この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

新語・流行語大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新語・流行語大賞(しんご・りゅうこうごたいしょう)は、自由国民社がその年1年間に発生した「ことば」のなかから、世相を軽妙に映し、多くの人々の話題に上った新語流行語を選び、その「ことば」に関わった人物、団体を顕彰するとされているである。2004年平成16年)より、ユーキャン新語・流行語大賞(ユーキャンしんご・りゅうこうごたいしょう)に改称している。

概要

1984年昭和59年)に創始された。毎年12月1日に発表される。なお、同日が土曜日・日曜日の場合は次の平日に発表となる。

候補となる言葉は『現代用語の基礎知識』(自由国民社・刊)の読者アンケートの結果から編集部によって選出された50語が候補としてノミネートされ、その中から新語・流行語大賞選考委員会(選考委員7名)によってトップテンと年間大賞が選定される。

創始当初は、新語部門と流行語部門に分かれて、それぞれ金賞を筆頭として各賞が選ばれていたが、8回目の1991年(平成3年)からは年間大賞が設けられ、11回目の1994年(平成6年)からは両部門を合わせて選定されるようになった。

2003年(平成15年)には株式会社ユーキャンと提携し、翌2004年(平成16年)より現代用語の基礎知識選「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称された。受賞式典の司会には元TBSアナウンサーの生島ヒロシが担当する。

日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」、第一生命の「サラリーマン川柳」、住友生命の「創作四字熟語」、東洋大学の「現代学生百人一首」と並んで、現代の世相を反映する一つの指標として取り上げられている。

歴代の受賞語

受賞者の役職は当時のもの。

年間大賞選定以前

1984年(昭和59年)から1990年(平成2年)までの受賞者一覧[1]

年度 部門 金賞 受賞者
1 1984年 新語 オシンドローム ジェーン・コンドン(『タイム』フリー記者)
流行語 まるきん まるび 渡辺和博(イラストレーター)
2 1985年 新語 分衆 近藤道生博報堂生活総合研究所社長)
流行語 イッキ!イッキ! 慶應義塾大学体育会
3 1986年 新語 究極 雁屋哲漫画原作者
流行語 新人類 清原和博工藤公康渡辺久信(いずれも西武ライオンズ
4 1987年 新語 マルサ 伊丹十三宮本信子
流行語 懲りない○○ 安部譲二小説家
5 1988年 新語 ペレストロイカ ソロビエフ・ニコラエビッチ(駐日ソビエト連邦特命全権大使
流行語 今宵はここまでに(いたしとうござりまする) 若尾文子
6 1989年 新語 セクシャルハラスメント 河本和子弁護士
流行語 オバタリアン 堀田かつひこ土井たか子
7 1990年 新語 ファジィ 三上遵太郎松下電器産業電化研究所所長)
流行語 ちびまる子ちゃん(現象) トーマス・リード(『ワシントン・ポスト』東京支局記者)

金賞以外の各賞

年度 部門 受賞語 受賞者
1 1984年 新語 銀賞 鈴虫発言 中曽根康弘(内閣総理大臣)
銅賞 スキゾ・パラノ 浅田彰京都大学助手)
特別賞 特殊浴場 イルハン・オウストルコ大使館参事官)
流行語 銀賞 くれない族 TBS金曜ドラマ『くれない族の反乱』スタッフ
銅賞 疑惑 週刊文春』編集部
特別賞 千円パック 森永製菓
大衆賞 す・ご・い・で・す・ネッ 所ジョージ
教官! 堀ちえみ
2 1985年 新語 銀賞 パフォーマンス 石橋政嗣日本社会党委員長)
銅賞 NTT 真藤恒日本電信電話社長)
表現賞 キャバクラ 新富宏レジャラース社長)
言語戦略 鈴木孝夫慶應義塾大学教授)
ネバカ 諸井薫(エッセイスト)
流行語 銀賞 トラキチ 松林豊阪神タイガース私設応援団長)
銅賞 角抜き 山岸一平日本経済新聞政治部部長)
大衆賞 私はコレで会社をやめました 三好重恭アルマン代表取締役)
投げたらアカン 鈴木啓示(NHK野球解説者・元近鉄バファローズ投手)
特別賞 100ドルショッピング 中曽根康弘(内閣総理大臣)
特別語録賞 愛しているからチラいのよ 生島治郎夫妻(作家)
特別功労賞 テレビ番組『ひょうきん族』から
発する各種流行語
横澤彪フジテレビジョン編成局第2制作部)
3 1986年 新語 銀賞 激辛 鈴木昭(神田淡平店主)
銅賞 ファミコン 山内溥任天堂社長)
表現賞 川の手 山崎榮治郎墨田区長)
家庭内離婚 林郁(作家)
アークヒルズ 森泰吉郎森ビル社長)
流行語 銀賞 知的水準 マイケル・サラモンロイター通信社支局長)
銅賞 亭主元気で留守がいい 上山英介大日本除虫菊社長)
大衆賞 おニャン子 おニャン子クラブ
プッツン 片岡鶴太郎
特別賞 やるしかない 土井たか子日本社会党中央執行委員長)
150円台 加藤隆一東海銀行頭取)
語録賞 バクハツだ!
なんだかわからない
岡本太郎
不快語追放応援賞 地揚げ・底地買い 馬渕晴子
4 1987年 新語 銀賞 JR 杉浦喬也日本国有鉄道清算事業団理事長)
銅賞 第二電電 森山信吾(第二電電社長)
表現賞 サラダ記念日 俵万智
朝シャン
(モーニング・シャンプー
資生堂商事セールス商品事業部
ノリサメ 高田純次兵藤ゆき
流行語 銀賞 なんぎやなぁ 辛坊治郎森たけし
銅賞 ゴクミ 後藤久美子
大衆賞 マンガ日本経済入門 石ノ森章太郎
ワンフィンガー ツーフィンガー 村松友視
サンキューセット 藤田田日本マクドナルド社長)
特別賞 特別功労賞 “国際”国家 中曽根康弘
特別賞 鉄人 衣笠祥雄広島東洋カープ選手)
5 1988年 新語 銀賞 ハナモク 松屋
銅賞 トマト銀行 吉田憲治山陽相互銀行社長)
表現賞 遠赤(効果) 遠赤外線国際研究会
カイワレ族 村崎芙蓉子
流行語 銀賞 ドライ戦争 樋口廣太郎朝日麦酒社長)
銅賞 シーマ(現象) 久米豊日産自動車社長)
大衆賞 アグネス論争 アグネス・チャン
5時から(男) 高田純次
しょうゆ顔・ソース顔 東山紀之錦織一清
特別賞 特別功労賞 一村一品/ヒューマン・ブランド 平松守彦大分県知事
人語一体傑作賞 ユンケルンバ ガンバルンバ 森田一義
報道傑作賞 ふつうは“汚職”と申します 山本泰夫藤田実産経新聞記者)
6 1989年 新語 銀賞 Hanako 木滑良久マガジンハウス社長)
銅賞 DODA/デューダ(する) 井上美悠紀学生援護会社長)
表現賞 まじめ×ゆかい 八木靖浩川崎製鉄社長)
濡れ落葉 樋口恵子
流行語 銀賞 ケジメ 久米宏(テレビ朝日『ニュースステーション』キャスター)
銅賞 24時間タタカエマスカ 時任三郎
大衆賞 イカ天 三宅裕司(TBS『三宅裕司のいかすバンド天国』司会)
こんなん出ましたけど〜 泉アツノ
特別 特別賞 『壁』解放 シュミット・マンフレット(在日ドイツ民主共和国大使館大使)
平成 平成元年1月8日午前0時0分10秒生まれの男児
「NO」と言える日本 石原慎太郎
7 1990年 新語 銀賞 ブッシュ”ホン 岡崎守恭日本経済新聞社政治部)
銅賞 オヤジギャル 中尊寺ゆつこ
表現賞 アッシーくん 自称「アッシーくん」たち
流行語 銀賞 バブル経済 該当者なし
銅賞 一番搾り 本山英世麒麟麦酒社長)
パスポートサイズ 出井伸之ソニー取締役)、浅野温子
大衆賞 愛される理由 二谷友里恵
特別 人語一体/語録賞 昭和生まれの明治男 村田兆治(元ロッテオリオンズ)夫妻
年間多発語句賞 気象観測史上(はじめての…) テレビ各局のお天気キャスター
特別賞 スペシャルゲスト ラシード・ムハンマド・サイード・アッ=リファーイー(在日イラク大使)

