インターネットイニシアティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社インターネットイニシアティブ
Internet Initiative Japan Inc.
IidabashiGrandBloom.JPG
本社:飯田橋グラン・ブルーム
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3774 2005年12月2日上場
NASDAQ IIJI 1999年8月4日上場
略称 IIJ
本社所在地 日本の旗 日本
102-0071
東京都千代田区富士見二丁目10番2号
設立 1992年12月3日
業種 情報・通信業
事業内容 ISP
システムインテグレーション
ほか
代表者 代表取締役会長兼CEO 鈴木幸一
代表取締役社長兼COO 勝栄二郎
資本金 142億94百万円
(2012年3月期)
売上高 連結 973億14百万円
単独 653億71百万円
(2012年3月期)
総資産 連結 734億93百万円
単独 645億54百万円
(2012年3月期)
従業員数 連結 1,923人
単独 1,313人
(2012年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本電信電話 24.45%
鈴木幸一 6.31%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.56%
伊藤忠商事 5.05%
(2012年3月現在)
主要子会社 株式会社ハイホー 100%
外部リンク http://www.iij.ad.jp/
テンプレートを表示

株式会社インターネットイニシアティブInternet Initiative Japan Inc.、略称IIJ)は日本電気通信事業者である。東証1部、米NASDAQにおいて株式公開を行っている。

外資を除き、日本で最初に商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダ(ISP)である。ISP事業者に対する、ISP事業のOEM移動体通信事業者(MNO)とのL2接続による仮想移動体サービス提供者(MVNE)を行っている。インターネット接続、仮想移動体通信事業者(MVNO)、システム・インテグレーション、アウトソーシングなど法人向けが主要事業である。

概要[編集]

1990年代の創成期より、国内外の主要なインターネットエクスチェンジとのピアリングも積極的に推進し、電信電話系ではないIP通信専業のISP事業者としては国内最大規模の主要都市間を接続するインターネットバックボーンを独自に構築している。また、アジア太平洋地域の国際バックボーンであるA-Boneの構築にも関与するなど、インターネット接続環境の整備にインフラ面で大きな貢献を果たした(1995年に株式会社アジア・インターネット・ホールディングを設立。2005年に吸収合併)。

主要な顧客層は公官庁と法人で、6,500社以上を抱える。特に、高度・大規模なシステムインテグレーションを必要とする大企業に対するシェアは圧倒的で、各業界トップ10企業の半数から、セクターによっては大半の主要企業を顧客とする。

IIJ自体が村井純吉村伸を始めとするWIDEプロジェクトのメンバーが中心となって設立された企業である関係から、現在もWIDEプロジェクトやEPCglobalを始め、インターネットに関する研究・調査・実証実験・標準化等の活動に積極的に参画している。ISP事業者の中では、研究投資の比率は比較的高い方である。

1998年、トヨタ自動車およびソニーと合弁で、クロスウェイブコミュニケーションズ(CWC)を設立、当時としては画期的な広域イーサネット・サービスを開始したが、折りからの競争激化とITバブル崩壊により行き詰まり、CWCは2003年8月に会社更生手続き開始を申し立てた(同社の事業は、2003年12月にNTTコミュニケーションズ営業譲渡)。この特別損失で大幅赤字となり、第三者割当増資によりNTTグループが合計約30%を出資する株主となっている[1]。NTTグループは副社長を含む取締役2名を派遣している。

特徴[編集]

  • 中小規模のISP事業者に対してインターネット接続環境の提供を行っていることから、IIJクラスのプロバイダを1次プロバイダ、そこから提供を受けるISP事業者を2次プロバイダと呼ぶことがある[2]
IIJが独自開発したルータSEILシリーズ
  • SMFサービス[3]は現在のところ他社の追随を許さぬものと言え、2007年10月31日に「SMF-LAN」に関して特許を取得した。
  • FreeBSDPPPソフトウエアは1993年に大野俊治によって書かれた「iij-ppp」がオリジナルとされる(man PPP(8))
  • IIJ本体はネットワーク、システム・インテグレーション、アウトソーシングをビジネスの中心に据えているが、グループ会社では、データセンター・オペレーション、ヘルプデスク等の領域もカバーしている。
  • 「働きがいのある会社ランキング」(2007年、Great Place to Work Institute調査)にて、11位にランキングされた。これは、外資系を除くIT企業では、国内トップである。評価の主要因は「公平性」であった。

IIJ GIO[編集]

