薬学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薬学研究科(やくがくけんきゅうか、英称The Graduate School of Pharmaceutical Sciences)は、日本の大学院研究科のうち、薬学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。具体的な研究分野については薬学部も参照。

概要[編集]

主に、薬学部の上位に連続した形で設置され、博士前期課程(修士課程)および博士後期課程(博士課程)あるいはそれに相当する課程で構成される。学位は、修士課程は修士(薬科学)を、博士課程は博士(薬学)博士(薬科学)を修めることができる。包摂する領域を掲げる研究科、専攻またはコースは、それに相当する専攻名称等に応じた学位を修める。修士課程の薬学専攻修士(薬学)は、薬剤師教育6年制の誕生により、2009年度を最後に募集停止した。

薬学研究科を置く大学[編集]

私立

薬学研究科と類似する研究科名称[編集]

薬学を専攻できる他の研究科名称[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]