WIDEプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WIDEプロジェクト(わいどプロジェクト)とは、1988年昭和63年)に複数の大学間を跨いで結成された、インターネットに関する研究・運用プロジェクトである。WIDEは『英語: Widely Integrated Distributed Environment』の頭文字である。結成以来、インターネットに関係する技術を日本国内に導入する役割を担ってきた。主に、インターネット関係者の交流,様々な技術実験,運用,研究を行っている。現在では、インターネットに関する、日本を代表する研究・運用プロジェクトとして認知されている。また、現在までに、日本のIT業界に数多くのリーダーを輩出し、各分野で高い実績を挙げている。

概要[編集]

元々は慶應義塾大学東京大学東京工業大学の3大学を結ぶデータ網を構築したことが切っ掛けとなり創設された「WIDE研究会」(1985年(昭和60年)発足)が母体。JUNETとも、密接な関わりを持っていたためJUNETと混同されやすいが、運営そのものはJUNETとは別組織として行われている。WIDEプロジェクトの創設には関わっていないが、大型ネットワークテストベッドを運用しており、インターネットに関する研究を活発に行っている、奈良先端科学技術大学院大学(略称:NAIST), 北陸先端科学技術大学院大学(略称:JAIST)も、WIDEの活動や運営に深く関わっている。

主な実績[編集]

日本のインターネットの起源となった組織であるため、1990年代の活動では歴史的と言える程の実績を数多く挙げている。

1992年12月3日に、WIDEプロジェクトのメンバーが、ISPであるIIJを設立した。IIJは独自にバックボーンネットワークの構築を開始し、後に日本国内の官公庁・法人向けのインターネット接続環境の普及に多大な貢献を果たすことになった。

1994年平成6年)には日本初のインターネットエクスチェンジ(IX)であるNSPIXP1を東京都内に開設。その後1996年(平成8年)には、NSPIXP2を都内に、1997年(平成9年)には、NSPIXP3を大阪市にそれぞれ開設したほか、2003年(平成15年)4月には、NSPIXP2を発展的に解消し、日本初の本格的な分散運用型IXとして『dix-ie』の運用を開始した。

1995年11月30日には、「三菱電機 スーパーセレクション 坂本龍一 TOUR'95 D&L with 原田大三郎」の武道館ライブに技術協力を行った。その中で、ローリング・ストーンズに続いて世界で2例目,日本では初の試みとなる、インターネットを介した音楽ライブのライブストリーミングを行った。技術的には、通信衛星と、インターネットに設けられているマルチキャスト専用バックボーンであるMboneを用いていた。当時の回線速度の制約は厳しく、フレームレートは1fps未満と、実用的ではなかったようである。当該ライブはインターネット年表にも記載されている。

日本国内におけるインターネットの普及後は、前記のIX(dix-ie、NSPIXP3)の運用のほか、DNSルートサーバの一つである M Root Server の運用など、日本のインターネット運用の一翼を担っている。また、インターネット関係者の交流,運用実験,研究プロジェクトを行っている。現在も日本のインターネットの指導者的な立場を担い続けている。

主なメンバー[編集]

WIDEメンバーは日本のIT業界の中でトップクラスの実力を持つ研究者・技術者であるとされる。WIDEメンバーは、少なくともインターネットに関して、日本国内では最高度の専門知識を持つとされる。そして、大多数のメンバーは、アプリケーションまで含めたフルスタックな技術的視野を持つ。WIDEメンバーには、加わった順にWIDEナンバーが付与される。一覧については公式サイトを参照のこと。WIDEメンバーには東京大学, 慶応大学, 名古屋大学, JAIST, NAIST在籍者が多い。少数ながら民間企業所属の人物も参加している。

主な著書[編集]

  • 日本でインターネットはどのように創られたのか? WIDEプロジェクト20年の挑戦の記録(2009年3月 インプレスR&D(インプレスコミュニケーションズ) ISBN 978-4-8443-2677-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]