IIJ GIOは、クラウドコンピューティング・サービスプラットフォームである。「IIJ GIOストレージサービス」が2010年8月提供開始された。同時に、兼ねてよりクラウド・コンピューティングに近い概念のサービスIBPS[4]を提供していた、完全子会社の株式会社アイアイジェイテクノロジーを吸収合併。ネットワーク事業とシステム・インテグレーション事業の一体化を図る組織構成とした。

LaIT[編集]

LaIT(ライト)は、中小企業を向けのITサービスである。2009年7月より、提供を開始している。

  • LaIT ひかりコネクト - フレッツ光回線のブロードバンドインターネット接続
  • LaIT プライベートイーサ - イーサネットVPNサービス
  • LaIT Office - SaaS型グループウェア
  • LaIT サプライ - 製品・サービスのオンライン販売

IIJモバイル[編集]

IIJモバイルは、法人向け仮想移動体通信事業者(MVNO)である。

IIJモバイルバンドルクーポンオプション 料金(税抜)円
オプション 追加バンドルクーポンGB バンドルクーポン合計GB 月額料金 備考
S 1 4 300
M 2 5 600
L 3 6 900

IIJモバイルは、バンドルクーポン残量がなくなると、上り下り最大256kbpsに通信速度制限される。クーポン追加で3日間で366メガバイトの通信量制限の対象外となるため、1日で2ギガバイトの通信を行っても規制対象にならない。ただし、KDDI回線は直近3日間(当日を含まず)に3GB以上の利用時の終日速度制限が行われる場合がある。

IIJモバイルサービス/タイプDは、NTTドコモLTE(Xi)とFOMAハイスピードとの、最大速度下り225Mbps/上り50Mbpsのサービスである。音声プランのみNTTドコモのWORLD WINGのエリアにおいて音声通話・テレビ電話・SMS国際ローミングが利用できる。

IIJモバイル/タイプD 料金(税抜)円
プラン バンドルクーポンGB 月額料金 音声通話 ビジネスコール SMS送信 備考 最低利用期間
国内へ 海外へ 海外で
定額プランL 7 5,500 - - 2年
三段階定額プランL 7 500~5,700
定額
プラン
ライト
音声 3 1,600 20
/30秒
10
/30秒
3~
30
/回
50~
500
/回
100
/回
1年
SMS 3 1,040 - - 1ヵ月
3 900 -
いちねん 3 10,000
/年

IIJモバイルサービス/タイプKは、KDDIau 4G LTEの、最大速度下り150Mbps/上り25Mbpsのサービスである。

IIJモバイル/タイプK 料金(税抜)円
プラン バンドルクーポンGB 月額料金 音声通話 SMS送信 備考 最低利用期間
国内へ 海外へ 海外で
定額プランL 7 5,500 - - 2年
定額
プラン
ライト
3 900 - 3
/回
100
/回
- 1ヵ月
いちねん 3 10,000
/年
- -

IIJモバイル/タイプEは、Y!mobileのエリアで最大速度下り7.2Mbps/上り5.7Mbpsが利用可能である。定額2年が月4,600円(税抜)である。エリアはタイプD・Kより劣る。新規加入停止である。

上記のサービスのほかに固定IPアドレスを割り当てる、IIJモバイルサービス/タイプDSとタイプKSといったものがあり、モバイルルータを利用してVPNなどを構築することができる。

2013年3月3日現在、端末はモバイルWi-FiルーターUSB接続型(タイプD E)、ExpressCard型(タイプDのみ)、CFカード型(タイプEのみ)、PCカード型(タイプD E)の4種類が用意されている。[5]

2012年4月1日より、ドコモ網を利用したWILLCOM CORE 3Gサービス(新規受付は、2010年9月30日を以って終了済み)は、当社が継承してサービスを提供する。[6]ただし、サポート部門は、Y!mobileへ委託する形となる。

IIJmio[編集]

IIJmioは、個人向け通信サービスである。

IIJmioひかり[編集]

IIJmioひかりは、NTT東日本NTT西日本光回線サービスの卸売を利用したISPである。

ファミリータイプ4,960円(税抜)/月、マンションタイプ3,960(税抜)/月である。IIJmio高速モバイル/Dサービスとのmio割 -600円(税抜)/月がある。

番号ポータビリティに対応したIP電話のIIJmioひかり電話がある。

IIJmio高速モバイル/Dサービス[編集]

IIJmio高速モバイル/Dサービスは、NTTドコモLTE(Xi)とFOMAハイスピードとの、最大速度下り225Mbps/上り50Mbpsの個人向け仮想移動体通信事業者(MVNO)である。音声プランのみNTTドコモのWORLD WINGのエリアにおいて音声通話・テレビ電話・SMS国際ローミングが利用できる。