年間大賞選定以後

1991年(平成3年)以降の受賞者一覧[1]

年度 年間大賞 受賞者
8 1991年 …じゃあ〜りませんか チャーリー浜
9 1992年 「うれしいような、かなしいような」
「はだかのおつきあい」
きんさんぎんさん
10 1993年 Jリーグ 川淵三郎
11 1994年 すったもんだがありました 宮沢りえ
イチロー(効果) イチローオリックス・ブルーウェーブ
同情するならカネをくれ 安達祐実
12 1995年 無党派 青島幸男東京都知事
NOMO 野茂英雄ロサンゼルス・ドジャース
がんばろうKOBE 仰木彬(オリックス・ブルーウェーブ監督)
13 1996年 自分で自分をほめたい 有森裕子(マラソン選手)
友愛 / 排除の論理 鳩山由紀夫民主党代表
メークドラマ 長嶋茂雄読売ジャイアンツ監督)
14 1997年 失楽園(する) 渡辺淳一黒木瞳
15 1998年 ハマの大魔神 佐々木主浩横浜ベイスターズ
凡人・軍人・変人 田中真紀子衆議院議員
だっちゅーの パイレーツ(お笑いコンビ)
16 1999年 ブッチホン 小渕恵三内閣総理大臣
リベンジ 松坂大輔西武ライオンズ
雑草魂 上原浩治読売ジャイアンツ
17 2000年 おっはー 慎吾ママ
IT革命 木下斉(商店街ネットワーク社長・
早稲田大学高等学院三年)
18 2001年 「小泉語録」
米百俵聖域なき構造改革
恐れず怯まず捉われず・骨太の方針
ワイドショー内閣・改革の「痛み」)
小泉純一郎(内閣総理大臣)
19 2002年 タマちゃん 佐々木裕司(川崎市民)、
黒住祐子フジテレビレポーター
W杯中津江村 坂本休(中津江村・村長)
20 2003年 毒まんじゅう 野中広務(元衆議院議員
なんでだろ〜 テツandトモ(お笑いグループ)
マニフェスト 北川正恭早稲田大学教授)
21 2004年 チョー気持ちいい 北島康介(水泳選手)
22 2005年 小泉劇場 武部勤自由民主党幹事長)ほか
想定内(外) 堀江貴文ライブドア社長)
23 2006年 イナバウアー 荒川静香(プロスケーター)
品格 藤原正彦数学者
24 2007年 宮崎を)どげんかせんといかん 東国原英夫宮崎県知事)
ハニカミ王子 石川遼(ゴルファー)
25 2008年 グ〜![2] エド・はるみ
アラフォー[2] 天海祐希
26 2009年 政権交代[3] 鳩山由紀夫内閣総理大臣
27 2010年 ゲゲゲの〜[4] 武良布枝(『ゲゲゲの女房』作者)
28 2011年 なでしこジャパン[5] 小倉純二日本サッカー協会会長)
代理:上田栄治(日本サッカー協会女子委員会委員長)
29 2012年 ワイルドだろぉ[6] スギちゃん
30 2013年 今でしょ![7] 林修東進ハイスクール東進衛星予備校講師)
お・も・て・な・し[7] 滝川クリステル
じぇじぇじぇ[7] 宮藤官九郎能年玲奈
倍返し[7] 堺雅人TBS半沢直樹』チーム
31 2014年 ダメよ〜ダメダメ[8] 日本エレキテル連合(中野聡子、橋本小雪)
集団的自衛権[8] 受賞者辞退(受賞者が誰だったのかは明かされていない)
32 2015年 爆買い[9] 羅怡文ラオックス代表取締役社長)
トリプルスリー[9] 柳田悠岐福岡ソフトバンクホークス
山田哲人東京ヤクルトスワローズ
33 2016年 神ってる[10] 緒方孝市広島東洋カープ監督)
鈴木誠也(広島東洋カープ外野手)

年間大賞以外の各賞

年度 部門 受賞語 受賞者
8 1991年 新語 金賞 火砕流 花田簡輔ほか(気象庁雲仙岳測候所)
銀賞 ひとめぼれ 伊藤亘
銅賞 八月革命 該当者なし
表現 金賞 川崎劇場 金田正一(元ロッテオリオンズ監督)
銀賞 地球にやさしい 田代忠之講談社学芸局局長)
紺ブレ 自称紺ブレ着こなし自慢代表
流行語 金賞 花田憲子
銀賞 重大な決意 石破茂簗瀬進今津寛佐藤謙一郎
銅賞 損失補填 武井共夫全国証券問題研究会
大衆 金賞 僕は死にましぇ〜ん 武田鉄矢
銀賞 ダダーン ボヨヨン ボヨヨン 松浦義二ピップフジモト代表取締役社長)
銅賞 ダンス甲子園 日本テレビ『天才・たけしの元気が出るテレビ!!
特別 特別賞 チャネリング 大川隆法幸福の科学総裁)
連鎖語賞 雅美さん、雅子さん、たぬき顔 梨元勝
9 1992年 新語 金賞 ほめ殺し 小林泰一郎(『サンデー毎日』編集部員)
銀賞 カード破産 宇都宮健児(弁護士)
銅賞 もつ鍋 井上修一(もつ鍋「元気」主人)
表現 金賞 複合不況 宮崎義一(『複合不況』著者)
銀賞 9K 江尻尚子
銅賞 謝長悔長 浦上由子(主婦)
流行語 金賞 冬彦さん 佐野史郎野際陽子
銀賞 ねェ、チューして 唐沢寿明
銅賞 上申書 小林正(建設会社社長)
大衆語 金賞 宇宙授業 毛利衛(宇宙飛行士)
銀賞 歌手の小金沢クン 小金沢昇司
銅賞 ツイン・ピークス ツインピークス・ファンクラブ
特別語 特別賞 Time for Change アメリカ合衆国大使館
10 1993年 新語 金賞 サポーター 設楽りさ子
銀賞 新・○○ 坂本一生
銅賞 FA(フリーエージェント) 落合博満(野球選手)
流行語 金賞 規制緩和 青木定雄MKタクシー会長)
銀賞 清貧 中野孝次(作家)
銅賞 天の声 対象者が拘留中のため保留
大衆語 金賞 親分 大沢啓二日本ハムファイターズ監督)
銀賞 聞いてないよォ ダチョウ倶楽部
銅賞 お立ち台 古宇田敬子、小川敬子(お立ち台ギャルNo.1)
表現 金賞 2500円スーツ 洋服の青山東京銀座店
銀賞 ウゴウゴルーガ 田嶋秀任小出由華
銅賞 たま・ひよ(族) 綿引出、森久美子(たま・ひよママ代表)
特別賞 年間傑作語録賞 悪妻は夫をのばす 落合信子(落合博満夫人)

