慶應義塾女子高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
慶應義塾女子高等学校
慶應女子高0239.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 慶應義塾
校訓 自由・開発・創造
設立年月日 1950年昭和25年)
創立者 福澤諭吉
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 連携型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13523C
所在地 108-0073
外部リンク 慶應義塾女子高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

慶應義塾女子高等学校(けいおうぎじゅくじょしこうとうがっこう、英語名: Keio Girls Senior High School)は、東京都港区三田に所在し、慶應義塾が設置・運営する私立女子高等学校慶應義塾大学と連携して高大一貫教育を行っている。

慶應義塾中等部女子から進学する例年100名弱と、外部の中学校から入試を経て進学する約100名から構成される。内部進学者と外部進学者との間では、高等学校第1学年から混合してクラスを編成する中高一貫校[1]

略称は慶應女子高、慶女。塾内では女子高といえば当校を指す。

概要[編集]

慶應義塾が戦後女子を受け入れ始める過程で、一貫教育校で女子の進学先がないという消極的理由により、設立された。卒業生は連携している慶應義塾大学へ全員進学できる。ただし、法学部法律学科・政治学科へはそれぞれ27名、経済学部へは例年60名程度、医学部へは5名で一定している。希望学部へは、成績だけでなく2, 3年次の選択科目に所定の履修が必要である。

1学年192名の5クラス編成である。入学者は約100名の外部受験者と約90名の慶應義塾中等部の女子進学者から構成される。

比較的自由な校風である。入試難易度は首都圏のみならず全国で屈指のレベルである。女子が受験できる私立高早慶附属高、3科入試の最難関校である[2]

「男は踏み台、使い捨て」などの、教師の名言も数多く存在するという[3]

校訓[編集]

  • 「自由」(女性を一段低くみる社会の偏見から自由になる、の意)「開発」(能力を)「創造」の3つである。

校舎[編集]

江戸時代には陸奥会津藩松平家の下屋敷であった。本館2階に繋がるテラスへの階段脇に見える門は、旧田安徳川邸の庭園に使用されていた門である。十三重の石塔を含む庭園も備える。

周辺環境[編集]

慶應義塾女子高等学校.jpg
日産プリンス東京 三田高輪店

慶應義塾大学の三田キャンパスに近く、中等部に隣接している。校舎は徳川邸の跡地に建てられたため、校内に日本庭園が残り、都心ながら落ち着いた環境にある。また、都市部のため校庭と呼ばれるものがなく(隣の中等部には中庭・綱町運動場があるのだが)、体育は地下の体育館と屋上のテニスコートを使用する。校舎前の通りは桜田通りで交通量が多いが、校舎と道路の間に日産プリンス東京のビルが建っており、これが防音壁の役割を果たしかなり静かな環境を実現している。教室からは東京タワーが一望できる。

交通[編集]

教育[編集]

礼法の授業やテーブルマナー実習などもなく、「女性らしさ」を出す方針ではなく、そのような教育も行われていない。むしろ、自立した経済力のある女性を育てることを推進する教育を行っている。

教育は教科書中心にオーソドックスな授業が行われているが、2年次からは豊富な選択科目が設置されている。生徒各自の知的興味、進路や希望学部に応じた履修を行う。外国語には、フランス語ドイツ語中国語なども選択可能であるという。

宇宙授業[1]や遠隔会議[2]といったユニークかつ新しい教育の試みも行われている。

伝統的な課題として、「長恨歌の全文暗唱」「80枚創作(完全独自創作)」「国語科レポート(論文)」が長年に渡って続けられている[3]

教員は原則として大学院修了以上しか採用していない。

卒業すれば全員が慶應義塾大学に進学できるが、医学部法学部経済学部には定員が設けられている。とくに医学部志望者は定員枠が5人と少なく、幼稚舎には小1から医者志望対象クラスが設置されていることも考えると、慶大医学部に女子高から内部進学するのは至難の業といえる[4]。外部受験で学力上位層が入学するため、医学部志望者は他大学に進学する人が多い[5]

服装[編集]

指定品は少ない[6]。冬服は、グレーのダブルジャケットベストひだのないタイトスカートの、スリーピース[6]。夏服は、冬服と同じベストとスカートのみ[6]。その他の服装は以下の通り、かなり自由となっている[6]

セーターは紺色のものを自前で用意する。ブラウスは白色が指定されているのみ[6]で、形などに制限はなく、自前で用意する。靴下は色指定もなく自由。鞄も自由である。靴やコートも一定の規則の範囲内で自分で用意することになる。カーディガンは禁止[3]。スカート丈、髪の毛に関する規則も一切ないが、装飾品(アクセサリー、化粧、マニキュア等)は禁止。これは設立以来校則が変わっていないため、当時あったものは禁止されているが、比較的新しいもの(パーマ、染髪等)に関しては指示がないということである。教員が服装、髪型について意見することは殆どなく、基本的に生徒会が規制している。年に何回か抜き打ちで、生徒会による登校時の服装チェック(異装検査:いそけん)があり、アクセサリーの没収やマニキュアの除去、化粧の指摘などを行う[3]。外部連絡できないように携帯電話を一時取り上げ、生徒個別にチェックするという徹底ぶりである[3]

構成[編集]

慶應義塾の一貫教育校の内、唯一の女子校。約100名の外部受験者入学者と、例年100名弱の慶應義塾中等部からの内部進学者(そのうち半数は慶應義塾幼稚舎出身)から構成される[7]

入試[編集]

2008年度から推薦入試を開始した。2014年度に推薦入試枠を10名から20名に倍増し、現在では一般入試80名、推薦入試20名、帰国枠若干名となっている。

一般入試と帰国入試は同日に行われる。国語・英語・数学に加えて作文がある。

推薦入試は、出願書類に加えて、5教科横断型の適性検査と面接がある。

学校行事[編集]

第45回十月祭

学校行事が非常に盛んである。演劇会では宝塚並みの舞台を披露し、木工作業もなんのその、並々ならぬ努力をもって準備を行う。文化祭である十月祭(かんなさい)でも、大きな予算を組んで本格的な運営が行われる。修学旅行が毎年あるのも特徴。運動会では女子高でありながら「棒倒し」や「騎馬戦」が行われ、白熱した戦いが繰り広げられるが、準備は1週間程度しか行わない。

なお、行事期間中に異装検査に引っかかると、行事での減点となるという[3]

部活動[編集]

一部のクラブでは高校野球チアダンス部の応援など[8]慶應義塾高等学校慶應義塾志木高等学校と提携し共同で活動を行っている。大学と活動を共にするクラブもある。

著名な出身者[編集]

学術/研究/政治[編集]

文化人[編集]

アナウンサー/キャスター[編集]

俳優(宝塚出身除く)[編集]

宝塚歌劇団[編集]

音楽家/歌手[編集]

モデル/タレント[編集]

経営/ビジネス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]