数時間の通信不能時間で番号ポータビリティできる、おうちでナンバーポータビリティに対応している。

Android/iOSの専用アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」またはIIJmioホームページでのクーポンOFFで、上り下り最大200kbpsに通信速度制限される。また速度規制時でも75KB以下のバースト転送に対応しているため、一回の転送当たり75KB以下の通信であれば速度制限なく利用できる(200kbpsの制限を受けにくいものは、Twitterの更新やラジオ配信サービスのRadikoの視聴など)。IIJのメールサーバ、IIJmioのホームページ、IIJmioのMailViewer、IIJのDNSサーバは、クーポン非適用時でも下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsで利用出来る。クーポンONで3日間で366メガバイトの通信量制限の対象外となるため、1日で2ギガバイトの通信を行っても規制対象にならない[7][8]

IIJmio高速モバイル/Dサービス 料金(税抜)
プラン バンドルクーポンGB 月額料金 音声通話 みおふぉんダイアル通話 SMS送信 SIM 最低利用期間
ファミリー通話割引 ファミリー通話割引 国内へ 海外へ 海外で
免税
みおふぉん ミニマムスタートプラン 3 1,600 20
/30秒
16
/30秒
10
/30秒
8
/30秒
3~
30
/回
50~
500
/回
100
/回
1枚 1年
ライトスタートプラン 5 2,220
ファミリーシェアプラン 10 3,260 合計3枚まで
SMS機能付き ミニマムスタートプラン 3 1,040 - - - - - 1枚
ライトスタートプラン 5 1,660
ファミリーシェアプラン 10 2,700 合計3枚まで
データ通信専用 ミニマムスタートプラン 3 900 - 1枚
ライトスタートプラン 5 1,520
ファミリーシェアプラン 10 2,560 合計3枚まで
  • 初期費用 3,000円(税抜)。
  • SIMカード手数料(再発行・サイズ変更・交換)SIMカード1枚につき2,000円(税抜)
  • ファミリーシェアプランのSIMカード追加 - SIMカード1枚につき2,000円(税抜)
  • MNP転出1電話番号につき - 3,000円(税抜)
  • 追加クーポン - 200円(税抜)/100MB
  • クーポンカード - 500MB 1,500円(非課税)2GB 3,000円(非課税)有効期限はチャージした月から3ヵ月後の末日
  • 音声オプション
  • 遠隔操作 - 無料

個人向けISP[編集]

2016年4月1日、IIJmioにIIJ4Uを統合[9]し、一部機能の提供を終了する。

統合対象機能・サービス

  • 基本メールアドレス
  • メールボックスオプション(追加メールアドレス)
  • ウイルスプロテクション
  • フレッツ光接続オプション(ファミリー・マンションタイプ/ベーシックタイプ)
  • フレッツ・光プレミアム接続オプション
  • フレッツ・ADSL接続オプション
  • コミュファ光接続オプション

終了対象機能・サービス

個人向けのISPの草分けであるIIJ4Uは、料金体系がやや割高で、積極的な宣伝戦略もとっていないことから、一般ユーザー層での知名度は低い。会員数は数万人の規模とされる。2007年に子会社化したhi-hoは、かつては松下電器産業(現パナソニック)が運営していたコンシューマー向けプロバイダであったこともあり、一定の知名度と会員数を有する。会員数は約20万人とされる。

沿革[編集]

連結子会社[編集]

  • 株式会社IIJエンジニアリング(2014年10月1日より株式会社ネットケアから社名変更)
  • ネットチャート株式会社
  • 株式会社ハイホー
  • 株式会社IIJイノベーションインスティテュート
  • 株式会社トラストネットワークス
  • 株式会社IIJグローバルソリューションズ
  • IIJ America Inc.