トップテン選出後

年度 受賞語 受賞者
11 1994年 トップテン 価格破壊 中内功ダイエーグループ)
ヤンママ 田村恵子(笠倉出版社
新・新党 小沢一郎
大往生 永六輔
人にやさしい政治 保留(村山富市だが内容が不明確のため)
契約スチュワーデス 表彰者なし(各航空会社辞退のため)
関空(かんくう) 服部経治(関西国際空港社長)
審査員特選造語賞 ゴーマニズム 小林よしのり
就職氷河期 長薗安浩(元就職ジャーナル編集長)
12 1995年 トップテン ライフライン 栗田裕夫セブン-イレブン社長)
安全神話 佐々淳行(元内閣安全保障室長)
だ・よ・ね(DA・YO・NE)
ま、いっか(MAICCA)
EAST END×YURI
変わらなきゃ 辻義文日産自動車社長)
官官接待 井上善雄全国市民オンブズマン連絡会議代表)
見た目で選んで何が悪いの! 瀬戸朝香
インターネット 村井純(慶応義塾大学教授)
13 1996年 トップテン 援助交際 黒沼克史(ルポライター)
ルーズソックス 鴇田章ブロンドール社長)
チョベリバ チョベリグ (最初に言い出した人物を調査中)
閉塞感(打開) 比嘉憲司、中村清子(沖縄県民大会で在日米軍問題に
ついて述べた高校生)
アムラー 正統「アムラー」を自称する皆さん
ガンと闘うな(がんもどき理論) 近藤誠慶応義塾大学医学部講師)
不作為責任 川田龍平東京HIV訴訟原告)
14 1997年 トップテン たまごっち 真板亜紀バンダイ玩具第一事業部)
時のアセス 堀達也北海道知事
ガーデニング 八木波奈子(『私の部屋ビズ』編集長)
日本版ビッグバン 松井道夫松井証券社長)
透明な存在 田島一昌(『FOCUS』編集長)
もののけ(姫) 宮崎駿
パパラッチ 省略
マイブーム みうらじゅん
郵政3事業 小泉純一郎(厚生大臣)
15 1998年 トップテン 環境ホルモン 井口泰泉横浜市立大学理学部教授)
貸し渋り 保留(該当者を名乗り出る関係者が皆無のため)
老人力 赤瀬川原平
ショムニ 安田弘之
モラル・ハザード 中坊公平住宅金融債権管理機構社長)
冷めたピザ ジョン・ニューファー三井海上基礎研究所
日本列島総不況 堺屋太一経済企画庁長官)
特別賞 スマイリング・コミュニスト 不破哲三(共産党中央委員長)
ボキャ貧 小渕恵三(内閣総理大臣)
16 1999年 トップテン 学校(級)崩壊 河上亮一プロ教師の会〈埼玉教育塾〉主宰)
カリスマ 中根麗子ほか(ファッションショップ「Egoist」店員)
ミッチー・サッチー 浅香光代
西暦2000年問題 井谷厚東急ハンズ新宿店)
だんご3兄弟 古屋光昭ほか(NHK「おかあさんといっしょ」)
癒し 西口勇和歌山県知事
iモード 立川敬二NTT移動通信網代表取締役)
17 2000年 トップテン Qちゃん 高橋尚子マラソン金メダリスト)、小出義雄積水化学女子マラソン部監督)
ジコチュー(ジコ虫) 寺尾睦男公共広告機構理事長)
一七歳 受賞者なし
パラパラ 紅田昇(神楽坂ツインスター支配人)
めっちゃ悔し〜い 田島寧子水泳銀メダリスト
ワタシ(私)的には… 飯島愛
「官」対「民」 福田昭夫栃木県知事
特別賞 最高で金 最低でも金 田村亮子柔道金メダリスト
18 2001年 トップテン 明日があるさ Re:Japan
e-ポリティックス 天野外支子(市民団体代表)
狂牛病 一瀬邦夫ペッパーフードサービス代表)
塩爺(しおじい) 塩川正十郎(財務大臣)
ショー・ザ・フラッグ 該当者なし
生物兵器(BC兵器) 常石敬一神奈川大学教授)
抵抗勢力 受賞者なし(候補者が全員辞退のため)
ドメスティック・バイオレンス(DV) DV調査研究会(代表・吉浜美恵子
ブロードバンド 孫正義ソフトバンク代表)
ヤだねったら、ヤだね 氷川きよし
語録賞 人間て、なかなか死なないもんだ 武智三繁(長崎県の漁船船長)
ファンの皆さま本当に日本一、
おめでとうございます
若松勉ヤクルトスワローズ監督)
19 2002年 トップテン 貸し剥がし 保留(当事者が特定不能のため)
声に出して読みたい日本語 齋藤孝明治大学文学部助教授)
真珠夫人 鶴啓二郎東海テレビ放送プロデューサー)
ダブル受賞 小柴昌俊田中耕一
内部告発 串岡弘昭(『ホイッスルブローアー=内部告発者』の著者)
ベッカム様 藤本信一郎ウェスティンホテル淡路総支配人)
ムネオハウス 佐々木憲昭(共産党衆院議員)
拉致 なし
特別賞 Godzilla 松井秀喜読売ジャイアンツ・プロ野球選手)
20 2003年 トップテン 勝ちたいんや! 星野仙一(前阪神タイガース監督)
コメ泥棒 該当者なし
SARS 該当者なし
年収300万円 森永卓郎UFJ総合研究所経済・社会政策部長)
バカの壁 養老孟司東京大学名誉教授・解剖学者)
ビフォーアフター 加藤みどり(番組ナレーター)
へぇ〜 高橋克実八嶋智人
21 2004年 トップテン 気合だー! アニマル浜口
サプライズ 武部勤(自由民主党幹事長)
自己責任 該当者なし
新規参入 堀江貴文ライブドア社長)
セカチュー 片山恭一
中二階 山本一太(参議院議員)
…って言うじゃない…
○○斬り!
…残念!!
波田陽区
負け犬 酒井順子
冬ソナ 萩原聖人田中美里
22 2005年 トップテン クールビズ 小池百合子(環境大臣)
刺客 該当者なし
ちょいモテオヤジ 岸田一郎(『LEON』編集長)
フォーー! レイザーラモンHG
富裕層 田中嘉一すみしんウェルスパートナーズ社長)
ブログ カズマ(「鬼嫁日記」のブロガー)
ボビーマジック サブロー今江敏晃千葉ロッテマリーンズ
萌え〜 完全メイド宣言秋葉原のメイドさんグループ)
23 2006年 トップテン エロカッコイイ(エロカワイイ) 倖田來未
格差社会 山田昌弘東京学芸大学教授)
シンジラレナ〜イ トレイ・ヒルマン北海道日本ハムファイターズ監督)
