀夫
中西正和
所眞理雄
主な業績 日本初のネットワーク間接続「JUNET」設立
インターネット研究コンソーシアム「WIDEプロジェクト」発足
インターネット網の整備、普及に尽力
初期インターネットの、日本語をはじめとする多言語対応
東南アジアの研究教育ネットワークの開発
e-Japan戦略をはじめとする日本のデジタル化への提言および施策の推進
主な受賞歴 Internet Society Jonathan B.Postel Service Award (2005年)
IEEE Internet Award (2011年)
大川賞 (2012年)
Internet Society Internet Hall of Fame (Pioneers) (2013年)
フランス共和国レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ (2019年)
福澤賞(2019年)
C&C賞 (2020年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

村井 純(むらい じゅん、1955年3月29日 - )は、日本の計算機科学者。工学博士(慶應義塾大学・1987年取得)。専門は情報工学(コンピュータネットワーク)。慶應義塾大学教授(有期)、慶應義塾大学名誉教授。JUNET設立者。WIDEプロジェクトFounder。内閣官房参与 (デジタル政策担当)。

概要[編集]

父は教育学者、慶應義塾大学名誉教授の村井実。母は、フェリス女学院大学音楽科名誉教授の村井範子。外祖父は、元広島文理科大学学長で教育学者の長田新。親族に教育学者が多い。

日本におけるインターネット黎明期からインターネットの技術基盤作り, 運用, 啓蒙活動等に関わり続けている。1995年新語・流行語大賞に「インターネット」でトップテン入賞し、受賞した[1]。「日本のインターネットの父」とされ、「ミスター・インターネット」と呼ばれることもある。英語圏では「インターネット・サムライ」のニックネームを持つ。

広域ネットワーク上で日本語を使えるようにすることにも尽力し、UNIXC言語を国際化する動きと連携をとりながら、英語中心だった初期のインターネットを多言語対応へと導いた。

1995年より東南アジアの研究教育ネットワークの開発、発展に尽力し、東南アジア各国のインターネットを牽引する研究運用人材を多数輩出。

2000年から2009年及び2012年から現在に至るまで、内閣高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)有識者本部員[2]として、e-Japanの実現に向けた数々の提言と施策の推進に貢献したほか、内閣府のみならず、各省庁委員会の主査や委員を多数務める。2020年10月より内閣官房参与(デジタル政策担当)[3]

2007年8月2日総務省の諮問機関である情報通信審議会において、「コピーワンス」(デジタル放送の著作権保護方式)の代わりに子コピー9回、10回目にムーブという「ダビング10」を提案した。

経歴[編集]

インターネット発展への貢献[編集]

主な受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 自著
    • 『インターネット』 (岩波新書) 岩波書店 ISBN 4004304164 1995年
    • 『インターネットII〜次世代への扉〜』 (岩波新書)岩波書店 ISBN 4004305713 1998年
    • 『インターネット「宣言」―急膨張する超モンスターネットワーク インターネットがよくわかる入門書』講談社 ISBN 406207480X 1995年
    • 『インターネットの不思議、探検隊!』太郎次郎社エディタス ISBN 4811807510 2003年(絵本形式)
    • 『インターネット新世代』 (岩波新書)岩波書店 ISBN 4004312272 2010年
    • 『角川インターネット講座』第1巻「インターネットの基礎 情報革命を支えるインフラストラクチャー」(角川学芸出版)
  • 共著
    • 『インターネット 法学案内―電脳フロンティアの道しるべ』(日本評論社、1998年)共著:インターネット弁護士協議会著
    • 『IT2001 なにが問題か』岩波書店 ISBN 4000098497 2000年 共著:林紘一郎牧野二郎との共同監修
    • 『コンピューターってどんなしくみ?』誠文堂新光社 ISBN 9784416518069 2018年 共同監修:佐藤雅明
    • 『日本大災害の教訓―複合危機とリスク管理』10章「災害時情報通信基盤マネジメント」(東洋経済新報社)
  • 監訳
    • ダニエル・C. リンチほか『インターネットシステムハンドブック』インプレス ISBN 4844347462 1996年
    • 『IPv6:次世代インターネットプロトコル』プレンティスホール出版 ISBN 4887350104 1996年
    • アレックス・ライトマン『アンワイアード 果てしなきインターネットの未来-4Gへのシナリオ』(インプレス、2005年)村井純監修