持分法適用関連会社[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IIJ、第三者割当増資でNTTグループが筆頭株主に”. Internet Watch (2003年9月16日). 2013年9月24日閲覧。
  2. ^ 近年はISP事業者同士がインターネットエクスチェンジを介して広帯域で相互接続することが多くなり、1次・2次という識別をされることは稀である。
  3. ^ IIJが独自開発したルータSEILによりネットワークの設定・運用管理・保守を簡便に一元管理するサービスでネットワークの管理コストの大幅削減を可能にした。
  4. ^ Integration & Business Platform Service: データセンター(ハウジング)、ネットワーク(スイッチ、ロードバランサ、インターネット接続)、ストレージ、サーバ筐体、監視運用を、アセット・レスの月額課金で提供するサービス。
  5. ^ IIJモバイル | 端末情報
  6. ^ “ドコモ3G MVNOサービスの承継完了について” (プレスリリース), willcom, (2012年4月1日), http://www.ymobile.jp/info/old/willcom/2012/12040104.html 2015年11月18日閲覧。 
  7. ^ 「通信キャリアの新料金プランとガチで比較してほしい」――クーポン増量で攻めるIIJ (2/2)
  8. ^ IIJがアピール「ドコモだからといってどこでも同じではない」
  9. ^ “IIJ4UサービスのIIJmioサービスへの統合及び一部機能の提供終了について” (プレスリリース), インターネットイニシアティブ, (2015年7月9日), https://www.iij4u.or.jp/info/iij/20150709-1.html 2015年10月26日閲覧。 
  10. ^ “IIJ、中小企業向け新ブランド「LaIT(ライト)」を開始” (プレスリリース), IIJ, (2009年7月1日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2009/0701-2.html 2015年11月26日閲覧。 
  11. ^ “IIJ、NTTドコモとレイヤー2で接続開始” (プレスリリース), IIJ, (2009年11月11日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2009/1111.html 2015年11月26日閲覧。 
  12. ^ “連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (プレスリリース), IIJ, (2010年2月4日), http://www.iij.ad.jp/ir/news/2010/pdf/IIJAbsorb_IIJTech_J.pdf 2015年11月26日閲覧。 
  13. ^ “IIJ、「IIJ GIOストレージサービス」を発表” (プレスリリース), IIJ, (2010-6-284), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2010/0628.html 2015年11月26日閲覧。 
  14. ^ “株式会社IIJグローバルソリューションズ事業開始に関するお知らせ” (プレスリリース), IIJ, (2010年9月1日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2010/0901.html 2015年11月26日閲覧。 
  15. ^ “IIJ、「三鷹データセンター」を開設” (プレスリリース), IIJ, (2011年9月16日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2011/0916.html 2015年11月26日閲覧。 
  16. ^ “IIJ、ISPやSaaS事業者向けに、インフラのOEM提供を開始” (プレスリリース), IIJ, (2011年12月19日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2011/1219.html 2015年11月26日閲覧。 
  17. ^ “IIJ、個人向けサービス「IIJmio」において、LTE対応の接続サービスを提供開始” (プレスリリース), IIJ, (2012年2月15日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2012/0215.html 2015年11月26日閲覧。 
  18. ^ “エクスレイヤ・グローバルの子会社化について” (プレスリリース), IIJ, (2012年4月2日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2012/0402.html 2015年11月26日閲覧。 
  19. ^ “IIJ、「コンテナ型データセンターモジュール」に関する特許権を取得” (プレスリリース), IIJ, (2012年9月11日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2012/0911.html 2015年11月26日閲覧。 
  20. ^ “IIJグループ、中国国内でクラウドサービスの提供を開始” (プレスリリース), IIJ, (2012年9月11日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2013/0121.html 2015年11月26日閲覧。 
  21. ^ “代表取締役の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), IIJ, (2013年3月28日), http://www.iij.ad.jp/ir/news/2013/pdf/rd_0328J.pdf 2015年11月26日閲覧。 
  22. ^ “連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (プレスリリース), IIJ, (2013年11月7日), http://www.iij.ad.jp/ir/news/2013/pdf/20131107_J.pdf 2015年11月26日閲覧。 
  23. ^ “株式会社アピアリーズへの出資について” (プレスリリース), IIJ, (2014年3月17日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2014/0317.html 2015年11月26日閲覧。 
  24. ^ “株式会社竜巧社ネットウエアの子会社化について” (プレスリリース), IIJ, (2014年12月1日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2014/1201-2.html 2015年11月26日閲覧。 
  25. ^ “IIJ、個人向けブロードバンドサービス「IIJmioひかり」を提供開始” (プレスリリース), IIJ, (2015年2月5日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/0205.html 2015年11月26日閲覧。 
  26. ^ “IIJ、個人向けMVNOサービスのMNP転入時に発生する不通期間を解消する「おうちでナンバーポータビリティ」を開始” (プレスリリース), IIJ, (2015年9月9日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/0909.html 2015年11月26日閲覧。 
  27. ^ “IIJ、世界初のハイレゾ音源によるライブ・ストリーミングサービス「PrimeSeat」を提供開始” (プレスリリース), IIJ, (2015年12月21日), http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/1221.html 2016年4月30日閲覧。