たらこ・たらこ・たらこ キグルミ(小学生ユニット)
脳トレ 川島隆太東北大学教授)
ハンカチ王子 斎藤佑樹早稲田実業学校高等部野球部員)
ミクシィ 笠原健治ミクシィ社長)
メタボリックシンドローム(メタボ) 日本内科学会
24 2007年 トップテン (消えた)年金 舛添要一(厚生労働大臣)
そんなの関係ねぇ 小島よしお
どんだけぇ〜 IKKO(メイクアップアーティスト)
鈍感力 渡辺淳一
食品偽装 受賞者なし
ネットカフェ難民 川崎昌平(『ネットカフェ難民』著者)
大食い ギャル曽根
猛暑日 瀧沢寧和(熊谷市直実商店会会長)
25 2008年 トップテン 居酒屋タクシー 長妻昭(衆議院議員)
名ばかり管理職 高野広志(日本マクドナルド店長)
埋蔵金 中川秀直(元自由民主党幹事長)
蟹工船 長谷川仁美(ブックエキスプレス ディラ上野店店員)
ゲリラ豪雨 石橋博良ウェザーニューズ代表取締役)
後期高齢者 山崎英也(マスターズ陸上選手)
あなたとは違うんです 受賞候補者(福田康夫)辞退のため、受賞者なし
審査員特別賞 上野の413球 上野由岐子(ソフトボール選手)
26 2009年 トップテン こども店長 加藤清史郎
事業仕分け 行政刷新会議と(蓮舫率いる)事業仕分け作業チーム
新型インフルエンザ 木村盛世(厚生労働医系技官)
草食男子 小池徹平深澤真紀
脱官僚 渡辺喜美(衆議院議員)
派遣切り 関根秀一郎派遣ユニオン書記長)
ファストファッション 益若つばさ
ぼやき 野村克也(元東北楽天ゴールデンイーグルス監督)
歴女(レキジョ)
27 2010年 トップテン いい質問ですねぇ 池上彰
イクメン つるの剛士
AKB48 AKB48
女子会 大神輝博モンテローザ社長)
小沢 受賞者(菅直人)辞退
食べるラー油 小出孝之桃屋社長)
ととのいました Wコロン
〜なう 梅崎健理(スーパー高校生)
無縁社会 NHK「無縁社会」制作チーム
特別賞 何か持っていると言われ続けてきました。
今日何を持っているのか確信しました…
それは仲間です。
斎藤佑樹(早稲田大学野球部主将)
28 2011年 トップテン なし
(今活動しているボランティアを含め日本国民、
そして海外から日本を応援くださったすべてのみなさま)
スマホ AND market 霞が関
西川征一(NECモバイリングマーケティング戦略本部 セールス事業推進本部マネージャー)
どじょう内閣 野田佳彦(内閣総理大臣)
どや顔 受賞者辞退
帰宅難民 東日本大震災で帰宅難民となった約500万人の皆様、
代表して帰宅難民のお一人・小川さん
こだまでしょうか ACジャパン
尾形敏朗(ACジャパン事務局次長・クリエイティブディレクター)
3.11 枝野幸男(経済産業大臣、当時の内閣官房長官)
風評被害 受賞者なし
ラブ注入 楽しんご
29 2012年 トップテン iPS細胞 山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長)
維新 橋下徹日本維新の会代表代行)
LCC Peach Aviation
エアアジア・ジャパン[11]
ジェットスター・ジャパン
終活 週刊朝日』編集部
金子哲雄(流通ジャーナリスト)
第3極 第3極のみなさま
(表彰式出席:福島瑞穂社民党〉、渡辺喜美〈みんなの党〉、
亀井亜紀子みどりの風〉)
近いうちに… 野田佳彦(内閣総理大臣)
手ぶらで帰らせるわけにはいかない 松田丈志ロンドン五輪競泳日本代表、コスモス薬品所属)
東京ソラマチ 東武タウンソラマチ
爆弾低気圧 ウェザーニューズ
30 2013年 トップテン アベノミクス 安倍晋三(内閣総理大臣)
ご当地キャラ くまモン熊本県PRマスコットキャラクター、営業部長)
特定秘密保護法 西山太吉(ジャーナリスト)
PM2.5 日本気象協会
ブラック企業 今野晴貴ブラック企業対策プロジェクト共同代表、POSSE代表)
ヘイトスピーチ 五野井郁夫国際政治学者
選考委員特別賞 被災地が、東北が、日本がひとつになった
楽天、日本一をありがとう
東北楽天ゴールデンイーグルス
31 2014年 トップテン ありのままで ディズニーアナと雪の女王』チーム
カープ女子 石田敦子(漫画『球場ラヴァーズ』作者)
大井智保子、古田ちさこ、天野恵(カープ女子 神3 (スリー)
壁ドン 映画『L♥DK
危険ドラッグ 古屋圭司(衆議院議員・元国家公安委員長)
ごきげんよう 美輪明宏(歌手・俳優)
マタハラ 杉浦浩美(立教大学 社会福祉研究所 特任研究員)
妖怪ウォッチ 日野晃博レベルファイブ社長、『妖怪ウォッチ』クリエイティブプロデューサー/企画・シナリオ原案)
レジェンド 葛西紀明土屋ホームスキー部)
青木功(プロゴルファー)
山本昌広中日ドラゴンズ投手)
32 2015年 トップテン アベ政治を許さない 澤地久枝(作家)
安心して下さい、穿いてますよ。 とにかく明るい安村(お笑い芸人)
一億総活躍社会 安倍晋三内閣総理大臣
エンブレム 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
五郎丸(ポーズ) 五郎丸歩ラグビー日本代表ヤマハ発動機ジュビロ
SEALDs 奥田愛基(SEALDsメンバー)
ドローン 野波健蔵千葉大学大学院工学研究科・工学部 特別教授)
まいにち、修造! 松岡修造(元プロテニスプレーヤー)
32 2016年 トップテン 聖地巡礼 ディップ株式会社
トランプ現象 受賞者なし
ゲス不倫 『週刊文春』編集部
マイナス金利 日本銀行
盛り土 受賞者辞退
保育園落ちた日本死ね 山尾志桜里(衆議院議員)
ポケモンGO 株式会社ナイアンティック、株式会社ポケモン
(僕の)アモーレ 長友佑都サッカー日本代表セリエAインテルナツィオナーレ・ミラノ所属)
PPAP ピコ太郎(シンガーソングライター)
選考委員特別賞 復興城主 熊本市