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞” (日本語). 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞. 2021年3月10日閲覧。
  2. ^ 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)”. 首相官邸. 2021年3月10日閲覧。
  3. ^ a b 内閣総理大臣辞令”. 首相官邸. 2021年3月10日閲覧。
  4. ^ IAB Minutes 1995-04-02 | Internet Architecture Board” (英語). 2021年3月10日閲覧。
  5. ^ List of Trustees” (英語). Internet Society. 2021年3月10日閲覧。
  6. ^ Minutes Regular Meeting of the Board - Montréal - ICANN”. www.icann.org. 2021年3月10日閲覧。
  7. ^ Root Server System Advisory Committee - ICANN”. www.icann.org. 2021年3月10日閲覧。
  8. ^ 取締役及び監査役の選任について” (日本語). ソフトバンクグループ株式会社. 2021年3月10日閲覧。
  9. ^ 「Yahoo! JAPAN研究所」設立 - ニュース - ヤフー株式会社” (日本語). 会社概要 - ヤフー株式会社. 2021年3月10日閲覧。
  10. ^ 一般社団法人IPTVフォーラム (2013年2月19日). “役員・組織構成” (日本語). IPTV FORUM JAPAN(一般社団法人IPTVフォーラム). 2021年3月10日閲覧。
  11. ^ 会社概要 | 会社情報” (日本語). 株式会社ブロードバンドタワー. 2021年3月10日閲覧。
  12. ^ 役員紹介|楽天株式会社” (日本語). Rakuten, Inc.. 2021年3月10日閲覧。
  13. ^ 役員構成・組織図” (日本語). セキュリティ対策のラック. 2021年3月10日閲覧。
  14. ^ 取締役人事について | 2019年 | プレスリリース | ニュース” (日本語). HAPS Mobile. 2021年3月10日閲覧。
  15. ^ スカラー・シニアフェロー・顧問”. | AP Initiative 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ (2013年7月5日). 2021年3月10日閲覧。
  16. ^ [1]
  17. ^ 公益財団法人 大川情報通信基金:[顕彰・助成事業] 大川出版賞 : 大川出版賞受賞図書”. www.okawa-foundation.or.jp. 2021年3月10日閲覧。
  18. ^ Postel Service Award” (英語). Internet Society. 2021年3月10日閲覧。
  19. ^ FIT船井業績賞-情報処理学会”. www.ipsj.or.jp. 2021年3月10日閲覧。
  20. ^ IEEE Internet Award; Recipient List”. IEEE. 2021年3月10日閲覧。
  21. ^ 公益財団法人 大川情報通信基金:[顕彰・助成事業] 大川賞 : 大川賞受賞者”. www.okawa-foundation.or.jp. 2021年3月10日閲覧。
  22. ^ 2013 INTERNET HALL of FAME INDUCTEES | Internet Hall of Fame”. www.internethalloffame.org. 2021年3月10日閲覧。
  23. ^ Remise de la Légion d’honneur au Pr Jun Murai de l’Université Keio” (フランス語). La France au Japon. 2021年3月10日閲覧。
  24. ^ グループA 2020年度C&C賞受賞者 | 公益財団法人 NEC C&C財団”. www.candc.or.jp. 2021年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
徳田英幸
慶應義塾大学環境情報学部長
2009年 - 2017年
次代:
濱田庸子
先代:
清木康
慶應義塾大学政策・メディア研究科委員長
2017年 - 2019年
次代:
加藤文俊