慶應義塾幼稚舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
慶應義塾幼稚舎
Keio Yochisha Elementary School Tokyo.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 慶應義塾
校訓 独立自尊
設立年月日 1874年明治7年)
創立者 和田義郎
福澤諭吉
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 150-0013
公式サイト 慶應義塾幼稚舎
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

慶應義塾幼稚舎(けいおうぎじゅくようちしゃ)は、東京都渋谷区恵比寿にある私立小学校である。運営者は、慶應義塾

概要[編集]

明治27年(1894年)5月26日の慶應義塾運動会競走の図。図上部左重荷競走の図、右盲目珠拾競走の図。
  • 日本で最も古い私立小学校の一つである。
  • 1999年に、日本の近代建築20選(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)に選ばれている。
  • 1874年(明治7年)、福澤諭吉の門下生であった和田義郎が年少者を集めて教育を行ったのが始まりである。そのため、初期には「和田塾」と呼ばれていた。
  • 1879年(明治12年)、福沢諭吉が現在の幼稚舎の校地の場所を購入し、広尾別邸とした。
  • 1880年(明治13年)頃から「慶應義塾幼稚舎」と称するようになる。
  • 1898年(明治31年)には正式に慶應義塾の一員となって初等教育から大学に至る慶應義塾の一貫教育が確立した。
  • 1937年(昭和12年)、幼稚舎は福沢家広尾別邸の場所に移転した。
  • 1964年(昭和39年)までは敷地内に森、農家、田畑があり、福沢家の一族が住んでいたが、東京オリンピックに伴う高速道路の予定地となり撤去された。
  • 「幼稚舎」という名称であるが、小学校であり幼稚園ではない。幼稚舎出身の南博旧制東京高校尋常科(後身校:東京大学)に入ったとき、修身の時間に教育勅語を暗誦できなかったため、「君は教育勅語を知らんのか、いったいどこの小学校からきた」と教師から怒られ、「慶應義塾の幼稚舎です」と答えたが、「幼稚園のことを訊いているのではない、小学校は何処だ」と怒鳴られたという[1]。このようなエピソードからもわかるように、現在でも幼稚園であるとの誤解が多く、また、そう思い込む者も多い。

設備・教育[編集]

校舎には冷暖房が完備されている。また、各教室にそれぞれ1台ずつプラズマテレビとパソコンが設置してある。制服の着用義務がある。最寄り駅は東京メトロ広尾駅。各学年にK組、E組、I組、O組の4つのクラスがあり、計144人である。K組から、それぞれK組は青、E組は黄、I組は緑、O組は白というクラスカラーがあり、運動会のクラス対抗リレーなどではそれぞれのクラスカラーのはちまきをする。また、6年間クラス替え、担任変更のない教育編成が特徴。在籍する男子児童は女子の2倍であり、1クラス36人の在籍、男子24人、女子12人の内訳になる。I組は2002年(平成14年)度に新設され、2002年度 - 2006年(平成18年)度までは1学年3クラス (K, E, O) と4クラス (K, E, I, O) が混合していた。

教育の一環として児童全員に1000m完泳を義務付けている。また、福澤諭吉の誕生日記念会では幼稚舎生が『福澤諭吉ここにあり』を歌う。校歌は多数あるが、『若き血』、『福澤諭吉ここにあり』、『幼稚舎マーチ』が有名。給食はホテルニューオータニの食事が採用されている。学費が高く、日本を代表する名門校であるため、社長や官僚、芸能人等の良家の子息が多数在籍する。入学試験は学力ではなく行動観察、運動、制作、口頭試問などで行われるため、お受験塾に通わせる親がほとんどである。慶應義塾大学まで無試験でそのまま進級できるエスカレーター式を採用している。

幼稚舎出身の著名人[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

子息を幼稚舎に通わせた著名人[編集]

周辺[編集]

慶應義塾幼稚舎の校地の北側に古川が流れ、天現寺橋交差点の脇には古川と笄川(こうがいがわ)の合流点があり、合流点より上流は渋谷川と名を変える。校地の北東に狸橋という橋が江戸時代から存在している。橋の南西に狸蕎麦という蕎麦店が明治になるまで存在し、福沢は狸蕎麦や周辺の田園風景を気に入りしばしば来店し、1879年(明治12年)には狸橋南岸一帯の土地を買収し別邸を設けた[2]

慶應義塾幼稚舎や外苑西通りを挟んで向かいにある東京都立広尾病院の一帯は江戸時代には「広尾の原」と呼ばれており、徳川家光の時代以降にはしばしば鷹狩鶉狩に利用されていた。その後、明治時代からは砂利採り場となっていたこともあった。古川の流れるこの辺り一帯の海抜は約9メートルで、渋谷区内では最も高度が低い場所となっている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南博 『出会いの人生…自伝のこころみ』 勁草書房〈南博セレクション〉(原著2004年12月)、p. 8。ISBN 9784326698417
  2. ^ 三田評論 2010年11月号「天現寺界隈、そして幼稚舎」より
  3. ^ 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p284-5
  4. ^ 実録事件スペシャル★青年が体験した恐怖の6日間奇跡体験!アンビリバボー、2015年7月23日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]