選考委員

現在

過去

  • 鳥越俊太郎(ジャーナリスト)※都知事選に出馬したため自ら辞任

選定をめぐる問題

批判

流行語大賞は、その年に流行った言葉などから選ばれるが、世間を騒がせた事件・事故などの事案や著名人の不祥事・スキャンダルに絡んだ言葉が選ばれることもあり、マイナス面で流行った言葉を選定・受賞対象にすることは不適切であるとする批判が在る(後述の例のように、除外される場合も多い)。

また、最初の審査会が10月に行われる関係上、その年の11月〜12月に流行した言葉はノミネートされることが不可能となっている(2015年時点)[12]。例えば、公表とほぼ同時期に流行した2011年の「家政婦のミタ[12]、2016年の「逃げるは恥だが役に立つ」(略称「逃げ恥」)などは登場していない。

2016年12月、選考委員の一人であるやくみつるは賞が世間とずれているのではと批判されている事を受けメディアの取材に応じたが「難しい専門用語が入っているわけでもありません。『ニュースぐらい見ろ』と言いたいですよ」と答えた。また来年以降、選考基準を見直すことも「まったくありません」と否定した[13]

候補の除外

一般的に流行した用語が賞の候補から削除される例として代表的なものを挙げる。

  • 1995年(平成7年)の「ポア」や「サティアン」「ああ言えば上祐」などがある。これらはオウム真理教関連用語であり、その年の『現代用語の基礎知識』の読者アンケートでも上位に入った。しかし「同教団関連用語の選出はオウムによるテロの容認につながる、また世論の厳しい非難をあびる」という理由により、同教団関連用語はすべて選考対象外となった[14]
  • 2012年(平成24年)の「ナマポ」(生活保護を意味する俗称)は、ノミネート候補に選ばれたが、その後生活保護受給者から差別や悪意の助長のおそれが指摘され、受賞は差別を肯定したという解釈につながると判断し、後に受賞対象外となった[15]

受賞者

2000年代後半頃からでは「流行語」を最初に広めた人物・団体が表彰されず、その言葉を象徴する(と判断された)人物・団体が表彰されるケースが多く見られるようになってきた。

  • 2001年(平成13年)トップテンの「抵抗勢力」(小泉内閣の改革に反対する自民党内勢力を指す言葉)では候補者が全員辞退した[16]
  • 2004年(平成16年)の「自己責任」(イラク人質事件の被害者に対して向けられた言葉)では、受賞に値する人々に配慮して「該当者なし」となった。
  • 2007年(平成19年)の「消えた年金」は、この問題を指摘した民主党長妻昭ではなく、年金の不備に責任がある立場の舛添要一厚生労働大臣)が受賞した。報道によると、長妻に授賞式出席の要請が来て、「その日は出られない」と答えたところ、いつの間にか対象者が舛添に変わっていたという。その舛添は授賞式では困惑した表情で終始うつむき加減だった[17][18][19]
  • 2008年(平成20年)の「あなたとは違うんです」は、対象者の福田康夫が辞退したため「該当者なし」となった。

政治的偏向に対する批判

2014年「集団的自衛権」「ダメよ〜ダメダメ」

2014年度の年間大賞に選ばれた「集団的自衛権」と「ダメよ〜ダメダメ」は「集団的自衛権(は)ダメよ〜ダメダメ」とつなげることで、集団的自衛権、ひいては安倍政権に反対する姿勢を示すという左派系で構成される選考委員たちの政治的な思惑が働いたのではないかとの疑念が一部メディアにより指摘され、同月に行われる衆議院選挙の直前の時期でもあったことから物議を醸した[20][21]

選考委員の一人のやくみつるは授賞式のあいさつで「審査は中立的な立場で行ったが、大賞となった2つの言葉が並ぶと一定の意味をなす。興味深い」[22]などと述べており、鳥越俊太郎も「特定秘密保護法から始まってアベノミクス、集団的自衛権、原発再稼働も、国民が反対しているにもかかわらず政府は少しずつ推し進めた。それに対して国民の気持ちを最もよく表すのが『ダメよ〜ダメダメ』」とコメントしている[23]

授賞式にて、大賞の「集団的自衛権」については「集団的自衛権という用語は30数年前の『現代用語の基礎知識』からすでに収録されており、ずっとそれは現憲法下では『違憲』だと紹介されてきた。それが今年、安倍政権の下でいきなり解釈を変更されて、限定容認だが、その行使が可能となったのだから、これは大事件だ」などと紹介され、同じく大賞の日本エレキテル連合の「ダメよ〜ダメダメ」の受賞理由コメントでも「『壊憲』と言われる7月の閣議決定。『ダメよ〜ダメダメ』と高まる声を前にして、『いいじゃ〜ないの〜』とするすると受け流して、気がついたら憲法が解釈だけで変更されてしまったのだが、この国では、争点をしっかり掲げて投票でハッキリさせようなんて決定方法がありえないんじゃないかと思えて、こりゃあ『号泣』もしたくなる。そんな日本の不条理な現実を、最高にシュールなコントで『大爆笑』に変えてくれたのが『細貝さんと朱美ちゃん』こと、今年一番の人気コンビ、日本エレキテル連合であった」と紹介された[24]

これに対して社民党福島瑞穂Twitterで「今年の流行語大賞に『ダメよ〜ダメダメ』『集団的自衛権』。これを合わせて『ダメよ〜ダメダメ、集団的自衛権』。どう考えてもダメです。ダメなものはダメ」とツイートし、民主党有田芳生も「(ニュース番組で新語・流行語大賞を報じた)NHK。この並べ方がサイコー!『集団的自衛権』『ダメよ〜ダメダメ』が大賞」などと書き込んだ。しかし、自民党佐藤正久は「一部のメディアや政治家が意図を持って、その2つの言葉を並べたり、くっつけた見出しを使うと思われ、特に選挙戦での利用の可能性も否定できない。その場合、エレキテル連合が『政治利用』されて気の毒だ。皆さん、どう思いますか?」とツイートし、流行語大賞の政治利用を批判した。ネットでも「左翼がやりたい放題で政治的な言葉を選んでいると、賞のイメージが悪くなる」などの苦言が相次いだ[20]

2015年「アベ政治を許さない」

2015年度の新語・流行語大賞では、ノミネートされた50語中15語が政治関連の言葉で占められていた。その中でも「自民党、感じ悪いよね」「とりま、廃案」「戦争法案」「アベ政治を許さない」「早く質問しろよ」「I am not ABE」「SEALDs」などの政治用語について、ネット上からは「流行」という位置づけにふさわしいのか疑問をもつ声や、政治色への強い傾向を指摘する声が相次いだ[25]。大賞事務局にも「政治関連が多い」などの意見が約10件寄せられたという[26]

