慶應義塾大学大学院薬学研究科・薬学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学大学院薬学研究科・薬学部

慶應義塾大学薬学部(けいおうぎじゅくだいがく やくがくぶ)は、慶應義塾大学が設置する薬学部薬学研究科(やくがくけんきゅうか)は、薬学を研究する慶應義塾大学の大学院

概要[編集]

慶應義塾創立150年の2008年に慶應義塾大学共立薬科大学を吸収し、慶應義塾大学薬学部・大学院薬学研究科を開設した[1][2]。薬学部には薬剤師養成を目的とした6年制の薬学科と、科学者養成を目的とした4年制の薬科学科が置かれている[3]

沿革[編集]

学部[編集]

  • 薬学科[4]
    • 入学定員150人・収容定員900人[4]
  • 薬科学科[4]
    • 入学定員60人・収容定員240人[4]

大学院[編集]

  • 薬学専攻[5]
  • 薬科学専攻[1]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 沿革慶應義塾大学薬学部・薬学研究科
  2. ^ a b 「再編生き残りかけ 慶応・共立薬科「勝ち組」が動いた」朝日新聞デジタル2007年05月07日
  3. ^ 「教育Academics」慶應義塾大学薬学部・薬学研究科
  4. ^ a b c d 学部入学定員・入学者数(過去5年分)慶應義塾大学
  5. ^ 「 大学院受験生の方」慶應義塾大学大学院薬学部・薬学研究科

外部リンク[編集]