徳田英幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳田 英幸(とくだ ひでゆき)は、日本の工学者、Ph.D. in Computer Science。国立研究開発法人情報通信研究機構 理事長。ネギーメロン大学計算機科学部研究准教授、慶應義塾大学環境情報学部教授、慶應義塾大学常任理事、環境情報学部長、大学院政策・メディア研究科委員長などを経て、慶應義塾大学名誉教授。

専門分野は、計算機科学、分散システム、オペレーティングシステム、リアルタイムシステム、ユビキタスコンピューティングシステム、IoT/Cyber-Physical System。

人物[編集]

日本学術会議第三部副部会長、日本学術会議情報学委員会委員長、重要生活機器連携セキュリティ協議会会長、スマートIoT推進フォーラム座長、JST CRDS特任フェロー。

内閣官房情報セキュリティセンタ-(NISC)情報セキュリティ補佐官、情報処理学会副会長、情報処理学会技術応用委員会委員長、ユビキタスコンピューティングシステム研究会主査、ネットワークロボットフォーラム会長、ユビキタスネットワークフォーラム技術部会長&電子タグ高度利活用部会長、総務省ユビキタスネット社会の実現に向けた基本政策WG副委員長などを務める。研究教育業績に関してMotorola Foundation Award, IBM Faculty Award、経済産業大臣賞、総務大臣賞、慶應義塾義塾賞、情報処理学会功績賞、情報セキュリティ文化賞、慶應義塾福澤賞、文部科学大臣表彰科学技術賞などを受賞。内閣府人工知能技術戦略会議委員、総務省ICT街づくり推進委員会委員、サイバーセキュリティタスクフォース構成員、2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会構成員。

略歴[編集]

  • 1975年 慶應義塾大学工学部卒
  • 1977年 同大学大学院工学研究科修士課程修了
  • 1983年 ウォータールー大学計算機科学科博士課程修了 
  • 1990年 カーネギーメロン大学計算機科学部研究准教授
  • 1990年 慶應義塾大学環境情報学部助教授
  • 1996年 慶應義塾大学環境情報学部教授
  • 1997年 慶應義塾大学常任理事(~2001年)
  • 2001年 同大学大学院政策・メディア研究科委員長 (~2007年) 
  • 2007年 同大学環境情報学部長 (~2009年)
  • 2009年 同大学大学院政策・メディア研究科委員長
  • 2017年 国立研究開発法人情報通信研究機構 理事長

外部リンク[編集]