トップテンには、選考委員長である鳥越俊太郎自身が参加した安保反対運動から生まれたスローガンである「アベ政治を許さない」が選定され、“身内びいき”“自画自賛”と受け止められかねない受賞結果となった。鳥越は選定理由について、「新語・流行語大賞は日本の社会の現実を映す鏡。日本の社会がトップ10の中から見えてくる。選考委員は、歪みのない現実を映す鏡を作ったつもりだ」と釈明した。しかし、鳥越は「『アベ政治を許さない!』国民の一斉行動デー」と題した平和安全法制抗議運動を呼びかけた一人であり、賞を主催している『現代用語の基礎知識2016』のインタビュー記事の中でも運動の経緯などを説明しつつ、安倍政権の対応を批判している。こうした鳥越の主張が選考にどう影響したのか、表彰式では説明されなかった。選考委員を務めるやくみつるは、「そりゃ選考委員のそれぞれには、日頃の政治的スタンスというものがある。しかし、流行語の選考はそれに立脚したものではない」と賞の私有化を否定した上で、「(選ばれた言葉が)己れの意にそぐわぬからといって、それに目クジラ立てているようじゃあ、自由主義国家の名が廃る。『アベ政治を許さない』にしたって、解釈を変えれば『アベ政治をゆるしてやってもよくね?』ともとれる。それくらいの遊び心がなくてどうするよ」と反論した。なお、選考委による「アベ政治を許さない」の紹介コメントでは、「このフレーズは、要求ではない、追求でもない、つぶやきだ。強要しないつぶやきが、これまでのイデオロギー対立では現れてこない層に共有された」と紹介され、表彰式に登場した反安保運動の中心人物である澤地久枝は「『アベ政治を許さない』(に関する活動)を毎月3日にやる。皆さんもご参加ください」などと報道陣に向かって呼びかけた[27]

ちなみに、2016年リクルートR25が行った新語・流行語大賞に関する調査で、全国の20~30代221人を対象に、過去5年(2011年~2016年)にトップテンに選ばれた50語のうち「あまりピンとこない」言葉は何かを尋ねたところ、『アベ政治を許さない』が2位にランクインした[28]

2016年「保育園落ちた日本死ね」

2016年は政治的な言葉のノミネートが少なくなり、東京都内の30代女性が待機児童問題についてブログに投稿した記事「保育園落ちた日本死ね」[29]が国政関係で唯一トップ10に入った[30]

このブログ記事は駒崎弘樹が投稿の2日後に取り上げ[31]民進党山尾志桜里衆院議員も国会で取り上げた[32][30]。授賞式には、日記を国会で取り上げた山尾議員が出席し「今は新語・流行語でも、早く『死語』にできるよう頑張りたい」と述べた[32][30]

ノミネート時点で、評論家の[石平 (評論家)|[石平]]はTwitterで「普通の日本人の間では、『日本死ね』のような言葉が流行った気配はないし、流行るはずもないのであろう、わざと流行らせたい人がいる」と断じ、トップ10受賞後も「『中国死ね』『韓国死ね』と叫べば確実にヘイトだと非難されるが、『日本死ね』は大丈夫だ。結局この日本で、日本に対するヘイトだけは、いつでも大手を振って罷り通るのだ」と批判した[33]。また、自身も保育園に落とされた経験を持つタレントつるの剛士も、Twitterで「きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。皆さんは如何ですか?」と呼びかけ、授賞式で山尾議員が笑みを浮かべていたことについても「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としてもとしても僕はとても悲しい気持ちになりました」と吐露した[34][35]

怒りの矛先は賞を主催しているユーキャンや選考委員にも向けられ、ユーキャンのTwitterアカウントには「お前ら、コトの重大さわかってるのか?」「日本死ねとか選んだことを謝罪すべき」「社会に及ぼす影響を考えたんですか?」「を愚弄する言葉。正気なんですか?きちんと答えて下さい」「日本人の心を深く傷つけたのわからないのか?」といった批判コメントが相次いだ。また、ユーキャンのWikipediaのページが何者かによって「株式会社ユーキャン死ね」と書き換えられ、ページが半保護状態になるまで編集合戦が繰り返されるなどネットの各地で炎上した[36][37]。さらに、選考委員の詩人俵万智のTwitterにも「『サラダ記念日』泣いている」「俵万智さん好きなだけに残念で仕方無い」「俵万智さんが選んだとは思いたくないですよね。彼女は神奈川県高校子供相手に教師をしていた人ですからね」「大賞の審査員を辞めたほうがいいと思うな。言葉を紡ぐ歌人としての経歴に傷がついてしまいますよ」といった失望の声が寄せられた[38][39]

こうした批判に対し、選考委員のやくみつる情報番組インタビューで「私も当時は嫌悪感を示した方」だったとしたが、「それとこれとは話が別」と一蹴。「流行語を選ぶにあたって、過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない。むしろ、こういう言葉は流行語大賞でなければ拾い得ない」と、必要であれば『死ね』など過激な言葉が選ばれることもあるとした。そもそも流行語という位置づけにふさわしくないという声に対しても「口の端に上るという意味での流行語もあるが、その言葉が物議を醸すなり、そこから議論が巻き起こるのも広い意味での流行語である」との認識を示した[40]。また、元選考委員の鳥越俊太郎も情報番組に生出演し、『日本死ね』がショッキングな言葉ではあると認めながらも「それ(待機児童問題)に対するいち母親の怒りの言葉が、『死ね』という表現になっているわけです」「だから、『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ、その全体を見誤ってしまう」と指摘。カンニング竹山が受賞者が政治家であることに「すごく違和感がある」と表明したところ、鳥越は「山尾さんが国会でこれを取り上げたことによって、一躍全国的な問題になったんです。ブログはブログでその前からあったんだけども、問題にならなかった」と応じ、自身も審査委員長にとどまった場合、『日本死ね』を選出していただろうと語った[41]さらに、社会学者古市憲寿もTwitterで「言葉は文脈をともなって初めて意味を持つ。『保育園落ちた日本死ね』が話題になった時、『日本死ねなんてけしからん』という批判よりも、共感が多かったのは、『日本死ね』という言葉ではなく、あのブログが多くの人に読まれたから」と分析。「あのブログも読まずに『日本死ねなんてけしからん』と言われても。ちなみに僕が知る限り、あのブログが騒がれていた当時、『日本死ねなんてけしからん』と言っていたのは、おじさん政治家たちです。いま怒っている人との共通点は、ちゃんとブログ本文を読んでいないこと」と異論を唱えた。また、『死ね』という表現については、「人格攻撃でもなく、あくまでも比喩としての『死ね』と、具体的な他者や人格をおとしめるために使う『死ね』は全然違うよ。しかも、他にどうしようもなく、そうするしかない悲痛な叫びとしての『日本死ね』でしょ」との見解を示した[42]保守系雑誌の『月刊日本』も、『日本死ね』騒動にはアメリカ大統領選のトランプ現象と類似していると指摘し、ドナルド・トランプの過激な発言がポリティカル・コレクトネスに反していたからこそ不満を抱えている人々の共感を得たように、『日本死ね』という怒りの言葉も一般的な常識倫理に反していたからこそ注目を集めたのではないかと分析。「軽く見てはならない」と指摘した[43]

