慶應義塾体育会ソッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
慶應義塾体育会ソッカー部
原語表記 慶應義塾体育会ソッカー部
呼称 慶應義塾大学
クラブカラー     イエロー[1]
    ブルー[1]
    レッド[1]
創設年 1921年
所属リーグ 関東大学サッカーリーグ戦
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジアム 慶應義塾グラウンド(下田サッカー場)
代表者 冨田勝
監督 須田芳正
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
ソッカー部グランド

慶應義塾体育会ソッカー部(けいおうぎじゅく たいいくかい ソッカーぶ、英語: Keio University Soccer Team)は、神奈川県横浜市港北区にある慶應義塾大学のサッカー部である。

歴史[編集]

当時の日本各地のサッカー先進地から、広島一中深山静夫神戸一中の範田竜平および千野正人、明倫中学の下出重喜、東京高師附属中(現・筑波大附属中・高)の斉藤久敏らが慶應義塾大学に進学し、1919年1920年頃から、学内でボールを蹴り始めクラブを組織したのが始まり[2][3][4][5]

1921年、彼らと同好の士を糾合して「慶應ブルー・サッカー」を創立。後に「慶應アソシエーション・フットボール倶楽部」と改称した[6]。しかし、ラグビー部が、既に"蹴球部"と名乗っており、またアソシエーション・フットボールという名称もラグビー部から紛らわしいと横槍が入ったこともあって、当時はあまり知られていないソッカー(サッカー)を使うことで、1927年大学公認の体育会の部となり「慶應義塾体育会ソッカー部」に名称変更された[7]。この年が正式なクラブ創立年となる。なお、"サッカー"ではなく"ソッカー"なのは、「発音は"ソッカー"に近い」という初代主将・浜田諭吉の説によるもの[8][9]

1925年に創設されたア式蹴球東京コレッヂリーグ(現:関東大学サッカーリーグ戦)に東京帝大早稲田、高等師範、法政大、東京農大とともに参加した。

1932年に関東大学リーグで初優勝した。1937年の全日本選手権大会(現在の天皇杯全日本サッカー選手権大会)で初優勝を果たした。

1936年、ベルリンオリンピックにおけるサッカー競技の日本代表に在学中の右近徳太郎が選出され、スウェーデン代表戦で得点を決めた。

1950年10月1日に神宮外苑競技場で第1回早慶サッカー定期戦が開催された。なお、この試合はサッカーにおける日本国内初のナイトゲームであった。

1961年、全日本大学サッカー選手権大会で初優勝を果たした。

2008年10月26日、ホームグラウンドで来季の1部昇格を決めた。リーグ戦3試合を残しての昇格決定は、関東大学サッカーリーグが12チーム制となって以来、当時の最速記録。また、11月16日に同じくホームグラウンドで16年ぶりの2部優勝と2009年からの1部リーグ昇格が決まった。

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 アミノ杯 総理大臣杯 大学選手権 監督
1999 関東1部 8位 6 7 2 0 5 10 16 -6 - - 宇佐美慶人
2000 7位 7 7 2 1 4 5 10 -5 - 大石秀哉
2001 7位 13 14 3 4 7 10 22 -12 -
2002 7位 13 14 3 4 7 16 27 -11 - 中井浩史
2003 関東2部 6位 14 14 4 2 8 18 23 -5 -
2004 8位 13 14 3 4 7 13 22 -9 須田芳正
2005 5位 35 22 10 5 7 -
2006 5位 31 22 8 7 7 19 29 -10 -
2007 5位 40 22 13 1 8 33 23 10 - イ・ウヨン
2008 優勝 53 22 17 2 3 46 19 27 -
2009 関東1部 5位 33 22 9 6 7 39 31 8 - -
2010 7位 30 22 9 3 10 34 33 1 二回戦敗退 -
2011 3位 37 22 10 7 5 39 31 8 - ベスト4 須田芳正
2012 9位 24 22 7 3 12 38 53 -15 一回戦敗退 - -
2013 10位 23 22 7 2 13 30 52 -22 準優勝 二回戦敗退 -
2014 6位 31 22 8 7 7 23 22 1 8位 - 二回戦敗退
2015 3位 37 22 10 7 5 40 25 15 一回戦敗退 - 二回戦敗退
2016 6位 30 22 8 6 8 37 40 -3 二回戦敗退 - 二回戦敗退
2017 12位 20 22 5 5 12 17 37 -20 一回戦敗退 - -

主な成績[編集]

  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会
    • 優勝:9回(慶應義塾大学として1回(1937)、慶應クラブとして1回(1932)、慶應BRBとして6回(1936, 1939, 1940, 1951, 1954, 1956)、全慶應として1回(1952)。)     
    • 準優勝:4回(慶應義塾大学として2回(1938, 1950)、慶應BRBとして2回(1930, 1960))
      • 慶應BRB(ブルー・レッド・ブルー)、慶應クラブ、全慶應はいずれも現役学生とOBらの混成チーム。

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『風呼んで翔ける荒鷲よ : 慶応義塾体育会ソッカー部50年』 慶応義塾体育会(編)、三田ソッカー倶楽部、1978年8月NCID BN15462355

関連項目[編集]

外部リンク[編集]