外交官佐藤優は、「自民党の保育所に対する政策はとんでもないが、公共圏で使っていい言葉といけない言葉がある。憲政史上、『死ね』と言う言葉が政策に関連するところで出てきたのは初」と疑義を呈した[44]

また、騒動は思わぬところに飛び火し、保坂展人世田谷区長がTwitterで『日本死ね』が受賞したという記事をツイートすると「の対応って仰いますけど、そもそも保育園地方自治体の管轄なんでは?『死ね』って言われるべきは本来は区長だと思うんですけど」「だとしたら一番死ななきゃならないのは『待機児童が1200人を超えてて一向に改善できない保育行政に責任を持つ無能な世田谷区長』っすよね。何他人事かましてんの?」「待機児童全然解消していない世田谷区死ねと言われてるようなもんだぜ。分かってる?」と批判コメントが殺到。石井孝明も「山尾衆議院議員に、死ねとののしられるべき1人は保坂さんのような気がします。どう思うのか、罵られたら感想ください」と、東京都の待機児童数で世田谷区が飛び抜けてワースト1位であるを添えたリプライを送って応戦した[45]

井上トシユキはこの騒動について「政治色が強いのは余計な混乱を避けるために選ばないのが常套なのに、ユーキャンの場合はガッツリ選んでくる。『日本死ね』は非常に強い言葉で、ネット右翼左翼で非難の応酬になっている」と指摘。「清水寺の『今年の漢字』(日本漢字能力検定協会)と並んで、年末の風物詩みたいな扱いになっていますが、ユーキャンの流行語大賞は宣伝のための商業的側面があり、ピントがずれ始めてきているところもある。『今年の漢字』で『』を選びますかという話。選考過程がハッキリしていない点の反発が多く、オープンの場で選んだ方がいいのではないか」と提言した[46]

ちなみに、『白熱ライブ ビビット』(TBS)が調査したアンケートでは、『日本死ね』を流行語大賞のトップテンに選んだことに『賛成』23%、『反対』77%[47]J-CASTニュースが行ったネット調査では、『問題提起としては有効だったが、言葉が汚すぎる。受賞は不適切』52.8%、『問題提起としても意味があったとは思えない。単に不愉快になるだけ』31.2%、『この言葉をきっかけに待機児童問題に焦点が当たった。受賞は妥当』15.2%、という結果だった[48]

お笑いタレントのジンクス

お笑いタレントは、新語・流行語大賞を受賞すると翌年から人気が落ち、一発屋になるというジンクスがある[49]テツandトモ(2003年年間大賞)[50][51][52]波田陽区(2004年年間トップテン)[50][52]レイザーラモンHG(2005年年間トップテン)[50][51][52]エド・はるみ(2008年年間大賞)[53]楽しんご(2011年年間トップテン)[51]スギちゃん(2012年年間大賞)[54]日本エレキテル連合(2014年年間大賞)[55]とにかく明るい安村(2015年トップテン)[56]などが低迷に苦しんだ。

ただし、小島よしお(2007年年間トップテン)[57]のように低迷期を経てしばらく後に復活の兆しを見せるケースもある。

脚注

  1. ^ a b “『ユーキャン新語・流行語大賞』過去の受賞一覧”. オリコン. (2007年12月3日). http://career-cdn.oricon.co.jp/news/50162/ 2016年12月2日閲覧。 
  2. ^ a b “2008年『流行語大賞』は「アラフォー」「グ〜!」福田首相は受賞“辞退””. オリコン. (2009年12月1日). http://career.oricon.co.jp/news/60651/full/ 2016年12月2日閲覧。 
  3. ^ “2009年の『新語・流行語大賞』、年間大賞に「政権交代」〜トップテンには「こども店長」も”. オリコン. (2009年12月1日). http://life.oricon.co.jp/71192/full/ 2016年12月2日閲覧。 
  4. ^ “「ゲゲゲの〜」流行語大賞”. 読売新聞. (2010年12月3日). オリジナル2010年12月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101208014824/http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20101202-OYT8T00486.htm?from=nwlb 
  5. ^ “流行語大賞に「なでしこジャパン」=震災絡み、多数入選”. 朝日新聞. (2011年12月1日). http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201112010120.html [リンク切れ]
  6. ^ “【2012新語・流行語】年間大賞はスギちゃんの「ワイルドだろぉ」”. オリコン. (2012年12月3日). http://life.oricon.co.jp/2019302/full/ 2016年12月2日閲覧。 
  7. ^ a b c d “流行語大賞「倍返し」など4者同時受賞”. 日刊スポーツ. (2013年12月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131202-1226064.html 2016年12月2日閲覧。 
  8. ^ a b “【2014新語・流行語】年間大賞2語が決定「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」”. オリコン. (2014年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2045284/full/ 
  9. ^ a b “新語・流行語大賞:大賞は「トリプルスリー」「爆買い」 トップテンに「安心して下さい〜」「まいにち、修造!」など”. MANTANWEB(まんたんウェブ). (2015年12月1日). http://mantan-web.jp/2015/12/01/20151201dog00m200011000c.html 2016年12月2日閲覧。 
  10. ^ “広島「神ってる」が年間大賞 流行語大賞トップテン”. 日刊スポーツ. (2016年12月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1745865.html 2016年12月2日閲覧。 
  11. ^ 現在のバニラ・エア。2014年に設立された新法人とは別法人。
  12. ^ a b 佐野研二郎氏が流行語授賞式来れば記憶残ったとやくみつる氏、NEWSポストセブン、2015年12月21日 7:00。
  13. ^ 流行語大賞「世間とのズレは?」やくみつる委員に聞く ニコニコニュース 2016/12/6
  14. ^ 木下幸男 『「流行語大賞」を読み解く』 日本放送出版協会生活人新書〉、2006年[要ページ番号]ISBN 4140882018
  15. ^ 「新語・流行語大賞:「ナマポ」対象外 「差別を助長」批判回避]」、毎日新聞、2012年12月3日東京朝刊。
  16. ^ 第18回〔2001(平成13)年〕”. 新語・流行語大賞公式サイト. 自由国民社. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。
  17. ^ “流行語大賞に異議あり!「消えた年金」の舛添氏受賞で民主党”. MSN産経ニュース. (2007年12月4日). オリジナル2007年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529213619/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071204/stt0712041807006-n1.htm 2016年12月2日閲覧。 
  18. ^ 赤坂和郎 (2007年12月4日). “「流行語」消えた年金 舛添大臣受賞の「違和感」”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト. http://www.j-cast.com/tv/2007/12/04014079.html 2016年12月2日閲覧。 
  19. ^ “「消えた年金」なぜ舛添受賞…長妻が異論”. ZAKZAK. 産経デジタル. (2007年12月4日). オリジナル2008年4月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080418045656/http://www.zakzak.co.jp/top/2007_12/t2007120426_all.html 2016年12月2日閲覧。 
  20. ^ a b “「流行語大賞が政治利用されている」…『集団的自衛権』+『ダメよ〜の“並び”が醸す“悪意””. 産経新聞. (2014年12月7日). http://www.sankei.com/premium/news/141207/prm1412070023-n1.html 2015年12月21日閲覧。 
  21. ^ 田中ねぃ (2014年12月5日). “【印象操作】流行語大賞はなぜ「ダメよ〜ダメダメ」なのか?”. デイリーニュースオンライン. http://dailynewsonline.jp/article/900887/ 2016年12月2日閲覧。 
  22. ^ “爆笑太田“ダメよ~ダメダメは俺が作った”と言い回るワケ”. 東スポWeb. 東京スポーツ. (2014年12月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/340532/ 2016年12月2日閲覧。 
  23. ^ “流行語大賞に「集団的自衛権」「ダメよ~ダメダメ」”. 朝日新聞. (2014年12月1日). オリジナル2015年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151116121256/http://www.asahi.com/articles/ASGD1560LGD1UCVL01B.html 2015年12月21日閲覧。 
  24. ^ 第31回〔2014(平成26)年〕”. 自由国民社. 2015年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。
  25. ^ “流行語大賞候補 政治関連多数に選考委員の偏り指摘も”. 夕刊アメーバニュース (サイバーエージェント). (2015年11月11日). オリジナル2015年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151208210835/http://yukan-news.ameba.jp/20151111-101/ 2015年12月21日閲覧。 
  26. ^ “「政治的に偏りがある!」 ネット中心に批判噴出 事務局に意見も”. 産経新聞. (2015年12月2日). http://www.sankei.com/life/news/151201/lif1512010040-n1.html 2015年12月21日閲覧。 
  27. ^ “自画自賛ではないのか? 「アベ政治を許さない」呼びかけ人の鳥越俊太郎氏が選考委員長”. 産経新聞. (2015年12月2日). http://www.sankei.com/life/news/151201/lif1512010034-n1.html 2015年12月21日閲覧。 
  28. ^ 流行語大賞「世間とのズレは?」やくみつる委員に聞くR25 12/6
  29. ^ 「日本死ね!」とつぶやいた女性が現在の心境を明かす 「正直、反応の大きさに驚いている」ととまどいも…産経新聞2016.3.10
  30. ^ a b c 国政関連で唯一「保育園落ちた日本死ね」流行語受賞日刊スポーツ 2016年12月2日
  31. ^ 豊受真報「話題:「保育園落ちた日本死ね!!!」仕掛け人は一体誰?」
  32. ^ a b 山尾議員「保育園落ちた―」受賞に「待機児童問題を政治のど真ん中に移動できた」スポーツ報知 12/1
  33. ^ 評論家の石平太郎氏 「日本死ね」の流行語大賞ノミネートを猛批判,ライブドアニュース,2016年11月18日
  34. ^ つるの剛士「日本死ね」流行語選出悲しむ「国会議員が満面の笑みで登壇て…」,スポーツニッポン,2016年12月2日
  35. ^ 「もっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね」 つるの剛士、流行語大賞への苦言に反響,ねとらぼ,2016年12月2日
  36. ^ ユーキャン、Wikipediaのページが一時荒らされる 流行語大賞の話題後に書き込みねとらぼ 12/3
  37. ^ 流行語大賞で「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを書き換えられてしまうBuzzNews.jp
  38. ^ 流行語大賞 「日本死ね」トップテン入りで、審査委員の俵万智さんに「残念で仕方ない」と批判・炎上産経新聞 12/5
  39. ^ 「保育園落ちた日本死ね」受賞問題が延焼中 選考委員や識者のツイッターも「炎上」J-CASTニュース 12/5
  40. ^ やく氏「日本死ね」問題に反論 流行語選考に「過激」「穏当」関係なしデイリースポーツ 12/5
  41. ^ 鳥越俊太郎氏 流行語大賞トップ10入り「日本死ね」を分析「母親の怒りの言葉」2016年12月5日 10時46分 トピックニュース
  42. ^ 「日本死ね」批判に古市憲寿氏「文脈読んでいない」,日刊スポーツ,2016年12月2日
  43. ^ 「日本死ね」を軽く見てはならない 『月刊日本』編集部
  44. ^ 「日本死ね」流行語大賞トップテン入りに非難殺到東スポWeb 12/6
  45. ^ 「『死ね』って言われるべきは本来は……」 流行語大賞トップテン「日本死ね」で保坂展人・世田谷区長も炎上2016年12月5日 ガジェット通信
  46. ^ 「日本死ね」流行語大賞トップテン入りに非難殺到東スポWeb 12/6
  47. ^ 鳥越俊太郎氏 流行語大賞トップ10入り「日本死ね」を分析「母親の怒りの言葉」livedoornews 2016年12月5日
  48. ^ 「保育園落ちた日本死ね」受賞問題が延焼中 選考委員や識者のツイッターも「炎上」J-CASTニュース 12/5
  49. ^ 「流行語候補も笑えないお笑い芸人」 スポーツニッポン 2006年11月16日
  50. ^ a b c “スギちゃん、ジンクス気にせず 流行語大賞「獲るぜぇ〜」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2012年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/11/09/kiji/K20121109004513330.html 2016年12月2日閲覧。 
  51. ^ a b c ヤンヤン (2012年12月4日). “流行語大賞のお笑い芸人すぐ消える!スギちゃん強気「まだ5年は忙しい」”. J-CASTテレビウォッチ. ジェイ・キャスト. http://www.j-cast.com/tv/2012/12/04156600.html 2016年12月2日閲覧。 
  52. ^ a b c “大賞スギちゃん、一発屋ジンクスに複雑”. デイリースポーツonline. デイリースポーツ. (2012年12月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/12/04/0005572797.shtml 2016年12月2日閲覧。 
  53. ^ エド・はるみ 元マネジャーの「いやがらせ」をブログで批判「吉本の逆鱗に触れてテレビから消された」”. 徳間書店 (2012年8月6日). 2016年12月2日閲覧。
  54. ^ “スギちゃん、日本エレキテル連合にエール「一発屋の仲間入りをしてほしい」”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2014年10月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141022/owa14102214220003-n1.html 2014年11月30日閲覧。 
  55. ^ “日本エレキテル連合、コンビ解消の危機的状況…生活が実質破綻状態か”. ビジネスジャーナル. サイゾー. (2016年11月20日). http://biz-journal.jp/2016/11/post_17239.html 2016年12月2日閲覧。 
  56. ^ “とにかく明るい安村、仕事激減でテレビから「干される」のか…不倫発覚がアダに”. ビジネスジャーナル. サイゾー. (2016年11月28日). http://biz-journal.jp/2016/11/post_17310.html 2016年12月2日閲覧。 
  57. ^ “大賞スギちゃん、一発屋ジンクスに複雑(2)”. デイリースポーツonline. デイリースポーツ. (2012年12月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/12/04/1p_0005572797.shtml 2016年12月2日閲覧。 

関連項目

海外

外部リンク